山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • 東芝大清快
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ダンケルク シネマフラッシュ



9月9日から各シネコンにて公開中の「ダンケルク」

<あらすじ>
第二次世界大戦初期、津ランス北部の町ダンケルクで英仏の連合軍兵士40万人がドイツ軍に追い詰められ、ドーバー海峡を渡らなければ全滅の危機にさらされました。彼らを無事に撤退させるため史上最大の救出作戦が開始されたのです。時のイギリス首相チャーチルが救っても3万人と見積もった超難関ミッションはいかに実行されたのか?過去にも、なんどかダンケルクの闘いは映画化されていますが、今回は撤退戦、救出劇に絞り込み、描かれています。


<松岡ひとみの注目ポイント>

①「逃げる戦争映画」
あらすじだけだと戦争映画?と思われてしまいますが、戦争映画のような銃弾を撃ちまくるドンパチ劇はありません。敵の攻撃から回避しながら、時間に追われる兵士達の救出劇を描いていきます。陸、空、海の視点から絶対絶命の戦場で何が起こったのか。
オープニングは救助を待つ陸軍兵が浜辺で為す術もなく救助を待つ兵士の姿が映し出されます。港はドイツ軍空襲で使用不可。ダンケルクの海岸は遠浅なので船を救出するには海に突き出した防波堤を使うしかありません。兵士達が殺到してパンク状態の防波堤をドイツ軍の格好の的となり、空からの襲撃をうけてしまう。救助の船を待つ間の兵士の表情、心情を説明めいた台詞はなく映像でみせていきます。「生きるか死ぬか」時間との究極の戦いは、ものすごく緊迫した状況だったと思います。史実に対して敬意を払いそれを後世に伝えていくと共に、エンタテイメント映画として、見る側に臨場感をあたえ戦争ドンパチ映画よりもスリリング。 戦うのではなく、 逃げる戦争映画でした。 敵国でもあるドイツ兵の姿が全く描かれていないのも斬新!

②「タイムサスペンス」
本作の監督はダークナイト、インターステラー、インセプションなど複雑な構成と壮大で美しい映像にこだわるクリストファー・ノーラン。映画の構成もとても面白く、陸(1週間の出来事)、 海(1日の出来事)、 空(1時間の出来事)、この3つのストーリーが別々の時間軸で同時進行していきます。陸では3人の若き兵士を中心に救助を待つ陸の40万人兵士達のサバイバル劇をうつしだしつつ、40万人の兵士を救うには軍の船だけではたりない、そこで、民間の観光船やフェリー、漁船なども集められ、一般の有志のモーターボートなど所有している人も武器もなく、危険な最前線へと向かっていくのです。

その中で小型のモーターボートで救出に向かう親子の姿がえがかれます。この一般人による海のシーンは一日。そして、もうひとつは空のシーン。こちらはたった1時間の出来事で、撤退を阻止させようとするドイツ空軍に対抗するためにイギリス空軍が派遣できたのは、わずが戦闘機3機。援護もなく燃料ギリギリまで決死の思いで兵士達の救出の援護を空からおこなう3人のパイロットの姿がうつしだされます。この時間軸をうまくつかった見事な構成で、最後は点と点がむすばれひとつになっていくのです。


③「監督のこだわり」
本作は、この救出作戦の場所であるダンケルクの海岸で作戦と同じ時期に撮影。春とは言え吹きさらしの海辺、寒さに震えながらの撮影を敢行。景観や、雰囲気、季節感は当時を再現するには最適だったそう。しかし実際に戦場だった場所なので、砂浜でまず行ったのは不発弾など砂に埋まっていないか、徹底調査。さらには作戦に参加し兵士達を救った民間の船も数隻使用されています。張り詰めた状況の中、隣に誰がいようが名も知らないしかし、自分と同じ軍服をきているかぎり助け合って生き抜こうとする兵士達の純粋な仲間意識。このエモーショナルな部分にも注目。このダンケルクの救出作戦は、「ダンケルクスピリット」という英国人の誇りとしていまもなお語り継がれています。


プレゼント

「ダンケルク」 の プレミアグッズ 2名様 に プレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077

