山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • バスヂカラ!いちご狩りツアー
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ワイルドスピード・アイスブレイク シネマフラッシュ

現在、各シネコンにて 公開中の「ワイルドスピード・アイスブレイク」

<あらすじ>
世界から最も愛される大人気シリーズ「ワイルドスピード」。2001年に誕生したこのシリーズは回を重ねる毎に進化を遂げ、前作「ワイルドスピード スカイミッション」(ワイルドスピード7)はシリーズ最高のヒットを記録「スターウォーズフォースの覚醒」「ジュラシックワールド」を超えて2015年度は世界一の興行収入というとてつもない記録をうちたて世界中でメガヒット。第8作目となる「ワイルドスピード・アイスブレイク」(8作目)はさらなる勢いをましてすでにアメリカでは大ヒット中です。ワイルドスピードといえば、スリル満点菜ドラマとど派手なカーアクション!今回はどんな仕掛けがあるのでしょうか。

<注目ポイント>
その① 「アッと驚く展開」
前作のワイルドスピードスカイミッションの撮影中に、プライベートの事故で亡くなった主人公の一人ポール・ウォーカー。彼の死は世界中のワイスピファンを悲しみのどん底に落とし、その公開さえも危ぶまれましたが、ポールにそっくりな実弟、CGなどを巧みに使い、感動のドラマに仕立てたのは記憶に新しいですね。もともとワイルドスピード(以下省略)ワイスピはポール・ウォーカー演じるFBI捜査官ブライアンと改造車を使った強盗団リーダーのドミニク(ヴィン・ディーゼル)の友情とストリートレースが売りの どちらかというとB級映画に近かったのです。回を重ね、いつの間にか、世界をマタにかけて巨大な陰謀と戦うドミニク率いる正義のヒーロー軍団の話になり、ドラマもサスペンスフル、先の読めないアッと展開で用意されているのもこのシリーズの魅力。今回は世界征服を目論むサイバーテロを阻止するためファミリー一丸となって戦いますが、なんと!ファミリーのリーダードミニクが裏切って敵に回ってしまうといういきなりの展開なのです。オスカー女優シャーリーズ・セロン演じるサイバーテロリストと共にチームを追い詰めていくのです。そのかわり、前作ではチームをとことん苦しめたジェイソン・ステイサムがなんと味方に!予測不可能なドラマ展開にワクワクしてください!

その② 「ワイスピといえば、カーレース!」
ワイスピの最大の見どころは、やはり、カーレース。世界を救う正義のヒーロー物語りになろうが、もともとストリートのカーレースの話からスタートしているので、かならずストリートカーレースをきちんとみせてくれるところがすばらしい。他のアクション映画とくらべると徹底的にカーレース、カーアクションにこだわっている。ぶれないところが人気の秘訣なのです。今回は冒頭キューバーでのど派手なカーレースからはじまり、ドミニクのドライビングテクニックでスカットさせてくれます。そしてクライマックスはタイトルにあるように氷原を疾走する極限バトル!これまでも洗車VS車、飛行機VS車などこれでもか、あり得ないぞ!という見せ場をつくってくれましたが、今回は実際に氷河で撮影されたカーアクションと
巨大潜水艦VS車。この映画のカースタントは他の映画ではありえないことを成し遂げてしまう。劇場の大画面と爆音で鑑賞するとアドレナリンがでてくるのがわかります。帰りお車の方はどうか安全運転でね。

今回、チームにミッションを与える秘密機関のひとりにスコット・イーストウッドが参戦。名前からわかるようにイーストウッドの息子さん。お父様、意外におさかんで彼は5人の女性の間に7人のこどもがいるんですよ〜その一人です。それにしてもこのシリーズ、スキンヘット率が高い。主要キャスト6人中4人ですw激しい闘いの際、たまにだれかわからなくなってしまうのもワイスピの魅力です。

プレゼント

「ワイルドスピード アイスブレイク」からオリジナルミニカー を 2名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ / FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
5月 8日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!