山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • すっきり系!焼酎甲類
  • 東芝大清快

ブログ内検索

映画夜空はいつでも最高密度の青色だ シネマフラッシュ

5月27日からミッドランドスクエアシネマ、MOVIX三好にて公開「映画夜空はいつでも最高密度の青色だ」

<あらすじ>
詩人、小説家最果タヒ(さいはてたひ)の同名詩集を「舟を編む」「バンクーバーの朝日」
の若き天才33歳石井裕也監督が映画化。看護婦のミカは女子寮で一人暮らし。夜はガールズバーでアルバイトをする日々。作り笑うとため息、孤独な日々を送る。一方建設現場で、日雇いで働く慎二は一人古いアパートでその日暮らしの生活。左目はほとんど見えない。漠然とした不安が彼の胸から離れない。そんな不器用な二人が知り合い、お互い向き合って希望を見つけていく少しひねくれたそして、繊細な恋愛映画です。


<注目ポイント>

その①「詩集が映画化」
詩人、小説家最果タヒ。現代詩集としては異例の累計27000部の売り上げを記録しているこの詩集は、世代や性別を超えて多くの人に支持されています。この傑作詩集を誰も予想しなかったかたちで映画化するということはとても挑戦的な試み。物語の主人公となる慎二もミカも詩集には登場しません。つまりこのストーリーは石井裕也監督のオリジナルと言うことになります。40編以上からなる詩集の世界観をくみ取り、二人が出会い、排他的な東京で生きる術を模索していくラブストーリーを作り上げたのです。コミック、小説が原作の映画が氾濫する中、詩集を映画化するのはとても珍しく、そして難易度は高いと思います。何度も何度も詩集をよみなおししたのでしょう。不安がつのり、先が見えない、それでも生きていかなくてはいけない。不器用な人間たちが全身を投げ出すようにして今を生きる姿を淡々と描いていくのです。上手に生きている人なんてそうそういません。下手くそに生きているからこそ人生は楽しいと思わせてくれた映画です。じんわりとあとから余韻が残る作品。


その②「大型新人女優誕生」。
ヒロインの美香に抜擢されたのが、石橋静河。俳優石橋凌と原田美枝子の娘さんです。
今回は有名女優ではなく誰も見たことがない人であければ意味がない。東京でもやもやして生きている若者、というリアリティを求めたそうです。演技経験がほとんどないので現場では常に緊張していたそうですが、それがこの映画にはぴったりで、どうにもならない苦境がふりかかってきてもどうすることも出来ないという役どころこそが、新人の彼女とリンクしたのかもしれません。美香というキャラクターは、この社会に広がる嘘くさいことは必要な物なのかと、不満ばかりを口にするのです。慎二も同じで黙っていると不安で不安でたまらなくなり、二人のあいだにはどうでもいい会話が続く。この言葉の応酬がふたりの距離を近づけていくのです。

つまり、めんどくさい二人なんです。この映画で描かれるラブストーリーはキラキラ度はありません。でもとてもリアリティに溢れているのです。明日になればわすれちゃうようなちいさいことだったり誰かとの関係、誰かとの距離感など二人に自分を重ねることが出来るのです。キャラクターのハードルが高くない分、自分のこととして彼らの言葉を胸にしまうことが出来るのです。美香とじわじわと恋に落ちていく、慎二は幼い頃からこの芸能界にいて、数々の役をこなしてきた池松壮介。今回で監督とは3度目のタッグとなります。
左目が見えないという役柄なので、彼の視点(目線)で映し出される東京の風景は
左半分がまっくろになっている。

半分みえないことを美香が、半分見えないなんてたいしたことじゃない、都会に生きるほとんどの人間が世界の半分も見えてないんだから。という美香の言葉が心につきささります。美香は世界で起きていることを全て見ようとしていないので半分見えない慎二と自分は同じだというのです。百戦錬磨の池松くんと新人女優のいっけん演技の差を感じそうですが、そのフレッシュさがバランスをとっているように思えます。また一人、石井監督によって素晴らしい女優が誕生しました。

【プレゼント】

「映画夜空はいつでも最高密度の青空だ」 の ムービーチケット を 2人 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077

