TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2021年6月27日945   『弁護士・岩田憲明さん』    今日のゲスト


 

今日は、けんめい総合法律事務所の弁護士、岩田憲明(のりあき)さんに

労働問題についての法律相談を伺いました。

 

たくさんのことを教えていただいたので、要点をまとめますね。

・コロナの影響で業績が悪化したことにより解雇されたり、

賃金が不払いになってしまっている場合

・雇い主の方に支払能力自体がないケース

・「雇用調整助成金」などの制度もありますが、実際に解雇されたり、

賃金を払ってもらえなかったりする人には役に立ちません。

・「失業保険」などの公的な制度を使うしかない。公的制度は使い方で

随分と回収できる額に差がある。

・「未払賃金の立替制度」雇い主側に全くお金がない場合に、未払い賃金を

回収できるほぼ唯一の制度。この制度を利用して未払賃金を回収したことも。

・雇い主側の協力は必須。労働者としては会社や雇い主を敵にする必要はなく、

手元に残るお金が多い方がいいわけです。

・事業の存続が危うい、もう事業を畳むしかないというところまで追い込まれた

雇い主に対して過剰な要求をしたところで何一つメリットはありません。

・労働問題は雇い主と労働者の二者が対立するだけでは解決しない

という傾向が強いように思えます。

 

・けんめい総合法律事務所は労働者側と雇い主側、どちらもやっている。

・両方やっているからこそ、雇い主と労働者が協力すべきケースでも対応できる。

 

けんめい総合法律事務所では全国対応で、多くの労働問題の相談を行なっています。

「ラジオを聞いて電話した」と言っていただけたら、電話相談を無料で。

 

現在会社に勤めていて労働問題でお悩みの方、

会社を辞めたけれども前の会社に未払賃金や残業代を請求したい方、

経営者で人を雇っているが従業員への対応に困っているという方、

けんめい総合法律事務所にお問い合わせください。

 

労働問題の相談以外にも交通事故・相続問題・債務整理の相談など

電話での無料相談を受けているそうです。

 

フリーダイヤル 0120ー915ー246 まで!!

2021年6月26日630   『自転車ロードレースについて』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

自転車ロードレース ベニュー・ゼネラル・マネージャーの

野仲 賢勝(のなか けんしょう)さんに「自転車競技」について

お話をお聞きしました。

 

自転車ロードレースとはどんな競技??

・一言で表現すると「自転車版のマラソン」です。

一斉にスタートし、誰が一番早くフィニッシュするかを競います。

・実施時間・距離が長く、公道をコースとして使用します。

オリンピックのロードレースは、周回コースで行うこともありますが、

東京2020大会は、スタートとフィニッシュが異なるラインレースになっています。

・選手は東京都武蔵野の森公園をスタートし、神奈川県、山梨県を通過し、静岡県の

 富士スピードウェイまでを横断します、男子は総距離およそ244キロ、

女子はおよそ147キロ。日本歴代最長都県またぎのラインレース。

・都や県をまたぐと、警察車両などサポートする車の管轄も違うので

入れ替わります。男子ロードレースの場合参加者130人、車やバイクの

関係車両が230台ほど並走し、資機材のチェックや競技の運営を行います。

・一日で決着がつくワンディレースですが、世界一有名な自転車ロードレースの

ツール・ド・フランスでいえば最難関ステージとなる山岳コースとなっており、

獲得標高が男子で4865メートル、女子が2692メートルになります。

・想定される男子のレース時間は6時間を超えており、時速にすると

平均時速30キロ〜40キロ。下り坂で早い時には100キロ近くになることも!!

完走者が3割いればいいという見立てもあるほど過酷なレースが予想されています。

 

今回は野仲さんがこの自転車ロードに携わっておよそ3年間で「へぇ~!」と

思った事を3つご紹介いただきました!!

 

一つ目は実は「チーム戦」だということ!!

・自転車ロードレースは「個人戦」だと思っていたのですが、実は「チーム戦」

・ロードレースは同じ国の選手がチームとして走り、個人でメダルを狙います。

・チーム内にはエース選手とアシスト選手がおり、

チームとしての戦略が勝敗の鍵を握ります。

・日本は男女ともに2枠を確保しています。

 

二つ目は「自転車ロードレースが開会式の翌日に行われる理由」!!

・東京2020オリンピックの自転車ロードレースの競技日程は男子が7月24日、

女子が25日。2004年のアテネ以降、オリンピックの開会式翌日に男子、

翌々日が女子の競技が行われています。

・これはオリンピックの開催地紹介競技ともいえる競技です。

・テレビ中継をされる時に、いろいろな場所が映るので紹介の意味も

含まれています。

 

三つ目は「パラリンピックの自転車競技」について!!

・パラリンピックにも自転車競技があります。ハンディキャップによって

クラスに分かれており、二輪車に乗るCクラス、ブラインド用のダンテム自転車の

Bクラス、3輪車に乗るTクラス、ハンドサイクルのHクラスがあります。

 

注目の選手についても伺いました!!

・自転車が盛んなフランスやベルギー、山岳にコースに強いコロンビアなどが

注目です。

・F1ドライバーとして世界の最高峰で戦った片山右京さんが東京2020大会の

自転車競技運営責任者「スポーツマネージャー」を務めています。

・日本の選手にももちろん注目してください。

 

広い範囲で競技が行われますが、交通規制もあるんでしょうか。

・選手が通過する時間に合わせ交通規制を実施します。

周辺道路も混雑する可能性もありますので、ぜひ公式ウェブサイトの

交通規制のお知らせもご確認いただけたらと思います。

 

こちら↓↓↓

https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/transportation-notice/tra-olympic-cycling-road

 

最後に番組をお聴きのリスナーの皆さんにメッセージをお願いします。

「自転車競技の魅了を知っていただき、ぜひご注目ください!!」

 

もっと知りたいという方は、大会の公式ウェブサイトに競技の紹介も

ありますので、ぜひご覧ください!!