メール yo@tokairadio.co.jp

「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで

9月 19日(火)必着 で お送りください。

当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


新感染 ファイナル・エクスプレス シネマフラッシュ

9月1日から各シネコンにて公開中の新感染ファイナル・エクスプレス

<説明>
2016年カンヌ国際映画祭をはじめ世界各国で喝采を浴び、リメイク権も争奪戦になったという話題の韓国映画。日本の新幹線にあたる韓国の高速鉄道KTXの社内でウィルス感染パニックが発生。しかも感染者は各地で爆発的に増殖し、途中下車も不可能な状態と成り、乗客達は時速300キロで疾走する密室での決死のサバイバルを繰り広げます。
猛スピードで追ってくる感染者たちから愛する者を守るために戦う男達のエモーショナルなドラマ。興奮と感動のノンストップサバイバルアクションです。


<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「ゾンビ映画とは!」

いまや映画のみならずゲームコミック、ドラマ、で大人気のモンスターゾンビについて
ゾンビ先生が少しお話します。いま人気のモンスターとなったゾンビは例外なく最近亡くなったジョージ・Aロメロ監督の影響なのです後進のクリエーターがロメロ作品を元に、アップデートを繰り返し一大ジャンルへと成長したのです。彼が68年に発表した「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」は後に広く認知されるゾンビの基本形となるものを、78年「ゾンビ」はゾンビの特殊メイクで観客の絶叫を誘い画期的なのはゾンビから逃げ惑う人間がショッピングモールに逃げ込み、食品確保をしたというアイディアは大量消費社会への風刺も織り交ぜて鋭い社会批評となった素晴らしい作品なのです。ゾンビ好きというだけで、変人扱いされていた私ですが、「テレビドラマウォーキング・デッド」のヒットもあり、いまや堂々と胸をはって好きな映画は「ゾンビ」です、と答えております。

日本のみならず世界中のクリエーターに影響を与えたロメロ監督ですが、紹介する「新感染」の監督の新鋭ヨン・サンホもその1人。ゾンビの定義はそのままに恐怖と感動の泣けるゾンビ映画を打ち出したのです。

ゾンビ映画は、いわゆるパンデミック(感染)映画のひとつといわれていましたが、少し違い、感染元はなにか探っていく映画とは違い、ゾンビ映画の場合は、いきなり感染者が人間を噛み、噛まれた人間はすぐ感染しゾンビになる、その感染者からなんとか逃げきる。というもの。感染元を追求する映画ではありません。今回もKTXに逃げ込んできた女性感染者が次々と人を襲い、人から人へ感染し時速300キロの車内で生き残りをかけたサバイバルが繰り広げられます。かろうじて治安が維持されている終点釜山まで辿り着くことが出来るのでしょうか!!


その② 「泣けるゾンビ映画」

今までも泣けるゾンビ映画はかずありますが、本作のように泣き所が何度もあるのは珍しい。本作が世界中の幅広い客層に絶賛された要因はこのジャンルにはめずらしく、
共感度の高い人間ドラマになっていることなのです。離婚してソウルにいる妻の元に娘を届ける仕事人間の父、妊娠8ヶ月の妻と夫、高校生のカップル、助け合って2人で生きてきた老姉妹といった乗客の極限状態におけるそれぞれの“絆”を情感豊かに描いています。各キャラクターの心情も丹念に描かれ、愛する者を守るため、危険を試みない男達の行動には落涙必至。さまざまなキャラクターがたどる壮絶な運命。そのなかで、自分だけたすければ良いという人も出てきて、エゴ剥き出しのバス会社常務の悪役ぶりがチョーむかつく!見る者の涙さえ誘う、そのエモーショナルなドラマと、ノンストップのサスペンスや、スペクタクルを完全融合させた圧倒的なカタルシスはまさに究極の映画体験なのです。

<プレゼント>

「新感染ファイナルエクスプレス」からプレスシート(非売品)を、2名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
9月11日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!

ワンダーウーマン シネマフラッシュ


<説明>

ヒーロー映画では異例の女性観客に大人気!ワンダーウーマンことダイアナは、人間社会とは隔離された女性だけが暮らす島で神様ゼウスに守られアマゾン族のプリンセスとして育てられます。幼少時代から戦士に憧れ訓練を積んできた彼女はある日、島に不時着したパイロットで英国のスパイであるスティーブから外の世界は戦争が続き破滅寸前だと知らされます。世界を救うことが自分の使命と感じた彼女は第1次世界大戦下のロンドンへ向かいます。ワンダーウーマンがドイツ軍に乗り込んで敵を倒す姿は痛快!スカッとしたい人必見です!