メール yo@tokairadio.co.jp

「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで

5月  29日(月)必着でお送りください。

当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス シネマフラッシュ

5月12日から主要シネコンにて公開中の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス」

<あらすじ>
アベンジャーズシリーズのマーベルスタジオ最新作!お尋ね者たちが成り行きでチームを結成し、銀河の危機を救う羽目になる姿を描いたアクションアドベンチャー「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の第2作。今回は主人公のトレジャーハンター ピーターの出生の秘密が明らかになります。今回オリジナルメンバーに加えビックスターが参戦。ピーターの父と名乗る謎の男に「バックドラフト」の名優カート・ラッセル、ネタバレなので役どころはふせますが、あのシルベスタ・スターローンが重要な役で登場します。

<注目ポイント>

その①「ヒーローらしくないヒーロー」
アメコミヒーローというとアイアンマン、スパイダーマン、スーパーマンなど・・・お馴染みのキャラが浮かぶと思います。そんななか、最もヒーローらしくないヒーローチーム ガーディアンズがアメコミ映画に殴り込みです。まずは、ノリと笑いで銀河を救う落ちこぼれ集団ガーディガンズ一作目のおさらいです。幼いころに地球から宇宙海賊に連れ去られた過去を持つ音楽好きのトレジャーハンター、ピーター・クイルが、超人的な身体能力を持つセクシーなエイリアンのガモーラ、家族の仇を討つべく宿敵ロナンへの復讐に燃える怪力男ドラックス、超毒舌のアライグマで天才戦略家のロケット、怒ると危険な木の形をしたロボット「グルート」・・・といった、刑務所の中でであった落ちこぼれ負け組たちと『ガーディアンズ』を結成し、銀河に迫る危機に立ち向かっていくというお話でした。「かっこいい」「強い」そんな従来のヒーロー像とはかけ離れた彼らですが、今回もそれぞれの個性を活かした戦い方と、はちゃめちゃな展開の中で、仲間を信じる気持ちを知っていきます。

その②「ディスニーの新たな人気キャラ誕生」
さて、ガーディアンズの中でもっとも人気なのが木の形をしたロボット「グルート」。前作では大きな体でノシノシと歩き、相棒のアライグマ、ロケット・ラクーンを肩に乗せていました。グルートは何故か「私はグルート」という言葉しか発することができません。元気なときは「私はグルート! 」、わからないときは「私はグルート?」、怒った時は「私! は! グルート! 」と、「私はグルート」の一言で多彩な感情表現をします。相棒のアライグマ、ロケットだけはグルートと完ぺきに会話をすることができます。まるで『スター・ウォーズ』のハン・ソロとチューバッカのような関係なのです。

そんなグルートですが、今回はベビー・グルートとして、キュートで小さな身体で登場します。実は前作で、グルートは仲間を守るために自分を犠牲にしてバラバラになってしまったのです。大切な相棒を失ったあらいぐまロケットは、残骸になったグルートの枝を植木鉢に挿して大事にしていたところ、なんと枝からグルートが復活!小さな身体のベビー・グルートとして蘇ってくれたのです。この子が超絶可愛いのです!ディスニーストアでもネットでもグルートグッズが売り切れごめん状態!つぶらな瞳と天真爛漫な性格、でも本当はとっても強い、新しいキャラクターに若い女性達が夢中なのです

その③「劇中歌もノリノリ」
映画の中で絶妙なタイミングで流れてくる楽曲の数々も見どころのひとつ。前作のサントラは、グラミー賞にもノミネートされCDの売れない時代に100万枚を超えるセールスを記録しています。切ないシーン、ロマンスシーンなどセンスバツグンの選曲。ピーターは母が亡くなる直前に渡してくれた70年代のヒット曲入りのウォークマンを肌身離さず持っています。母がプレゼントしてくれた楽曲たちは母の青春時代の曲で懐かしさを感じさせ、
ジャクソン5やデビットボウイなどかつ誰もが耳にしたことのある曲ばかり。今回も大人になったピーターに聞かせるため母が作ったリミックステープという設定で少し複雑で深みのあるものになっていますが、どれも聞いたことのあるヒットナンバー。音楽がストーリーテラーのようになっている物語だけに、監督は曲先行で脚本をつくりあげたというぐらいこだわっています。

プレゼント

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス」   オリジナルグッズ非売品
3名 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ / FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
5月22日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!

