【終了した番組】山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

関ヶ原 シネマフラッシュ


8月26日から各シネコンにて公開の 「関ヶ原」

<説明>
累計部数620万部の司馬遼太郎の原作を元に、戦国史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」の全貌を真っ正面から描く歴史スペクタクル巨編!豊臣秀吉の死後、彼への忠義を貫く石田三成は、天下取りの野望を抱く徳川家康との対立を深めていきます。石田三成を岡田准一、対する家康は日本を代表する俳優役所広司、三成の右腕、島左近を平岳大(ひらたけひろ)関ヶ原の命運を握る小早川秀秋に東出昌大(まさひろ)、秀吉には名古屋出身の滝藤賢一が扮しています。誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない「真実」が明かされます。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「知っているようで知らない関ヶ原」

関ヶ原の戦いは戦国時代後期の1600年美濃の関ヶ原で戸公家和家康を大将とする「東軍」と石田三成を中心とする反徳川勢力の「西軍」が行った合戦です。わずか6時間の闘いで西軍が敗北し、新たな時代、徳川の幕を開けたのです。この天下分け目の合戦は30年以上前にドラマでえがかれたことがあるものの、人気の歴史大河ドラマでは「関ヶ原の合戦」という言葉しか登場しない。今回は初めてその全貌が描かれるのです。今回の主人公は西軍率いる石田三成。豊臣家への忠義を重んじる武将で、豊臣政権の五奉行(ごぶぎょう)の1人として秀吉に仕えていて秀吉の死後、豊臣家への忠義から天下を望む家康と激突します。勝者の徳川史観を覆すかのように、これまで語られてきた「関ヶ原の戦い」を新しい解釈と共に描いていきます。これまで家康を主人公に描かれる石田三成像は、敗者、計算だかい、冷酷、策略家、けしていいイメージではないけれど
三成が主人公となるとそのイメージはがらりと変わるのです。

豊臣家の忠義を貫き、だれに対しても義を重んじ、大一大万大吉「だいいちだいまんだいきち」1人が万民のために、万民は1人のために尽くせば、天下の人々は幸福(吉)になれる」を掲げてきた人で、仕事は出来るが実直で不器用な性格ゆえ、他人には野心めらめらな男に見えていたのかも知れませんが、野心と呼ぶにはあまりにも純粋な想いが彼にはあったとこの映画をみて思いました。いままでの官僚タイプのイメージは打破しています。相対する家康は「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」という川柳から気長なイメージを植え付けられてきましたが、どちらかというと血気盛んで短気、イライラすると亜周りに当たり散らすといった家康像が描かれています。腹黒い策略家で、天下取りを目論む武将として描かれています。関ヶ原の命運を握る小早川秀秋も裏切り者というこれまでのイメージとはちがう「義を貫く武将」として打ち出しています。

その② 「 見事な キャスティング 」

なんといっても魅力的なのは岡田准一演じる石田三成。監督もべた褒めでした。石田三成は乗馬の達人、頭も良い、そして今回描くのはピュアな三成。監督はピンポイントで彼をオファーしたといいます。性格が実直すぎて融通も利かない、早口で嫌みに聞こえてしまう。感情がオモテに出てしまう家康とは真逆の不器用で人間味のある三成にぴったりでした。馬に乗りながら手やりを投げるシーンや、脇道を颯爽と走る姿、また敗北した時のなんともいえない表情。。。すばらしい役者です。