<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「ワンダーウーマンの魅力」
史上最強の女性スーパーヒーロー戦うプリンセス ワンダーウーマンの誕生は76年前!スーパーマンやバットマンを生んだDCコミックスで原作者は嘘発見器開発に関わった心理学者のウィリアム・モールトン・マーストン。女性がまだ社会に進出できない時代が批判的だった彼が女性こそ愛されるヒーローと作りだしたのです。それからドラマで人気を博し、バットマンvSスーパーマンをへて単独主演。彼女の魅力は圧倒的な強さと華麗なアクションに加え、なんと言っても女性が共感するのはその美貌とさらに超天然系というギャップです。見た目とは全く違うお茶目な女性ヒーローに釘付けになってしまいます。

女だけの島で育った彼女は世界中の学問や言語に精通し知識として男は知っていたものの、生まれて初めてパイロットのスティーブをみた時の興味津々なのが面白い。スティーブがお風呂に入っているときダイアナは堂々と入ってきて彼の下半身をまじまじとみて、「それなに?」と聞いたりとコミカルな掛け合いも面白い。そして、スパイであるスティーブを追いかけてきたドイツ軍と島の女戦士達が戦うのですが、そのアクロバテイックな戦闘シーンがとても美しく、そして異常に強い!なんだか女性が男性を打ちのめすって気持ち鋳物ですねぇ〜また、外の世界をしらない彼女がロンドンの街中で剣を持ち歩いたり、露出多めの戦闘服で動き回ったりと人間社会になじめない彼女の戸惑いが可愛くて笑ってしまいます。スーパーマンやバットマンと暗いイメージのヒーローが多かったDCコミックスですが、彼女の再登場により明るいヒーロー像ができあがりました。

女性が政治に参加出来ない社会の風潮にも疑問を抱き、軍の上層部にもの申し、戦争から民間人を守ろうとする強い意志。そしてやがて芽生えるスティーブとのロマンス。
欲しいものを全部もっている理想の女性像に世界中の女性達の憧れとなったのです。

その② 「実在のワンダーウーマン」
主演のガル・ガドットは2004年にミスイスラエルに輝いた後、2年間の兵役を体験し私生活では2児の母。彼女はこのワンダーウーマンの撮影時に次女を妊娠していましたが、激しいアクションも果敢に挑戦。妊娠5ヶ月になった時の追加撮影は、露出の多い衣装だけにお腹の膨らみを隠すために緑色の布を巻いています。美貌と逞しさ、そして母性を併せ持つ彼女こそがワンダーウーマンですね。

そしてもう1人、忘れて成らないのが本作品の監督 パティ・ジェンキンス。女性監督なのです。制作費1億ドル超のアメコミ映画を手がけた初の女性監督なのです。父は戦闘機の操縦士なため戦闘機にはがあるそうです。女性が憧れる女性像を作り上げるには、女性ならではの監督の感性ですね・そして、観た後は、戦争がおきる要因は人間の心の闇にあると気がつきます。ダイアナは戦争ばかりしている人間は救う価値がない絶望しますが、スティーブのある行動によって人間への希望を見出していきます。

この映画の面白いのは、第一次世界大戦という史実に基づいて、そこに最強の女性ヒーローが現れ、彼女はドイツ軍を邪神とよび、世界を救うため悪の根源と戦っていくのです。史実とファンタジーがうまく融合されておりこのヒーローに身を委ねればこの世界観に入っていけると思います!

*イスラエルの徴兵制度
既婚で妊娠している者、犯罪歴のある者、宗教で禁止されている者を除き満18歳の女性は2年(後に21か月に短縮された)の兵役に服さなければならないと決めている。

プレゼント

「ワンダーウーマン」からオリジナルグッズ(非売品バスタオル)を3名様にプレゼント!


ハガキ〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
9月4日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!