八重子のハミング シネマフラッシュ

5月6日から名演小劇場、にて公開の「八重子のハミング」順次全国公開となります。

<あらすじ>
山口県・萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた12年の物語。原作となったのは、山口県萩市在住の陽 信孝(みなみのぶたか)さんが四度のがん手術を経験しながら、若年性アルツハイマー病の妻を介護した4000日に渡る記録を綴った手記『八重子のハミング』。そして、その長い闘いの日々に感動したのが、同じく山口県出身の映画監督・佐々部清だった。『半落ち』(04)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した監督が、高齢化が進む現代日本における最も切実なテーマに挑みました

<注目ポイント>
その① 「やさしさに満ちた映画」
これはいつか自分の身にも起きるかも知れない物語だと思います。急速にすすんでいく高齢化社会の中で介護問題に向き合い、誰もが関心をもつきっかけとなる映画ではないでしょうか。本作は「半落ち」で日本アカデミー賞作品賞に輝き、その後「ツレがうつになりまして」「東京難民」など数々の人の優しさや善意に寄り添う人間ドラマを手がけてきた佐々部清。山口県下関出身で山口が舞台にした映画も多数あります。佐々部さんと原作者の陽(みなみ)さんとはもともと知り合いで、美しい夫婦愛と家族の物語に涙し、この国に必要な題材だと思っていたそうです。すでに別に監督脚本家で話が進んでいましたが、いつしか頓挫していたことを知った佐々部監督が8年の月日をかけて映画化に。大手映画会社のように出資もなく手弁当、監督も自腹をきり脚本をかきあげ、自らプロデューサーになり、お金を集め、この物語に賛同してくださった人々をいい意味で巻き込み山口県を中心にみなさんのやさしさが一本の映画となったのです。

その②「二人をつなぐハミング」」
今回主演の石崎を演じたのは役者人生42年にして初主演となる升毅(ますたけし)さん。
佐々部監督作品は3本目。親友役の梅沢富美男さんも映画は3本にしかでていない中、
佐々部監督作品は二本出演している。若年性アルツハイマーを演じた八重子は28年間女優業をやすんでおられた高橋洋子さん。お話は、28年の春。十数年前に妻八重子をなくした石垣が「人の優しさ」について講演会のシーンからはじまり、そこから回想劇となっていきます。平成3年。夫婦で小学生教師をしていた二人ですが、妻の八重子は娘の育児を手伝う理由で引退。まもなくすると夫に胃がんがみつかり大手術をうけ、その療養中に八重子は若年性アルツハイマーを発症。平成3年というとまだ介護保険制度もなく、
アルツハイマーという病状もポピュラーではない。石崎は手探り状態でとにかく妻に寄り添い献身的に介護をします。その様が、実にやさしさにあふれ、そんな両親の姿をみた二人の娘や孫達は現実を受け入れ日々の生活を大事に生きるようになります。

知識もいらない、制度もない。誰にも教えてもらうことも出来ない石崎ですが「相手を想い、人間としての尊厳を優先的に考えていく。介護の12年の半分以上妻は夫がだれかわかりません。そして赤ちゃんにもどっていく妻がたったひとつわすれていなかったのは音楽。聴覚は五感のうち最後まで残るそうで、大好きな曲のハミングを夫が口ずさむと一緒に唄い、楽しそうにしています。音楽教師だった八重子は好きな曲はおぼえていたのです。これは奇跡的なことです。

普段のみなさんは怒りに満ちているときは誰も歌は唄わないですよね。
なんだか楽しいときにハミングをしますよ。そのハミングをする気持ちが常にあれば
穏やかな気持ちになれるのではないかと本作をみて改めて思います。トイレをいやがる八重子に「合図磐梯山」をいう民謡をうたいあやす夫(長州の女はこの歌を聴くとおとなしくなるそうです)そのシチュエーションによって、「ふるさと」「いい日旅立ち」などお気に入りの歌をうたう夫の献身的な究極のラブストーリー。さらに孫達にも「やさしさ」の連鎖はつたわり、学校で発表した作文は「おばあちゃんのことを書き、お祖母ちゃんへのお薬は“やさしさ”と朗読しそのシーンは涙腺崩壊。娘、孫、教え子や地域に方達の小さな優しさエピソードが重なり、観賞後はすっと優しい気持ちが残ります。どの世代の人にも、どんな立場の人にも見てもらいたい作品です。


