TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2020年9月20日945 『與那覇有羽(よなはゆうう)さん』 今日のゲスト


 

今日はゲストに沖縄の与那国出身、與那覇有羽(よなはゆうう)さんに

お越しいただきました。

 

9月23日に与那国の民謡・歌謡・伝承歌を歌うアルバム

「風の吹く島~どぅなん、与那国のうた~」をリリースされます。

 

「どぅなん」とは「与那国」のこと。

その名の通り、与那国の空気をぎゅっと詰め込んだ1枚となっています。

 

1曲目は有羽さんと桂子さん夫婦によるアカペラの

「どぅなんとぅばるま」という曲。

 

歌がはじまるとガラッと空気が変わるのを感じます。

もともとアカペラで唄われていたという与那国の唄。

歌詞の思いがまっすぐ届きます。

 

聴きすすめるうちに、与那国の文化・歴史・生活のことまで伝わってくるから

不思議です。言葉がわかるかなと心配されている皆さんもご安心ください。

 

たっぷり解説されたブックレットがありますので、

こちらを見ながら曲をお楽しみいただきたいと思います。

 

沖縄本島、八重山の民謡とも一味違う与那国で生まれた唄たち。

私は初めて聴いた感動を味わいました。

 

島ではクバを使い、民具を制作しながらワークショップを開催している有羽さん。

生活とともに音楽があるからこそ、スッと入ってくるのかもしれません。

 

皆さんにもお聴きいただき、与那国に思いを馳せていただきたいと思います。

私は与那国に行きたくなりました~!!

有羽さん、素敵なお話をどうもありがとうございました!!