TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2021年8月28日630   『東京2020ボランティア谷信男さん』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

先月に引き続き、東京2020大会ボランティアの谷信男さんに

Zoomでお話をうかがいました!!

 

さんは現在68歳、愛知県岡崎市のご出身で、現在は東京にお住まいです。

 

東京2020大会では「プロトコール」という試合会場や式典に来られた海外の

大会関係者の方をアテンドする役割を担当されていらっしゃいます。

 

オリンピックではボランティアとしてリハーサルから開会式、

大会中はほぼ会場に、そして閉会式と参加されたそうです。

 

コロナ対策、熱中症対策も念入りだそうで、大会が始まる14日前から

体温や体調を記録。ボランティア日はチェックイン会場で消毒、検温、体調の

チェックがあり、2時間ごとに記録することも必須だそう。

オリンピック期間中は谷さん3回PCR検査を受けられたそうですよ。

 

大会関係者の方にも、マスク着用や消毒液のお願いをし、会場内の案内に

取り組まれていたとか。

 

その日初めて会うボランティアメンバーも多い中、メンバーで話し合い

ローテーションを決め、1時間ごとに違う場所でボランティア活動に

取り組まれていたとか。

 

「別世界、非日常を味わうことができました」とさん。

アスリートや関係者の方と交わした短い挨拶が記憶に残っていますと

お話くださいました。

 

8月24日から始まったパラリンピック。

谷さんはコロナの感染状況も鑑みながら参加をされるそうです。

 

色んな思いが交錯する大会ですが、ボランティアの皆さんが大会を支えてくれて

いることもまぎれもない事実です。

 

さん、臨場感あふれる様々なお話をありがとうございました!!