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

自転車ロードレース ベニュー・ゼネラル・マネージャー

野仲 賢勝(のなか けんしょう)さんにお聞きしました。

ありがとうございました。

 


2021年6月20日945   『今日は9時50分から』    今日のゲスト

 

今日は9時50分から10時までお送りしました!!

お付き合いいただきありがとうございます!!

また素敵な曲、お送りしますね!!

 

先日、久しぶりに乗った新幹線がN700Sでした!!

(2020年7月、13年ぶりにフルモデルチェンジした車両)

多目的フックがあったり、コンセントの位置が便利になっていたり、

新型車両に興奮しました!!

 

一方で、新幹線の公衆電話サービスが6月30日で終了だそうです。

寂しいけれど、携帯電話がありますからね。

時代だなぁとジーンとしました。

 

来週も元気にお届けします!!

どうぞお付き合いください☆

 

 



2021年6月19日630   『イタドリ』 今日のゲスト


 

年齢を重ねると「歩く、立つ、座る」などの日常の何気ない動作が、

気になっている方多いのではないでしょうか?

 

今日はそんな方に、国産健康食品マイケア金杉さんから

グルコサミンだけじゃないサプリメントをご紹介いただきました。

 

累計販売数600万箱を突破した、サプリメント『イタドリ』。

 

愛用者の一戸さん(74歳男性)は「立ち上がるときに「どっこいしょ」なんて

何かにつかまったりしていたらかっこ悪いじゃない。それで友人が「これいいぞ」

ってススメてくれたのが「イタドリ」だったんです。毎日違和感がなくサッと

動けて助かってるよ。」

 

鹿児島県の太さん(90歳女性)は「歳をとると、無理がきかなくなるって

言うでしょ?ジョギングが趣味だったんですが、そのジョギングも億劫に

なっちゃってね。でも「イタドリ」と出会ってからは「そんなこと

あったかしら?」って思うくらいジョギングを楽しんでます。

イタドリを続けて100歳まで走り続けることが今の目標です。」

とお二人とも実感されています。

 

歩く、立つ、座るなどにはグルコサミンを思い浮かべる方多いと思います。

長期的に考えればグルコサミンなどの軟骨成分の補充はとても大切なんですが、

お客様の声に答えるには、それだけじゃ不十分なのではないか、スムーズな

毎日を応援するものが必要なのではないかと考え、日本中の健康素材を改めて

吟味してまわったそうです。その結果、北海道で「大痛取(オオイタドリ)

という天然野草を見つけたのだとか。

 

北海道の奥地など険しい山の中でしか育たない天然野草で、

その昔アイヌ民族の人々が厳しい環境を生き抜くために、

重宝してきたものなんだとか。

 

国内最大級の大きさの野草で、ネバネバのレスベラトロールなどの

希少なポリフェノールがたっぷり含まれていて、これがスムーズな

毎日を後押ししてくれるというわけなんです。

 

このオオイタドリを軸として、みなさんご存知の軟骨成分グルコサミン、

グルコサミンと相性バツグンのアミノ酸を含んだ清酒酵母に、ひざ軟骨に

多く含まれているⅡ型コラーゲンなど歩く立つ座るをサポートする成分を

配合したのが「イタドリ」。

 

1日3粒目安。カプセルで飲みやすかったですよ。(川島談)

一度に飲んでも、3回に分けてもいいそうです!

 

本日は特別価格をご用意いただきました。

サプリメント『イタドリ』はおよそ1ヶ月分90粒入りで、

お値段は税込2592円、送料税込660円なんですが、

初めてご注文の方限定、本日限りの特別価格、

半額の税込1296円でご提供いただきます!

送料は別途。1世帯1回1箱までです!

 

さらに先着50名様に30日間の全額返金保証を付け、

半額としていただきました!!

 

お問合わせはフリーダイヤル0120-81-2424マイケアまで!!

金杉さんありがとうございました!!

 

2021年6月13日945  『俳優・栗林藍希さん』 今日のゲスト


 

 

今日は俳優の栗林藍希(あいの)さんにお越しいただきました!!

 

2001年新潟県生まれ、2018年にスクリーンデビュー。

以降ドラマ・映画・CMなどへ出演。また音楽番組のMCを務めた

ことをきっかけに、2020年からアーティストとしても活動を始められています。

 

新潟ではサッカーに打ち込んできた藍希さん。

楽器を演奏することに苦手意識もあったそうですが、

持ち前の集中力と反復練習で、楽しく演奏されているそうです。

 

「上京して感じてきた様々な気持ちを歌に込めたい。」

「歌を聞いて皆さんの気持ちが明るくなってくれたら…」と藍希さん。

これからの音楽活動にもぜひ注目してください。

 

6月18日から公開される映画『青葉家のテーブル』についても伺いました。

美術予備校の夏期講習に通うために青葉家に居候する

高校生の優子を演じられました。

 

最初は「優子と自分は真逆だ」と感じて役作りが難しかったそうですが、

考えれば考えるほど「昔の自分と近いのかも…恥ずかしくて

認めたくなかったのかも」と思えたそうです。

 

美しい映像も堪能できる映画も、ぜひご注目ください。

 

俳優として、また歌手として活動する藍希さん。

「もともと2つのことを同時にやるということは苦手なのですが、

演技も音楽も、やりたいことができて、今すごく嬉しいんです。

頑張っていきます!!」と力強く話してくださいました。

 

今後の情報は栗林藍希さんのHP、Twitter、Instagramをご覧ください。

藍希さん、ありがとうございました!!