TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2020年3月28日630 『G-SATELLITE 宇宙へ』について Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会イノベーション推進室エンゲージメント企画担当部長の

天野春果さんに「G-SATELLITE 宇宙へ」というプロジェクトに

ついてうかがいました!!

 



 

超小型衛星に「機動戦士ガンダム」のプラモデルを搭載し

東京2020への応援メッセージを地球に向けて発信するというプロジェクト。

 

天野さんのアイデアを聞き、東京大学の中須賀教授が超小型衛星機を開発。

またガンプラの版権元とコラボレーションし、宇宙用のガンダム・シャアザクを

制作されたそう。過酷な環境下でも耐えられるよう設計され、

サイズも200分の1で作られているのだとか。

 

ガンダムとシャアザクの目の部分はオリンピックカラーの5色と

パラリンピックに合わせて3色に変化するそうです。

 

ガンダムとシャアザクの下には電光掲示板がついており、

そこから応援メッセージが発信されるんですね。

 

超小型衛星は3月7日に国際宇宙ステーションに向けて無事打ち上げられました。

今後時期を見て、ステーションから放出予定し、メッセージを

発信していくということです。

 

メッセージを受け取りたい方は、東京2020公式Twitterをフォローしてください。

詳しいことを知りたい方は、東京2020公式ウェブサイトもご覧ください。

 

大会の1年延期が発表され、大変な中お話を伺いましたが、

夢いっぱいのお話で、「がんばります!!」と力強く締めて

くださった天野さん。多くの方が、宇宙から届くメッセージを

楽しみにされていると思います!!ありがとうございました!!