TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2020年1月26日945 『こどもホスピス』 今日のゲスト

 

今日のゲストはNPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト代表理事で

『こどもホスピス 限りある小さな命が輝く場所』を書かれました

田川尚登さんにお越しいただきました。

 



 

1998年に6歳の娘さんを悪性脳腫瘍で亡くされ、

2003年から小児医療支援活動に関わり、

2008年に難病治療に付き添う家族の宿泊滞在施設「リラのいえ」を開設。

 

2017年に「NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト」を開設し、

治療方法のない子供たちとその家族を支援する「こどもホスピス」の

開設を目指されています。

 

「こどもホスピス」は書籍によると「子どもたちには小児緩和ケアを提供し、

同世代と同じ経験や遊び、学びの機会を与え、一人ひとりの

成長や発達をしっかりと支えます。家族には休息の時間を

もたらし。子どもの病気について気軽に話せたり、悩みを

分かち合えたりするつながりをつくります。」(『こどもホスピス』P150より)

という場所なんだそうです。


書籍の中にはお子さんの病気が診断されたところから、

「こどもホスピス」プロジェクトの現在の状況までが

細かく記載されています。

 

読んでいて思ったのは、誰にとっても居場所が1つでも増えるといいなという

ことでした。この「こどもホスピス」で救われる人がどれほどいるだろうということも。

 

「こどもホスピス」について、「こどもホスピス」開設に向けて田川さんの活動が

どのように進んでいるのか、詳しく知りたい方、ぜひ本屋さんで探してみてください。

 

今日は新泉社から出版されましたこどもホスピス 限りある小さな命が輝く場所

ついてお話を伺いました。