【終了した番組】山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

290スイーツ むしゃむしゃ修業


尾頭橋の交差店にあるケーキ屋さん、290(ニーキューマル)スイーツ。
もうすぐ11年を迎えるお店で 子どもからお年寄りまで幅広いお客様が集うお店です。

実は 老舗和菓子店、最中でおなじみの不朽園の次男として生まれた
杉村なおひろさんの お店です。

隣では ご長男さんが不朽園をついでいるんですが、
なぜなおひろさんは洋菓子の道へと進んだのか・・?
それには理由がありました。

「僕はあんこが苦手で今はだいぶ克服したんですが・・・・それで洋菓子の道へ。
このスイーツのお店には不朽園の紙袋を持ってケーキを買いに来る方もいらっしゃいます。
子どもにはケーキ、自分には和菓子をってことで、両方買っていってくださるということですかね。」
とのこと。

あんこは苦手でしたが、毎日あんを炊いて和菓子を作り、ひっきりなしにお客様が訪れ
る・・・そんな光景を見て育ったなおひろさんは自然とものづくりの世界を志すようにな
り、東京の洋菓子専門学校に進学します。
東京でも修行をしたんですが、古くからの街道である尾頭橋の雰囲気が忘れられず、自分
が育った場所でケーキ屋さんを始めました。
ちょうど290スイーツの上がご自身の部屋だったそうです。

ちなみに290とは・・・
ふきゅうえん、を数字におきかえたもの。
もともとの不朽園ファンにも好評で、コメントにもあったように、最中を買って、その足
でケーキも買っていってくれる方が多い。

ショーケースに並ぶケーキは 不朽園の最中のように 素材の味をいかしたシンプルなケ
ーキ。価格も300円台と親しみやすい。
イチゴのショートケーキや、尾頭橋プリンなど素朴でおいしいものが並んでいます。
不朽園のアンを使ったスイーツも。
抹茶パフェ(ほうじ茶ムースいり)栗のあんこプリン
お父さんから「あんこをやれー!」と、プレッシャーをかけられて開発した(笑)
不朽園にも和と洋のコラボ商品があり、スポンジ生地ではさんだカステラ最中もあります

甘さがくどくならないように、硬くならないよう
焼き具合を調整している自慢のふんわりスポンジもご賞味ください。

電話 052-321-7555
定休日水曜+第三火曜  

アーモンド効果 むしゃむしゃ修業


今日1月23日はアーモンドの日!
これは カリフォルニア・アーモンド協会が 2008年に制定した記念日で、
女性が1日に摂取するアーモンドが23粒だからというところから。

アーモンドはビタミンEや食物繊維・カルシウムが豊富で栄養の宝庫といわれている。
最近は美容や健康に意識の高い女性に人気。
でも、1日に23粒は・・・ちょっと難しい。
そこでアーモンドミルクの人気が上がっているのです。

アーモンドをミキサーにかけて抽出したアーモンドミルクは
牛乳・豆乳に続くこれからのミルクといわれている。
アメリカでは豆乳よりもアーモンドミルクのほうが売れていて、
市場価格で比べると豆乳の約5倍!
日本でも前年比131%の伸び。

まだまだ日本では飲んでいる人が少ないアーモンドミルクですが、
日本にアーモンドが知られるようになったのにはグリコが大きくかかわっていました。

江崎グリコ広報の山崎深雪さんにおききしました。
「1930年 創業者の江崎利一がアメリカ視察にでかけたときアーモンドを見つけた。
現地では一番高くて一番おいしいナッツだ、と。
それを日本へ持ち込んで、その後1955年1粒で2度おいしいアーモンドグリコという商品になりました。」

1955年昭和30年当時アーモンドは漢方薬として輸入されているくらいで
アーモン ド自体はまったく知られていなかったそうです。

アーモンドのパイオニアであるグリコが作っている
アーモンド飲料「アーモンド効果」は
200ミリリットル当たりアーモンド5グラム使用。
1日分のビタミンEが摂取できる。(栄養素等表示基準値)

パック 200ミリリットル 税別125円
オリジナル・砂糖不使用・コーヒー・カカオ・3種のナッツなど(スーパー)
チルドカップ 240ミリリットル 税別170円(コンビニ)
最初は甘いものから始めて 徐々に砂糖不使用へと移行する人が多い。
砂糖不使用のものはパスタやスープなど料理にも使える。

実は日本のアーモンドミルク市場でグリコのアーモンド効果は90%のシェア。
グリコはこれまでカフェオーレなど飲料を造ってきたノウハウがあるのでコクがあり香ば
しいドリンクを造るのが得意だから。
美容・健康・おいしい、そして牛乳アレルギーの人も飲むことが出来る。

松坂屋バレンタイン むしゃむしゃ修業


今年のバレンタイン特集!
お気に入りのもの変えましたか?

日本はチョコレート大国。
本国では紹介がないと購入できないチョコもこの時期は買うことが出来ます。
 
パティスリー界のピカソ、ピエール・エルメや、
ハリウッドスター御用達のイヴァン、
がナッシュの魔術師や20代でパリに店舗を構えるエドワードなど・・・・
最近では男性客も増えているらしい。とも。。。

そんななか、見た目も可愛く 味もおいしいチョコが注目されています。

ゴンチャロフの、プチデザートアラモード

おもちゃですか?と聞かれるくらい、精巧なつくり。
ケーキのミニチュアみたい。
マツコの番組でも紹介され話題になったチョコが
今年もバレンタイン限定で発売されました。

ゴンチャロフは神戸の老舗洋菓子メーカー

創業者はロマノフ王朝の宮廷菓子職人だったマカロフ・ゴンチャロフ。
日本に亡命してきたゴンチャロフさんが1923年創業しました。
ウイスキーボンボンを作ったのもゴンチャロフです!

ゴンチャロフの奥村翔平さんにおいしさについて聞いてみました。
「例えばモンブランは栗の味だったり、本格的な味があります。
お客様からは本当にチョコなの?と質問がございますね、はい」
との事。

ミニチュアサイズですが、イチゴの部分はイチゴ、
レモンやメロン、チョコミントの味など、細かい仕事がしてある。

箱のデザインも、今年は人気イラストレーターの布川愛子さんが手がけた動物のイラスト。
パッケージにも惹かれてしまいます。

プチデザートアラモードは大丸松坂屋百貨店と、ゴンチャロフのコラボ商品。
松坂屋本館7階大催事場で。4つ入り324円~14個入り5184円まで。
価格の面でも、プレゼントしやすい。
ちなみに松坂屋では会場でしか楽しめない、今だけのチョコが他にもあります!

広報の山田紀子さん のお勧めは?
「今年も会場でしか味わえない限定チョコを作りました。
今年はとくにソフトクリームがお勧め!
その場で食べないと解けちゃいます。
でも、バレンタインの売り場は30日間やってますので何回も着ていただければと思います。」
との事です!!!

ショコラプロムナードは2月14日まで。