対する役所広司はもう腹黒い家康にしか見えません。恰幅の良い狸親父をつくりあげ、
三成との台詞のバトルシーンは、圧巻。義を重んじるあまりに家康のしたたかさが気に入らない三成。そんな三成をにこやかに受け止める家康ですが、表向きの顔とは裏腹に、
腹の中は三成が憎らしくて仕方ない。かれがいい人として家康を演じるほど悪人にしかみえてこない。役所さん自身もいい人なので、それが先入観になり何を考えているのかわからない家康像を作り上げているのです。今回、第二の主役となるのが島左近。三成より20歳も上ですが、三成に口説かれ軍師として使える。演じるのは平幹二朗の息子で平岳大(たけひろ)さん。そして原作にも登場する伊賀の忍び初芽を有村架純が演じています。ある事件で三成に命を救われ石田家の犬として尽くす。そのなかで三成との淡い恋が今回エッセンスになっています。戦国時代の女性像を取り入れたことで、女性にも見やすい歴史ロマンとなります。一番驚いたのは、豊臣秀吉役の滝藤賢一さん。彼は名古屋出身とあって、「みゃあ」「にゃあ」「ちんちんの湯」など尾張弁が完璧!ネイティブすぎます。今までみてきた秀吉の中で一番秀吉に近かったのでは?!

ハードなでリアルな合戦シーンは、槍の使い方ひとつにとっても史実への敬意とこだわりをもっています。日本人が忘れかけている「義」をつらぬいた人々の生死をかけた
ドラマチックな歴史エンタテイメント。ぜひこの地域の方は特にご覧いただきたい。


今日はプレゼントがあるということで・・・

「関ヶ原」からオリジナルグッズ(非売品)を、3名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
8月 28日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ シネマフラッシュ


8月26日からミッドランドスクエアシネマにて公開の
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

<あらすじ>
ノラ猫を助けたつもりが、助けられたのは自分だった。世界中をほっこりさせた心温まる感動の実話が遂に映画化。イギリスで一番有名な茶とら猫「ボブ」とストリートミュージシャンのホントの話。ストリートミュージシャンのジェームズは、ドラック常用者で親にも見放され生きる希望も持てずにいた彼の前に現れたのが怪我をした茶とらの猫ボブでした。自分の食べ物もろくに買えないのに、ボブの怪我を治し、一緒に住み始めます。ボブはジェームズに生きる希望とチャンスを与えます。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「いまや大スター!猫のボブ」
いやはや、いまや世界中で空前の猫ブーム到来と言われていますが、世界で最も注目なのが、この映画の主人公ボブなのです。拾った猫に救われて、捨て鉢の人生が一変する。まさに「猫の恩返し」といいたくなるストーリー。原作は12年3月にイギリスで出版されると、ベストセラーになり販売部数は世界中で500万部、続編2冊を合わせると、計1000万部を越える大ベストセラーとなっている。大人気のボブ君。年齢は推定11歳。ジェームズと出会ったのは07年。当時、ケガをしていたボブはジェームズに手当をされて、元気になりボブは「ずっとそばにいよう」と決意する。以来、ジェームズとは片時も離れていません。
そしてナント!!映画では奇跡的に本物のボブがボブ役でほぼ90%出演しています。
ほとんどの映画は、タレント猫が使用されますが、モデルになった当人が自分を演じるなんてそうそうありません。ジェームズ役の俳優にもとてもなついてまるで本当の飼い主のように堂々と演技を見せてくれています。芸を仕込んだタレント猫ではなく、トレーナーも不在だったという自然体がすごい!ボブがジェームズのギターの上に乗って路上ライブをするとたちまち人が集まってきます。そして、彼の演奏をうっとりしながら聴いている姿は猫好きじゃなくとも心を奪われてしまいます。それにしてもバスに乗ったり、仕事場に歩いてついていったり、ハイタッチが得意だったり、猫もそんなことができるのだと感心しました。彼のギャラは、キャットミルクと猫用のチーズ。ちなみにジェームズは、ボブのお陰でベストセラー作家。慈善事業家として今では自宅を購入するほどの成功者となっています。しかし本の売り上げはほとんど慈善団体に寄付し、今でも街角でボブと唄っているそうです。