関ヶ原 シネマフラッシュ


8月26日から各シネコンにて公開の 「関ヶ原」

<説明>
累計部数620万部の司馬遼太郎の原作を元に、戦国史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」の全貌を真っ正面から描く歴史スペクタクル巨編!豊臣秀吉の死後、彼への忠義を貫く石田三成は、天下取りの野望を抱く徳川家康との対立を深めていきます。石田三成を岡田准一、対する家康は日本を代表する俳優役所広司、三成の右腕、島左近を平岳大(ひらたけひろ)関ヶ原の命運を握る小早川秀秋に東出昌大(まさひろ)、秀吉には名古屋出身の滝藤賢一が扮しています。誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない「真実」が明かされます。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「知っているようで知らない関ヶ原」

関ヶ原の戦いは戦国時代後期の1600年美濃の関ヶ原で戸公家和家康を大将とする「東軍」と石田三成を中心とする反徳川勢力の「西軍」が行った合戦です。わずか6時間の闘いで西軍が敗北し、新たな時代、徳川の幕を開けたのです。この天下分け目の合戦は30年以上前にドラマでえがかれたことがあるものの、人気の歴史大河ドラマでは「関ヶ原の合戦」という言葉しか登場しない。今回は初めてその全貌が描かれるのです。今回の主人公は西軍率いる石田三成。豊臣家への忠義を重んじる武将で、豊臣政権の五奉行(ごぶぎょう)の1人として秀吉に仕えていて秀吉の死後、豊臣家への忠義から天下を望む家康と激突します。勝者の徳川史観を覆すかのように、これまで語られてきた「関ヶ原の戦い」を新しい解釈と共に描いていきます。これまで家康を主人公に描かれる石田三成像は、敗者、計算だかい、冷酷、策略家、けしていいイメージではないけれど
三成が主人公となるとそのイメージはがらりと変わるのです。

豊臣家の忠義を貫き、だれに対しても義を重んじ、大一大万大吉「だいいちだいまんだいきち」1人が万民のために、万民は1人のために尽くせば、天下の人々は幸福(吉)になれる」を掲げてきた人で、仕事は出来るが実直で不器用な性格ゆえ、他人には野心めらめらな男に見えていたのかも知れませんが、野心と呼ぶにはあまりにも純粋な想いが彼にはあったとこの映画をみて思いました。いままでの官僚タイプのイメージは打破しています。相対する家康は「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」という川柳から気長なイメージを植え付けられてきましたが、どちらかというと血気盛んで短気、イライラすると亜周りに当たり散らすといった家康像が描かれています。腹黒い策略家で、天下取りを目論む武将として描かれています。関ヶ原の命運を握る小早川秀秋も裏切り者というこれまでのイメージとはちがう「義を貫く武将」として打ち出しています。

その② 「 見事な キャスティング 」

なんといっても魅力的なのは岡田准一演じる石田三成。監督もべた褒めでした。石田三成は乗馬の達人、頭も良い、そして今回描くのはピュアな三成。監督はピンポイントで彼をオファーしたといいます。性格が実直すぎて融通も利かない、早口で嫌みに聞こえてしまう。感情がオモテに出てしまう家康とは真逆の不器用で人間味のある三成にぴったりでした。馬に乗りながら手やりを投げるシーンや、脇道を颯爽と走る姿、また敗北した時のなんともいえない表情。。。すばらしい役者です。

対する役所広司はもう腹黒い家康にしか見えません。恰幅の良い狸親父をつくりあげ、
三成との台詞のバトルシーンは、圧巻。義を重んじるあまりに家康のしたたかさが気に入らない三成。そんな三成をにこやかに受け止める家康ですが、表向きの顔とは裏腹に、
腹の中は三成が憎らしくて仕方ない。かれがいい人として家康を演じるほど悪人にしかみえてこない。役所さん自身もいい人なので、それが先入観になり何を考えているのかわからない家康像を作り上げているのです。今回、第二の主役となるのが島左近。三成より20歳も上ですが、三成に口説かれ軍師として使える。演じるのは平幹二朗の息子で平岳大(たけひろ)さん。そして原作にも登場する伊賀の忍び初芽を有村架純が演じています。ある事件で三成に命を救われ石田家の犬として尽くす。そのなかで三成との淡い恋が今回エッセンスになっています。戦国時代の女性像を取り入れたことで、女性にも見やすい歴史ロマンとなります。一番驚いたのは、豊臣秀吉役の滝藤賢一さん。彼は名古屋出身とあって、「みゃあ」「にゃあ」「ちんちんの湯」など尾張弁が完璧!ネイティブすぎます。今までみてきた秀吉の中で一番秀吉に近かったのでは?!

