TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2022年5月29日515   『まちをあるく、瀬戸でつながる』著者・南未来さん  今日のゲスト


 

愛知県瀬戸市をエッセイで伝える案内本『まちをあるく、瀬戸でつながる』

書かれた、瀬戸市出身のライター南未来さんにお話をうかがいました!!

 

瀬戸市で生まれ、その後関東で仕事をされていた未来(みく)さん。

地元に戻ろうと情報を調べてみたら、瀬戸の情報が少なかったのだとか。

 

そこで、地元に帰ったら外に向けて発信しようと考えられたそうです。

それから、まちあるきエッセイを書いたサイト「ほやほや」を

立ち上げられました。

 

ほやほや」を読んでくれる人は増えたものの、外に向けて

発信しているつもりが、地元の方が多く見ていてくれていたことがわかり、

改めて外に広げるには?と考え、本を作ることになったそうです。

 

「焼き物の歴史が長いからか、瀬戸はものを作ることに肯定的な場所。

大らかで、いろんな生き方を認めてくれ、人と人が適度な距離感を

持っているところが魅力的なんです。」と未来さん。

 

最近は若い人からも注目され、個人のお店を開く方も増えているのだとか。

 

「本を通じて、知らない町と出会い、偶然の出会いが生まれたら・・・」と

語ってくれた未来さん。

 

本を読んでいるうちに、あなたも瀬戸に行きたくなるはず!

気になった方はオンラインでも発売されていますから、調べてみてくださいね。

 

未来さんは瀬戸市にあるお宿&喫茶「ますきち」オーナーの奥さまでもあります。

瀬戸に行かれる際は、「ますきち」もチェックしてくださいね!!

 

未来さん、たくさんの瀬戸の魅力を教えていただき、ありがとうございました!!


​​​​​​