山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • バスヂカラ!いちご狩りツアー
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ヨヂカラ討論お題(5月12日) ヨヂカラ討論

ヨヂカラ討論、5月12日(月)のお題は・・・

5月14日は母の日。
お母さん、本当にほしいものは何ですか?


【定番のカーネーションについての歴史】
母の日にお祝いする習慣は 古代ギリシャの時代からあったとも言われます。
現代のような母の日を祝い習慣ができたのは20世紀のはじめ。

アメリカの少女が苦労して育ててくれた亡き母に追悼の意味を込めて、
母が好きだった白いカーネーションを祭壇に捧げたのが始まり。
これが広がり、1914年に5月の第2日曜日がアメリカの祝日に。
母親が健在の人は赤・故人の場合は白。
日本に母の日が伝わったのは大正時代。
キリスト教関係者から広まって、
戦後になって5月の第2日曜日を母の日に制定しました。
今はカーネーションの色にはこだわりません。

【愛知県は国内有数のカーネーションの生産地】
JA西三河では年間2000万本のうち、2割・400万本が母の日向け。
今シーズンは天候不良のため不足気味の品種もあります。
総務省のデータによると カーネーションの出荷数は
毎年1万本以上減っています。

【他にはどんなプレゼントが?】
ストール・日傘・帽子などこの季節に利用するもの。
衣服を贈っても着ているのを見たことがない、
母親側からは趣味に合わないとは言いにくいそう・・・

電化製品も多く、モノではなくコトを贈る人もいます。
園芸が好きな母にゆずの苗木を(一緒に収穫し ゆず茶を作ったり)
外食に連れていく、エステの利用券など贅沢気分を味わえるもの、
一緒に過ごせるもの。

カタログギフトのリンベルのアンケートでは
40〜70代の母のもらって嬉しかったギフト1位は「花」
2位の食事を大きく引き離していて定番です。
スイーツはなんと・・・不評!?
贈るものは妻任せ、という男性も多いそうです。

*****

ヨヂカラ討論コーナーは4時44分頃から!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp「山浦・深谷のヨヂカラ!」係