【終了した番組】山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

僕のワンダフルライフ シネマフラッシュ


9月29日(明日)から各シネコンにて公開中の「僕のワンダフルライフ」

<あらすじ>
最愛の飼い主に会うために50年で3回も生まれ変わった犬のベイリーのお話。原作は、ベストセラー作家Wブルースキャメロンが、愛犬を亡くした試練を乗り越えようとしていた恋人の為に書いたベストセラー小説で、これまでに世界29ヶ国で20の言語に翻訳されています、かつて愛した犬や猫たちが自分にもう一度会うために生まれ変わってきてくれるなら。飼い主にとってこれほど嬉しいことはないですね。監督は「マイ・ライフ・アズ・アドッグ」ハチ公物語のアメリカリメイク版「HACHI約束の犬」のラッセ・ハルストレム監督のドッグムービー第三弾です。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その①「アナ雪の声」
最初に申し上げておきますと、犬が死んじゃう映画は観ない!というかたも多いと思いますが、この作品は犬の生涯や役目を、まっとうして、また生まれ変わるという物語で、犬の物語の部分はほぼ笑いに包まれておりますのでご安心くださいませ。
そして犬がしゃべる映画でもありませんが、主人公となる犬のベイリーの心の声で物語が進行していきます。たとえば、ベイリーが大好きな玩具があたえられると「これこれ、これをまっていたんだよ」とか飼い主が遊んでくれないと「僕のこときらいになったのかな」という具合にナレーションがはいります。この声を担当したのが「アナと雪の女王」のオラフ(喋る雪だるま)役のジョシュ・ギャッド。日本語吹き替え版はアナユキのピエール瀧を個人的に切望しましたが、声優の「名探偵コナン小鳩元太」役の高木渉さんが演じています。ちょっと自虐的なベイリーの声をユーモラスかつ感情豊かな声で物語を邪魔することなくすーっと耳に入ってきます

その②「4匹の犬の物語」
物語はゴールデンリトリバーの子犬がこの世に誕生したところからはじまります。悪い大人たちが、捨てられていた子犬を売ろうとおもって、トラックの中にいれ閉じ込めていたところを、イーサン少年が助けます。ベイリーと名付けられ二人はいつも一緒。そのいたずらっ子ぶりは犬を飼っている人であれば犬あるある行動で思わず笑ってしまいます!美しい自然の中ですくすく育ち、やがてイーサンがアメフトの選手に特別なフォーメンション(形)でイーサンがボールを投げるとベイリーがキャッチする。二人だけの得意技なのです。ハンナという恋人も出来て幸せにすごしますが、イーサンの両親の離婚、イーサンのアメフト選手への夢の挫折などあり、やがて歳をとったベイリーも天国からお迎えがやってきます。最愛の人との別れを体験し、
心残りがありつつこの世を去る、、と思った瞬間、今度はすぐにエリーという女の子のシェパードに生まれ変わって、警察犬としての立派な一生を全うします。この物語ではなかなか面白いポリスアクションストーリーが楽しめます。そして次は足の短いコーギーに生まれ変わり、マヤという孤独な女性が結婚して幸せな家庭を作るまでを見届けます。この回では心温まるファミリーストーリー。3つの短編映画をみているようで得した気分です。

そして、4度目。今度こそ!とおもったらまたしてもセントバーナードとシェパードのミックスにうまれかわりやっとイーサンにであうのですが、当然、イーサンは初老になり、姿もかわったベリーをあのゴールデンのベリーとは思いません。そこでベリーは二人しかわからないボール遊びを仕掛けます。最後の犬はモフモフしていて、イーサンをつぶらな瞳でみつめるんです。
ぼくだよ、ぼくだよ!と叫ぶその姿がとても愛らしい。まさにアカデミー賞級の名演技を見せてくれます。

犬と人間のラブストーリー。動物好きな方はもちろんですが、人間ドラマとしても良作なので
ぜひご家族で見てください。今をどれだけ大切に生きるかというのを犬のベリーが教えてくれます。

さて、ヨヂカラのシネマフラッシュでは2015年の4月から週に一本ですから、146本の映画を紹介してきました。
リスナーさんに、いつもは、見にいかないジャンルでもシネマフラッシュでオススメしていたので見にいきました!見逃すところでした!など感想を言われることもたまにありまして、それがとても嬉しかったです。忙しい毎日にちょっと刺激が欲しい時、気分を変えたいとき、時間がすこし余裕が出来たとき、ぜひ映画館に足を運んでみてくださいね。映画は誰と行ったか、何を見たか、なぜその時その映画を観たかったのか、映画の思い出は一生思い出として残ると思います。


プレゼント

「僕のワンダフルライフ」 を、メモ蝶とクリアファイルのセット3人 にプレゼント!
ハガキ 〒461−8503 東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
10月2日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!