山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • 東芝大清快

ブログ内検索

大阿蘇牛乳 むしゃむしゃ修行

毎日の健康のお供、牛乳!
熊本県で作られる「大阿蘇牛乳」をご紹介します。
私ごとですが、うちの息子はこの牛乳しか飲みません!ほかのものだと、すぐバレル・・
その美味しさの秘密を知りたくて取材してみました!

今から40年前に熊本県の酪農家が集まって出資して立ち上げた「らくのうマザーズ」
熊本・阿蘇は草千里にも代表されるように自然豊かな土地。
水がきれいなので牛の食べる牧草も青々として美味しく、そのため牛乳もおいしくなるという土地なんです。
らくのうマザーズの永田雅嗣さんに伺いました。
「設立当時は1000件ほど酪農家があり、西日本1位の牛乳生産地でした。
今も変わらず西日本の牛乳を支えていますが、件数は500件に減りました。
しかし、一件の規模が大きくなっているので生産量は変わっていません。
しかし、1年前に地震があり・・・かなり被害を受けました。。。今は工場も生産量も通常に 戻ったところです。」との事でした。

地震の時は地面にひびが入ったり、牛舎が被害を受けました。らくのうマザーズの工場も10日間、操業停止したそうです。

工場が生産地にあるので、その日に搾った牛乳をすぐにパックつめできます。
とにかく鮮度が第一!
成分無調整なので産地の環境のよさがそのまま牛乳の味に出ています。
また、この牛乳はロングライフ牛乳で、開封前なら常温保存が可能です。
牛乳をパックつめを滅菌状態のラインで行い、パックも内側にアルミ箔を貼って外気・ひかりを遮って、酸化を防ぐパックとなっているため、常温でも持つ。

イオン系のスーパーやフィールで並んでいます。
日持ちするのでらくのうマザーズのHPからまとめ買いもおすすめ。

1ケース6本入り2350円(送料・消費税込み)
1本だと280~300円くらいで売っています。

1332じゃなかった!!!! ふかやかめら


かつて東海ラジオの周波数は1332ではなく、1330だったときがあったそうです~
国際基準に合わせて変更になったそうですが・・知らなかった。
ラジオ大好きな映画俳優・神戸浩さんが実家でみつけたよ~と、
持ってきてくれました。
私よりも東海ラジオ暦が長い神戸さん。
さすが!!!!
深谷でした。