TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2021年7月31日630   『東京2020ボランティア・谷信男さん』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

東京オリンピックが始まりました!

今回は「東京2020大会ボランティア」の谷信男さんにお話をうかがいました。

 

谷信男さんは、現在68歳。愛知県岡崎市のご出身。現在は東京にお住まいです。

豊田市の自動車メーカーに勤務され、イギリスで5年間程、海外赴任も経験。

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」でもボランティアを

経験されたそうです。


●「東京2020大会のボランティア」応募のきっかけは何ですか?

2018年から東京の観光ボランティア「街なか観光案内」をはじめ、

現在まで57回活動しました。その活動の中で東京2020ボランティアの

情報を知り、応募しました。

 

1964年東京大会の時は小学生。学校のテレビでマラソンの生中継を

クラス全員で見ていて、国立競技場の円谷選手の走りに大変感動しました。

同じ感動を、子どもたちや孫たちも経験できるように、

ボランティア活動を通じて貢献したいと考えています。

 

●「東京2020大会のボランティア」の方は様々な活動をされていると思うのです

が、谷さんの役割はどのようなものですか?

「プロトコール」という海外大会関係者が会場でスムーズに移動できるよう

アテンドする役割です。7月23日の開会式にも参加しました。


●開会式はどうでしかたか?

関係者をご案内したあと、開会式の雰囲気を少し味わうことができました。

大きな会場で無観客は不思議な感じでしたが、とても素晴らしい時間でした。

立ち会えたことはラッキーでした!!

 

●大会のボランティア研修は、どんな事をされましたか?

2019年からオリエンテーションが始まりました。

2020年からはオンラインでの研修になりました。

東京2020の理念やお迎えする心構え、会場についてや、AED、コロナ対策、

障害の方へのアテンドなど計10回以上はあったかと思います。

 

開催が近づいてくると、役割別研修が始まりました。

全て合わせて研修は20回以上あったと記憶しています。

 

嬉しかったのは、英語の研修があったことです。

これは自主的なんですが、私は楽しくて合計50時間以上学習しました。

 

7月30日からまたボランティア活動が始まったというさん。

パラリンピック終了まで活動されるそうです。

 

お忙しい中、ボランティアの活動についてお話しいただきました。

さん、ありがとうございました!!