TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2019年12月28日630 『Tokyo 2020 ‘Make The Beat!’プロジェクト』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

イノベーション推進室の亀谷さんに「Tokyo 2020 ‘Make The Beat!’プロジェクト」に

ついてお話をうかがいました!!

 

SNSを通じて世界中の人々がTOKYO 2020に参加できる

ユニバーサルな応援スタイル。投稿いただいた

応援動画を、競技会場のスクリーンに映し出しだす予定だそうです。

離れた場所にいても、心を一つにして、ビートに合わせて、

選手を応援するというプロジェクトなんですね!!

 

2020ビートの音源は、SNSプラットフォーム上に公開されている

TOKYO2020公式音源を利用ください。

 

現在はTikTokのみですが、今後インスタグラムでも音源を

入手できるよう、準備中とのこと!

 

手順は・・・

音源にあわせて自由にパフォーマンスした動画を撮ります。

そして、Facebook、Instagram、Twitter、TikTok、Weiboの各SNSで

#2020ビート」または「#2020beat」を付けて投稿。

動画は編集でつなぎ合わせ、1つの動画に仕上がるそうです!

来年から動画投稿の受付が開始されます!

回数制限、人数制限は設けていません。

SNSプラットフォームのアカウントをお持ちの方であれば

年齢制限もしていません。参加できる国も制限していないそう。

 

会場で流す動画に採用してほしいという方は、

衣服や帽子のロゴにもお気を付け下さいね。

服や帽子にロゴが入っていると、流れない可能性もありますから、

無地のものがいいと思います!!

 

詳しくは、TOKYO 2020の公式ウェブサイト

「Tokyo 2020 ‘Make The Beat!’プロジェクト」のページをご覧ください!!

お手本動画を見る事もできますよ~!!

 

ビートを刻むことで選手に応援を送ることができる

「Tokyo 2020 ‘Make The Beat!’プロジェクト」

皆さんもぜひご参加ください!!