その② 「感動の人間ドラマ」

実話が映画化となるとセミドキュメンタリーのようになり時間軸を追ってしまう作品が多い中、本作はあくまでも一人のストリートミュージシャンがどん底から這い上がっていく感動のエンタテイメント作品として仕上がっています。本作はボブが主役ではなく、猫が可愛い動物映画にもなっていないのです。物語ではボブに必要以上の感情移入をさせず、ジェームズを見守る存在としてナチュラルに描くことでジェームズがどん底から立ち上がるまでの人間ドラマにしあげています。ストリートミュージシャンとしてのジェームズの収入は月に3000円。彼がボブを連れて行った動物病院は保護団体が経営しているので治療費は無料ですが薬代は毎回3000円以上。そのお金を稼ぐためにも彼は本気で生きていく、
薬を絶つ決心をするのです。そして、ジェームズがボブを肩に乗せていつも歩くように
ボブからみた猫視線のロンドンの風景も映しています。ボブとジェームズは常に同じ視線で生きているのだよと、優しく観る物に語りかけいるのです。

今回はもう一本オススメ!

イギリスの鬼才エドガー・ライト監督の最新作「ベイビードライバー」
天才的なドラインビングテクニックで犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」ベイビーは、
子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができるという、驚きのアイディアで展開するクライムアクション。音楽とカーチェイスが見事にリンクした映画と洋楽ファン必見の作品です。こちらは8月19日より(今週末)主要シネコンにて公開です。



プレゼント

「ベイビードライバー」のムービーチケット(ムビチケ)2名様にプレゼント!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
8月 21日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


ハイジ アルプスの物語 シネマフラッシュ



8月26日から各シネコンにて公開の「ハイジアルプスの物語」

<あらすじ>
世界で一番有名な少女ハイジが実写化。高畑勲、宮崎駿らのアニメシリーズ「アルプスの少女ハイジ」は日本で生まれ、世界中に広がったアニメです。これがハイジ像定着し、いまでも子どもに見せたい名作アニメとして愛されています。アルプスの山の自然に囲まれ、優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ、ところがある日大富豪のお嬢様のクララの話し相手にと、フランクフルトの都会に連れて行かれることに。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直で元気なハイジに励まされ元気を取り戻していきます。基本的にお話は原作、日本のアニメーションと同じです。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その① 「ハイジの世界観、そのもの!」
ハイジが実写になるのはこれで5度目になります。アメリカ(シャーリーテンプルが主演)、ドイツ、イギリス、そして本国スイスは1952年と続編55年に公開されたハイジ映画はモノクロでした。そしてしばらく製作されていませんでしたが21世紀版ハイジの登場です。
アニメーションはとても有名ですが原作が世に出たのは1880年。長い間、世代や国境を越えて読み継がれている物語だけに勇気ある実写化だなぁ〜と思いましたが、オープニングの映像をみて一安心。あのアニメに出てくるおじいさんの山小屋がそこに映し出されていました。そしてなんといってもハイジを演じた子役がハイジそのものだったのです!

雪山の風景、山小屋、雪をそりで走るシーンやペーターの山羊飼い、歯が悪い盲目のおばあちゃんの白パン、ヤギの乳搾り、ペーターの三角帽子、ロッテンマイヤーにセバスチャンも、アニメとそっくり。美味しいそうだな、と、誰もが思った?!・・・火で炙った黄金色のとろけるチーズをのせたパン、など、期待を裏切ることなくアルプスの少女ハイジの世界を映し出しています。物語は全部知り尽くしていますが、とても新鮮な気持ちで観られました。

その②「こだわりのロケーション」
19世紀の話ですからロケーションも細心の注意を払い、20世紀以降に作られた物はすべて取り除かれています。もちろん干し草のベッドも登場。スイスには干し草のベッドのある宿があるそうです。ハイジが冬の間学校に通う家がある村は、19世紀の面影を残しているということで52年の映画で使われたラッチという村で撮影されていますが、そこはハイジの村としていまも観光客が訪れるそうです。ハイジが絞りたてのやぎの父を飲み干し、口のまわりの真っ白にするシーンはアニメでもありますが、実写だとそれがより美味しそうにみせています。ハイジがフランクフルトでホームシックになり、おんじと山で再会するシーンは泣けちゃった。心温まる物語とアルプスの美しい景色で夏の疲れを癒してみてください。


