TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2020年12月27日945 『ピックルスコーポレーション』 今日のゲスト


 

今日は「ご飯がススムキムチ」などでおなじみの

ピックルスコーポレーションから長岡さんにお越しいただきました!!

 

ご飯がススムキムチ」といえば東海ラジオの時報でもおなじみですし、

TRFのSAMさん、ETSUさん、CHIHARUさんの

「オリジナルダンスエクササイズ=ススムダンス」の

CMソングも印象深いですよね!!私もついつい歌ってしまいました!!

 

ご飯がススムキムチ」だけではなく、

ピックルスコーポレーションの新商品「ご飯がススム 豆腐チゲの素」が

好評というお話をうかがいました!!

 

ご飯がススムキムチ」の特徴である魚介のうまみと

甘辛な味わいが楽しめる豆腐チゲ用スープ!!

辛さ控えめで家族みんなで楽しめます。

 

豆腐を加えて5分で簡単にできる、忙しい時にもおすすめの一品!!

ご飯がススムキムチ」を入れるとよりおいしく楽しめますよ~!!

 

私の旦那さんは「ご飯がススムキムチ」を少し焼いて、加えていました。

(香ばしくなるらしいです。)

さらにご飯を入れたり、チーズを入れたり、玉子を入れたり。

美味しいからこそ、アレンジが楽しめるのも嬉しいです!!

 

長岡さんからは「うどんを入れても美味しいですよ~!!」と

おススメいただきました。こんな時間なのにお腹が空いてきたのは私だけですか?

 

今日は長岡さんに美味しいお話を伺いました!!

来年もどうぞよろしくお願い致します!!

 

・-・-・-・-・-・-・-

 

今年最後の放送に、お付き合いいただきありがとうございました!!

今年は本当に「こんな年になるなんて…」という年でしたね。

 

まだまだ我慢は続きますが、それでも新たな楽しみを知った1年でもありました。

私はパソコンを介してオンラインのトレーニングをしたり、

メイクの動画を見て勉強したりしました。

 

それから、自宅からパソコンでラジオに出演させてもらった時期を経て、

スタジオに来られた時はとってもとっても嬉しくて、

「皆さんが少しでも元気になってくれる話を届けたい。」

「ゲストさんに安心してお話いただける空間を作りたい。」と心から思いました。

スタジオから声を届けるって当たり前ではなかったんだと。

 

この気持ちを忘れずに過ごしていきたいと思います。

 

皆さん、まだまだ苦しい時期が続きますが、

1日の中で少しでも笑顔で過ごせる時間がありますように。

 

もし元気が出ないというときは「ラジオ」を聴いてください。

皆さんの気持ちに寄り添ってくれる番組に出会えますように。

そして「TOKYO UPSIDE STATION」がその番組の一つに仲間入りできますように。

 

2020年もお聴きいただき、本当に本当にありがとうございました!!

電話やオンラインやスタジオで素敵なお話を届けてくださったゲストの皆さまも

ありがとうございました!!

 

来年も元気に声を届けられるよう頑張ります!!

どうぞお付き合いをよろしくお願い致します。

 

2020年12月27日  川島葵

 

2020年12月26日630 『ダイバーシティ&インクルージョン』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今回は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

総務局 人事部 人事制度課 ディレクターの茅和子(かや かずこ)さんに

東京2020大会のダイバーシティ&インクルージョン」について教えていただきました。

 

「ダイバーシティ」は「多様性」、

「インクルージョン」は「包括・包含」「受け入れる・活かす」という意味を持ちます。

要は、いろいろな人がいることを理解し、認め合いましょうということです。

 

東京大会における3つの基本コンセプトに

全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」があります。

 

この中の「多様性と調和」を実現するにはダイバーシティ&インクルージョン

推進することが必要で、D&Iは大会ビジョンの実現に不可欠な要素といえるのだとか。

(ダイバーシティ&インクルージョンの略がD&Iです)

 

世界中の人々が集まる東京2020大会で、多様性と調和の重要性を改めて認識し、

共生社会をはぐくむ契機となるように実行していきたいとお話いただきました。

 