ハードなでリアルな合戦シーンは、槍の使い方ひとつにとっても史実への敬意とこだわりをもっています。日本人が忘れかけている「義」をつらぬいた人々の生死をかけた
ドラマチックな歴史エンタテイメント。ぜひこの地域の方は特にご覧いただきたい。


今日はプレゼントがあるということで・・・

「関ヶ原」からオリジナルグッズ(非売品)を、3名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
8月 28日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ シネマフラッシュ


8月26日からミッドランドスクエアシネマにて公開の
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

<あらすじ>
ノラ猫を助けたつもりが、助けられたのは自分だった。世界中をほっこりさせた心温まる感動の実話が遂に映画化。イギリスで一番有名な茶とら猫「ボブ」とストリートミュージシャンのホントの話。ストリートミュージシャンのジェームズは、ドラック常用者で親にも見放され生きる希望も持てずにいた彼の前に現れたのが怪我をした茶とらの猫ボブでした。自分の食べ物もろくに買えないのに、ボブの怪我を治し、一緒に住み始めます。ボブはジェームズに生きる希望とチャンスを与えます。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「いまや大スター!猫のボブ」
いやはや、いまや世界中で空前の猫ブーム到来と言われていますが、世界で最も注目なのが、この映画の主人公ボブなのです。拾った猫に救われて、捨て鉢の人生が一変する。まさに「猫の恩返し」といいたくなるストーリー。原作は12年3月にイギリスで出版されると、ベストセラーになり販売部数は世界中で500万部、続編2冊を合わせると、計1000万部を越える大ベストセラーとなっている。大人気のボブ君。年齢は推定11歳。ジェームズと出会ったのは07年。当時、ケガをしていたボブはジェームズに手当をされて、元気になりボブは「ずっとそばにいよう」と決意する。以来、ジェームズとは片時も離れていません。
そしてナント!!映画では奇跡的に本物のボブがボブ役でほぼ90%出演しています。
ほとんどの映画は、タレント猫が使用されますが、モデルになった当人が自分を演じるなんてそうそうありません。ジェームズ役の俳優にもとてもなついてまるで本当の飼い主のように堂々と演技を見せてくれています。芸を仕込んだタレント猫ではなく、トレーナーも不在だったという自然体がすごい!ボブがジェームズのギターの上に乗って路上ライブをするとたちまち人が集まってきます。そして、彼の演奏をうっとりしながら聴いている姿は猫好きじゃなくとも心を奪われてしまいます。それにしてもバスに乗ったり、仕事場に歩いてついていったり、ハイタッチが得意だったり、猫もそんなことができるのだと感心しました。彼のギャラは、キャットミルクと猫用のチーズ。ちなみにジェームズは、ボブのお陰でベストセラー作家。慈善事業家として今では自宅を購入するほどの成功者となっています。しかし本の売り上げはほとんど慈善団体に寄付し、今でも街角でボブと唄っているそうです。

その② 「感動の人間ドラマ」

実話が映画化となるとセミドキュメンタリーのようになり時間軸を追ってしまう作品が多い中、本作はあくまでも一人のストリートミュージシャンがどん底から這い上がっていく感動のエンタテイメント作品として仕上がっています。本作はボブが主役ではなく、猫が可愛い動物映画にもなっていないのです。物語ではボブに必要以上の感情移入をさせず、ジェームズを見守る存在としてナチュラルに描くことでジェームズがどん底から立ち上がるまでの人間ドラマにしあげています。ストリートミュージシャンとしてのジェームズの収入は月に3000円。彼がボブを連れて行った動物病院は保護団体が経営しているので治療費は無料ですが薬代は毎回3000円以上。そのお金を稼ぐためにも彼は本気で生きていく、
薬を絶つ決心をするのです。そして、ジェームズがボブを肩に乗せていつも歩くように
ボブからみた猫視線のロンドンの風景も映しています。ボブとジェームズは常に同じ視線で生きているのだよと、優しく観る物に語りかけいるのです。

今回はもう一本オススメ!

イギリスの鬼才エドガー・ライト監督の最新作「ベイビードライバー」
天才的なドラインビングテクニックで犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」ベイビーは、
子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができるという、驚きのアイディアで展開するクライムアクション。音楽とカーチェイスが見事にリンクした映画と洋楽ファン必見の作品です。こちらは8月19日より(今週末)主要シネコンにて公開です。



プレゼント

「ベイビードライバー」のムービーチケット(ムビチケ)2名様にプレゼント!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
8月 21日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!