プレゼント

「 八重子のハミング」名演小劇場の鑑賞券に2名にプレゼント!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
5月15日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


ワイルドスピード・アイスブレイク シネマフラッシュ

現在、各シネコンにて 公開中の「ワイルドスピード・アイスブレイク」

<あらすじ>
世界から最も愛される大人気シリーズ「ワイルドスピード」。2001年に誕生したこのシリーズは回を重ねる毎に進化を遂げ、前作「ワイルドスピード スカイミッション」(ワイルドスピード7)はシリーズ最高のヒットを記録「スターウォーズフォースの覚醒」「ジュラシックワールド」を超えて2015年度は世界一の興行収入というとてつもない記録をうちたて世界中でメガヒット。第8作目となる「ワイルドスピード・アイスブレイク」(8作目)はさらなる勢いをましてすでにアメリカでは大ヒット中です。ワイルドスピードといえば、スリル満点菜ドラマとど派手なカーアクション!今回はどんな仕掛けがあるのでしょうか。

<注目ポイント>
その① 「アッと驚く展開」
前作のワイルドスピードスカイミッションの撮影中に、プライベートの事故で亡くなった主人公の一人ポール・ウォーカー。彼の死は世界中のワイスピファンを悲しみのどん底に落とし、その公開さえも危ぶまれましたが、ポールにそっくりな実弟、CGなどを巧みに使い、感動のドラマに仕立てたのは記憶に新しいですね。もともとワイルドスピード(以下省略)ワイスピはポール・ウォーカー演じるFBI捜査官ブライアンと改造車を使った強盗団リーダーのドミニク(ヴィン・ディーゼル)の友情とストリートレースが売りの どちらかというとB級映画に近かったのです。回を重ね、いつの間にか、世界をマタにかけて巨大な陰謀と戦うドミニク率いる正義のヒーロー軍団の話になり、ドラマもサスペンスフル、先の読めないアッと展開で用意されているのもこのシリーズの魅力。今回は世界征服を目論むサイバーテロを阻止するためファミリー一丸となって戦いますが、なんと!ファミリーのリーダードミニクが裏切って敵に回ってしまうといういきなりの展開なのです。オスカー女優シャーリーズ・セロン演じるサイバーテロリストと共にチームを追い詰めていくのです。そのかわり、前作ではチームをとことん苦しめたジェイソン・ステイサムがなんと味方に!予測不可能なドラマ展開にワクワクしてください!

その② 「ワイスピといえば、カーレース!」
ワイスピの最大の見どころは、やはり、カーレース。世界を救う正義のヒーロー物語りになろうが、もともとストリートのカーレースの話からスタートしているので、かならずストリートカーレースをきちんとみせてくれるところがすばらしい。他のアクション映画とくらべると徹底的にカーレース、カーアクションにこだわっている。ぶれないところが人気の秘訣なのです。今回は冒頭キューバーでのど派手なカーレースからはじまり、ドミニクのドライビングテクニックでスカットさせてくれます。そしてクライマックスはタイトルにあるように氷原を疾走する極限バトル!これまでも洗車VS車、飛行機VS車などこれでもか、あり得ないぞ!という見せ場をつくってくれましたが、今回は実際に氷河で撮影されたカーアクションと
巨大潜水艦VS車。この映画のカースタントは他の映画ではありえないことを成し遂げてしまう。劇場の大画面と爆音で鑑賞するとアドレナリンがでてくるのがわかります。帰りお車の方はどうか安全運転でね。

今回、チームにミッションを与える秘密機関のひとりにスコット・イーストウッドが参戦。名前からわかるようにイーストウッドの息子さん。お父様、意外におさかんで彼は5人の女性の間に7人のこどもがいるんですよ〜その一人です。それにしてもこのシリーズ、スキンヘット率が高い。主要キャスト6人中4人ですw激しい闘いの際、たまにだれかわからなくなってしまうのもワイスピの魅力です。

プレゼント

「ワイルドスピード アイスブレイク」からオリジナルミニカー を 2名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ / FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
5月 8日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