「Know Differences, Show Differences.ちがいを知り、ちがいを示す」

という言葉をアクションワードとし、多様な人材がお互いのちがいを理解し合い、

誰もがいきいきと活動できる環境を作る。アスリートや観客など大会に訪れる

すべての人が安心して楽しむことができる、そんな環境をつくっていくために

大会の準備や運営を行っているそうです。

 

大会組織委員会の職員が「D&I」を理解するために作った「ハンドブック」には

ちがい」を4つに分類してまとめているそうです。

 

1つは「文化」のちがい。

大会にはあらゆる国籍、文化、民族、宗教的背景を持った人々が来ます。

 

2つ目は「」のちがい。

「LGBTQ」などメディアでもとりあげられていますが、

「性」は全ての人に関わりがあることです。

 

3つ目は「世代・ライフステージ」のちがい。

幼児、子ども、若者、中高年、高齢者と様々な世代があり、

また同じ世代でも妊娠中の方、子育てや介護をしている人など

様々なライフステージがあります。

 

4つ目は「心身機能」のちがい。

「障がい者と健常者」をイメージするかもしれませんが、

「右利き・左利き」「足の速さ」「視力の良さ」なども心身機能のちがいです。

 

組織委員会は200以上の企業、自治体、おおよそ30の国籍の

多種多様な人たちが働いています。2016年からワーキンググループを結成し、

D&Iを推進するには何が必要か、D&Iとは何かを考えてきたのだとか。

 

障がいのある職員が講師になって研修を行うなど、理解を深めてきたそうです。

 

また、組織委員会はLGBTが安心して働ける職場環境を評価する

「PRIDE指標2020」において、2019年から2年連続でゴールドを受賞しているそうです。

 

私たちが手に取れる公式グッズとして、

「D&I」ピンバッチや指文字をデザインしたTシャツなど

「D&Iコレクション」として販売されていますので、こちらもチェックしてみてください!!

 

私たち一人一人がD&Iを意識して生活すること、

困っている人がいたら声をかけてみるなど、

一つ一つの行動がこれからのD&I向上につながると思います。

 

また、東京2020公認プログラムとして、今年の10月11日、

常設の総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」が

東京の新宿御苑にオープンしました。

 

ここではLGBTに関する情報発信を行ったり、相談にも乗ってくれます。

どなたでも気軽に入れるところなんだとか。

 

さんは「ダイバーシティ&インクルージョンが当たり前のことであれば、

D&Iの推進に戦略なども必要がありません。「やらなければならない」ということは、

それが実現できていないということ。私たち一人一人が社会の中で繰り返し、

考え、実践していけば、D&Iを推進する必要はなくなります。

オリンピックパラリンピックはその「契機」になりたい。そう思っています。」

とお話くださいました。

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

茅和子(かや かずこ)さんにお聞きしました。ありがとうございました。

 

さんが着ていらっしゃったスカジャンがとってもかっこよかったので、

背中も見せていただきました!!(東京2020公式オンラインショップで購入できるそう!!

 




 

さん!!色々なお話、ありがとうございました!!

 

2020年12月20日945 『尾川とも子さん』 今日のゲスト

 

プロクライマーの尾川とも子さんにお電話でお話をうかがいました!!

 

尾川とも子さんは2012年に女性として世界初となる難度

「V14」を達成したプロクライマー!!

以前東海ラジオ「尾川とも子のはーとふるボルダリング」

パーソナリティもされていらっしゃいました。

 

オリンピック種目になり、「クライミング」「ボルダリング」が注目される今、

尾川さんのお話で「クライミング」「ボルダリング」に様々な種類があることを

知りました。尾川さんもボルダリングジムの数や、まわりからの反応で、

「ボルダリング」の認知度が高まっていることを実感されているそうです。

 

東京2020大会の新種目にも選ばれている「スポーツクライミング」

1人で3種類をこなすハードな競技!!

 

2020に出場する選手も決定し、

ますます注目が高まる「スポーツクライミング」!!

