TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2020年1月25日630 『東京オリンピック・パラリンピック』『東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今月は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

総務局人事部の小椋奈津子さんとマーケティング局パートナーエンゲージメント部

永川敬人さんにお話をお聞きしました。

 

今回は、「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」について

お話をうかがいました。

 

選手にとっても、夢の舞台であるオリンピック・パラリンピックに、

エスコートキッズとして参加できたら忘れられない機会になりますよね!!

 

今回のエスコートキッズは、東京だけでなく、北海道、宮城、福島、

茨城、埼玉、千葉、神奈川と、いろんな会場で実施されます。

 

また、共催パートナーの募集では、日本全国から応募できる仕組みもあるので、

オールジャパンで参加できる取り組みなんだそう!!

 

エスコートキッズが登場する予定なのはオリンピック・パラリンピックあわせて11競技

オリンピックはサッカー、ラグビー、テニス、ウエイトリフティング、ホッケー、

近代五種、ハンドボール、トライアスロン、野球・ソフトボール、

パラリンピックはゴールボール、5人制サッカーです。

 

 

選手と手を繋いだりして登場するエスコートキッズ以外にも、東京2020大会では

・その試合で使うボールを選手などに届ける「ボールデリバリーキッズ

・コインを投げて、先攻後攻を決める「コイントスキッズ

・出場国の国旗を持って入場する「フラッグベアラー」を実施。

 

役割は、競技によって違うので、東京2020組織委員会のウェブサイト

調べてください!!

 

パラリンピックのエスコートキッズは視覚障害の選手をエスコートする大役です。

貴重な経験だと思うので、ぜひ応募いただければと思います。

 

P&G、アサヒビール株式会社、株式会社アシックス、三井不動産株式会社、

株式会社 明治が共催し、このプロジェクトを実施。

 

P&Gでは募集を開始しているので、ウェブサイトから申し込みください。

他の4社でも、今後募集のお知らせをしますので、各社のウェブサイトを

定期的にチェックしたり、東京2020組織委員会のウェブサイトをご覧ください。

その他にも、競技会場の所在自治体でも募集していたりしますので、

こちらも組織委員会のウェブサイトから確認してみてください。

 

オリンピック・パラリンピックという夢の舞台に、エスコートキッズとして

参加できるという一生に一度の機会です!!

皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。

※対象は大会時に小学生の方。

ハンドボールのフラッグベアラーは高校生が対象。

その他の詳細は各募集主体の募集要項をご覧ください!!

 

今月は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

総務局人事部の小椋奈津子さんとマーケティング局パートナーエンゲージメント部

永川敬人さんにお話をお聞きしました。