もうひとつ、お知らせです。

今年もあいち国際女性映画祭2017が開催されます。26本の国内外の女性監督による映画や、長編短編映画のコンペ、黒澤明の上映で仲代達矢さん、司葉子さんがゲストなどイベント上映も盛りだくさんです。9月6日から8日までウィルホールほか、
共催市町、ミッドランドスクエアシネマでも上映が決まっています。映画祭のお問い合わせは052−962−2520です。


プレゼント

「あいち国際女性映画祭2017のペアチケットを3名様にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
8月14日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


スパイダーマン・ホームカミング シネマフラッシュ


8月11日から各シネコンにて公開のスパイダーマン・ホームカミング

マーベルコミックの人気ヒーロースパイダーマン、今まで3度映画化されていずれも大ヒット。2017年新生スパイダーマンの登場です。2016年に公開された「シビル・ウォーキャプテンアメリカ」はアベンジャーズの内乱が描かれていましたが、
その中でアイアンマンがスカウトした設定でちらっと初お見えしていたのが新生スパイダーマン。今回は研修生スパイダーマンがアベンジャーズに加入するためへの試練をコミカルに描いています。様々な試練が待ち受けている見習いスパイダーマン。先輩の導きで正式にアベンジャーズに参加することが出来るのでしょうか?


<松岡ひとみの注目ポイント>

その①  「 放課後 は 「スパイダーマン」 」
ニューヨークに住むスパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。 成績も抜群で語学もスペイン語が堪能。放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。ヒーローとして正式に認められるためアイアンマンことトニーの秘書とアイアンマンに、つねに報告するのですが、彼らは忙しくて相手にしてもらえない。認めてもらいたいが為に、その活動を自撮りしてSNSにのせたり、YouTubeで話題になるように派手なパフォーマンスもおこないます。また、今までは誰にもいえないことが、スパイダーマンの苦悩で、はがゆい部分でもありましたが、このピーター君は、親友にぽろっと自分がスパイダーマンと言ってしまったり、おっちょこちょいな部分も新しくて面白いです。悪党を追い詰めても最新鋭超多機能スーツを使いこなせず、アタフタして逃がしてしまうなど、若さゆえ相手に甘く見られて必至さ故に空回り。そんな15歳のピーターが可愛くて、誰もが親になったように見守るのです。最近は将棋の藤井四段、サッカー・スペインのクラブ「バルセロナ」に所属していた久保選手など10代選手が活躍するのとおなじく、この年齢だからこそのひたむきさは心を熱くさせ、応援したくなる。15歳の少年の青春映画としても十分たのしめます。
ちなみに新生スパイダーマンを演じるのは1996年生まれのイギリス俳優21歳 トムホランド。彼を指導する父のような存在アイアンマンことトニースタークはもちろん、ロバートダウニーJR

その② 「コミックへのオマージュ」
今までトビー・マグワイア版『スパイダーマン』3部作やアンドリュー・ガーフィールド版『アメイジング・スパイダーマン』2作など度々映画化されてきたスパイダーマン。今作では初めて他のマーベルコミックのヒーロー、アイアンマンが登場します。スパイダーマンとアイアンマンが一緒に空を飛ぶなどマーベルファン感涙のシーンも満載なのです。本作のスパイダーマンは喋ったり食事をするときは、マスクを半分ズリ上げて口元を出します。これは今までの映画の中では見られなかった貴重なシーンですが、コミック版ではスパイダーマンがこうやって食事をするのはお約束なのです。そのほか、コミックへのオマージュとして、ピーターの部屋には『スターウォーズ』シリーズに登場するC-3POやX-Wingのフィギュアが確認できます。親友とデススター(SW)のプラモデルを作るシーンもあります。
2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の中では、この新生スパイダーマンが『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)の話をするシーンもありました。どうやらピーターはかなりのスター・ウォーズファンという設定もコミックにあるそうです。


プレゼント!

「スパイダーマンホームカミング」からオリジナルグッズ(非売品)を2名様にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
8月  7日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!