 

尾川さんは「注目選手は野口啓代 (のぐちあきよ)選手、

楢崎 智亜 (ならさき ともあ)選手!!ぜひ応援してくださいね。」

とお話いただきました!!

 

尾川さんは、子供たちにも「ボルダリング」を楽しんでもらおうと

床にシートを置き、どのような順番で手・足を運べば前に進むことが

できるか考える「シートボルダリング」を開発されたそうです!!

 

小さい子から大人まで惹きこまれる「ボルダリング」「クライミング」!!

これを機に皆さんも注目してみてくださいね!!

 

2020年12月19日630 『しじみにんにく卵黄』 今日のゲスト

 

今日は朝からすっきりと大好評「しじみにんにく卵黄」を超特別価格で

ご案内いただきました!!(マイケアの渡辺さんです!!)

 

「目覚まし時計をかけてもなかなかふとんから出られない日も

あったんだけど、それが今ではこんな小さい粒で朝がスッキリするんだから、

もうこのサプリがない生活は考えられないよ」とご愛用者の方からの

お声も届いているそう!!

 

しじみに入っているオルニチンはお酒を飲まれる方にも好評なんですが、

「早くふとんにはいってもなかなか何時間も」といったお悩みをサポートする

働きがあることが最近の研究でわかってきたんだそうです。

 

このサプリメント、1日分でしじみの

オルニチン1800個取ることができるのだとか。

また体の調子を整える乳酸菌が1日あたり10億個

疲労回復をサポートする黒にんにくやマカなどの素材を

合計6種類も配合しているのだとか。

 

しじみにんにく卵黄」は約1ヶ月分60粒入りで

お値段税別1800円、送料税別250円なのですが、

今日は初回特別価格、税別900円でご提供いただきます!!

 

しじみにんにく卵黄」お問い合わせはフリーダイヤル

0120-655-345 マイケアまで!!

1世帯1袋限り、送料は税別250円です!!

 


2020年12月13日945 『交通事故の法律相談』 今日のゲスト


 

けんめい総合法律事務所の弁護士、岩田憲明(のりあき)さんに

交通事故の被害にあわれた方の法律相談についてお話をうかがいました!!

 

よく相談を受けるのは、交通事故のうち人身事故のケースだそうです。

加害者の保険会社から一方的に治療を打ち切られたり、

減額交渉を言われるという方の相談が多いのだとか。

また、保険会社が具体的な賠償額を出してきたが、

その査定が本当に適正なのか分からない、という相談もあるそうです。

 

岩田先生は「被害者様にとっていろんなケースがありますが、まず保険会社

の査定と裁判所の査定とは大きく差があるということを知っていただきたいと

思います。」とアドバイスくださいました。

 

保険会社が最初に提示してくる金額は、保険会社独自の査定を用いており、

「被害者様がより悪かった、不注意があった」という前提で計算されて

いることがあるそうです。

 

弁護士さんはそういった点を指摘して、保険会社と交渉するんですね!!

 

弁護士さんへの相談は金額が心配という方も、

被害者の方・ご家族が入られている損害保険の中に

弁護士特約がついていれば、弁護士費用を保険会社が支払ってくれるそう。

車の保険だけではなく、一般の損害保険の中についている場合もあるので、

確認した方がいいそうですよ!!

 

弁護士特約に入っていない方でも「けんめい総合法律事務所」は

完全成功報酬で受けられているそうです。

 

けんめい総合法律事務所」では全国対応で多くの交通事故の相談を

行っているそうです。

 

ラジオを聞いて電話したと言っていただけましたら、

電話相談を無料で受けてくれるそう。

 

・保険会社とどう交渉すればいいかわからない

・慰謝料の額が適切かどうかわからない

・賠償金が安すぎる

・まだ治療中なのに治療を打ち切られた

・加害者が責任を認めようとしない

・過失割合に納得がいかない

 

・交通事故の相談以外にも労働問題、相続問題、

債務整理の相談なども電話での無料相談を受け付けているそうです。

 

フリーダイヤル 0120-915-246 まで!!

 

岩田先生、今日は大変勉強になりました!!

ありがとうございました!!