笑う招き猫 シネマフラッシュ

5月7日から パルコ8階 センチュリーシネマにて公開 の 「笑う招き猫」です。

<あらすじ>
ケンカしても引かれ会う友情で結ばれた女漫才師コンビ「アカコとヒトミ」。ふたりの友情を笑いと愛情たっぷりに描いた、この映画は、小説すばる新人賞を受賞した、山本幸久(やまもと ゆきひさ)の小説が、原作です。群像劇コメディを描かせたら右に出る者はいないといわれる飯塚健(いいづか・けん)監督がメガホンをとり実写映画化。27歳、出会って7年、結成5年目の売れない女漫才師「アカコとヒトミ」の高城ヒトミと本田アカコは、小さな劇場で常連客相手に漫才を披露する冴えない毎日を送っていた。そんな二人に先輩芸人とのトラブルがきっかけで思わぬチャンスが舞い込み初めてのテレビバラエティ番組出演が決まるなど、漫才師としてようやく売れる兆しが見えてきた2人だったのですが。。

<注目ポイント>
その①「漫才師がハマリ役」
売れない女漫才師アカコとひとみは大学時代演劇部にいたころからの腐れ縁。アカコは実家がお金持ちですが、招き猫を路上で売って生活し、一方のひとみはOL時代の貯金をくずしながら弁当屋でバイトをしている。そんな二人の練習場所は河川敷だったり、ヒトミのアパート。ネタあわせをするたびにケンカをし、コンビ解消と騒いでは、また磁石のように引き寄せ合ってよりを戻す繰り返し。そんな二人を演じるのが、2015年にアイドルグループSKE48を卒業してから様々な映画、ドラマ、舞台に出演し着実に女優としてのキャリアを積んでいる松井玲奈さんがボケ役のアカコ。映画「神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎」で開花したバツグンのコメディセンス!あれからさらに磨きがかかり大いに笑わせてくれます。前髪パッツン金髪、口も悪く、真っ直ぐな性格ゆえキレてしまうと、ところかまわずケンカをふっかけてしまう。漫才のボケっぷりも様になっていて玲奈ファンビックリなこの個性的な役どころを、イキイキと演じています。

ヒトミ役には芸能界を引退した清水富美加。この映画のイキイキとした演技を見ていただくと「もったいない」の一言ですよ。ほんとにいい女優さんなんです!初共演ながらも息もぴったりのコンビぶり。何度も本気のケンカをしては、またくっついては戻る間柄は親友というより夢をともに叶えていきたい、あんたがいないとダメなんだよ・・・という、お互いを必要とするのは夫婦関係に似ているかな?!


その② 「感動の漫才シーン」。
ラストの漫才シーンは泣けます!号泣でした!悩んだり、ケンカした後などアカコとヒトミの心情を出会いからの回想シーンで少しずつ、みせていくという構成もお見事。彼女たちと共に7年を一緒に過ごしているかのような気持ちになり、いつのまにかアカコとヒトミの大ファンになっている?!と思います。

複数のカメラを用いてノンストップで撮影されたライブさながらの白熱の掛け合いは必見です!今回漫才は、「なすなかにし」という漫才コンビが監修していまして、テンポ感や間合いを勉強したそうです。台本にかかれたネタをひたすら二人で練習し、事務所のマネージャー役の東京03の角田さんに目線の配り方などアドバイスをうけたそうです。ただ漫才部分は長回しのノンストップだったため、台本のネタが終わってもカットがかからないことがおおかったのを察し、はじめ、二人でネタを考え自分たちのネタを即興で披露したそうです。もちろん本編の漫才シーンでそれが使われています。ついついはまってしまう笑う招き猫の世界観。観た後はアカコとヒトミ、そのともだちに会いたくなってしまうはず!

5月7日には、センチュリーシネマで20:25の回上映前舞台挨拶があります!
司会は、松岡ひとみさん!
松井玲 幼なじみ役落合モトキさんが登壇します。お早めにチケットゲットしてください。

映画と同時に撮影したドラマは映画よりも少し前のお話。即興のアドリブが多いドラマ版は、ひたすらYouTubeで、幼なじみを巻き込んで面白動画を披露する様をひたすら見せるという、彼女たちの即興演技を生かした内容になっています。地上波はTBSとMBSのドラマイズム枠で放送。ですが中部地区では放送されていなのですが、Amazonプライムビデオで独占配信中です。映画とはまた違った楽しみ方があります。

プレゼント

「笑う招き猫」のシールセットと猫飴 を 1人 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
5月1日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!