ザ・マミー呪われた砂漠の王女 シネマフラッシュ



7月28日から各シネコンにて公開の「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」

<あらすじ>
ユニバーサルスタジオのモンスター映画を復活させるプロジェクト「ダークユニバーサル」の第一弾となる冒険アクション。トム・クルーズがM:I(ミッションインポッシブル)の万能スパイと異なり、特殊技能なしの米軍関係者を演じています。ある地下空洞でトム演じるニックが発掘した古代エジプトの石棺から王女アマネットのミイラが蘇る。彼女は古代エジプトで次期王女の座を奪われ闇に落ち生きたまま封印され、長い眠りから覚めた王女は現代のロンドンで人類への復讐を開始します。

<松岡ひとみの注目ポイント>

その①「蘇るモンスター」
「ザ・マミー呪われた座縛の王女」は、なんと85年前に作られたホラー映画「ミイラ再生」が元ネタなんです。メジャー映画スタジオユニバーサル映画が、「魔人ドラキュラ」(31)「フランケンシュタインの花嫁」(35)「透明人間」(33)「大アマゾンの半魚人」(54)などのモンスター映画を世に送り出してきました。怪物自体は小説にあるのでオリジナルではないものの、わたしたちがこれらのモンスターの名前を聞いて頭にイメージするのは
ユニバーサル映画が作り上げたのだと思います。例えばフランケンシュタインの首にボルトがささっているとか、包帯グルグル巻きのミイラとか、ドラキュラのマントなど。。。その有名なキャラクターを有名スターに演じさせるというプロジェクトがビックリです。まさかトムがモンスターと戦うとは!!2月にはスペインの俳優で今回パイレーツオブカリビアンにも出演しているアカデミー賞俳優のハビエル・バルデムが「フランケンシュタインの花嫁」でフランケンシュタインを、「透明人間」はジョニーデップが演じることになっています。
おびえながらもちょっとワクワク、ゴシックホラーは怖さよりも映像が美しいので見応えあると思います。


その②「トムVSミイラ」
5000年から目覚めたミイラ。マミーのことをこの物語の中ではミイラと呼んでいますが、
その美貌にトムもハニートラップされそうでした。この王女は会いよりも権力を求め、女王になるために死に神と契約までした女性。その身には強大な力と復讐心を秘めていり、彼女がどのように封印された壮絶な5000年前の過去も描かれます。復讐の鬼となった王女が、ロンドンを破壊していくという脅威のVFXシーンは、パニック映画のように人類を危機におとしめていきます。そんな王女と戦うことになったトムは、今までのどんなキャラクターともちがってユーモアあふれるマイペースな人物。発掘現場にいた彼の相棒とのコミカルなやりとりも面白く、美人の考古学者に翻弄され、後半はパニック映画にありがちではありますが、愛する人を救うという展開に。彼の真骨頂ともいえるスタントアクション(危険なアクションシーン)も健在で、特に無重力状態の飛行機墜落シーンは実際に飛行機を急降下させ、撮影されたそうで、ジェットコースターに乗っているかのように、見る側も体が浮いてしまうような感覚になります。ミステリアスな物語と冒険アクション、さらには恋愛要素もある美しきモンスター映画は見どころ(つっこみも)満載です。ホラー映画のような恐怖感、ゾクゾクするような怖さはありませんので、アトラクションムービーとして楽しんで欲しいですね。本作にはジキルとハイドの有名なジキル博士が登場します。ジキル博士が率いるプロディジウムという秘密組織が鍵を握っています。この組織は悪を見つけ調べて破壊するという研究を行っていて、基地内には「ドラキュラの頭蓋骨」「半漁人の手」などの標本が展示されているので今後のダークユニバースシリーズにもつながって行くのではないかと思わせます。ジキル役はアカデミー賞俳優「グラディエーター」のラッセル・クロウが演じます。

【プレゼント】

「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」から
Tシャツ、アイマスク、スマホイヤホンホルダーを、3名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503 東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
7月31日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!