山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ヨヂカラ討論お題(3月18日) ヨヂカラ討論

3月18日のお題は
「eスポーツを高校の部活に・・・・どう思いますか?」

対戦型のコンピューターゲームで技を競うeスポーツが東海地方でも広がっている。
愛知県立城北つばさ高校(単位制の定時制高校)では去年秋からeスポーツ部が発足
他にも三重県立松阪商業高校のコンピュータ部ではeスポーツチームが発足。

また名古屋にも校舎を持つ、私立ルネサンス高等学校がeスポーツコースを日本で初めて開設。
このコースでは、eスポーツに必要な
「実用レベルの英語力・コミュニケーション能力・強いメンタル」を育成するとのこと。
(2018年プレオープン・2019年から正式始動・大阪校と新宿校で実施)
今年3月に決勝が行われる「第一回全国高校eスポーツ選手権」には153チームが参加し、
決勝には東京、大阪、岡山、佐賀など全国の高校が出場する。

■eスポーツとは
エレクトロニックスポーツの意味。サッカーなど本当のスポーツのように、
個人やチームがオンラインゲームで対戦し、観客は大型モニターなどで観戦して楽しむ。

■市場規模
ゲーム情報誌の出版などを手がけるGz(ジーズ)ブレインによると、
2018年の日本のeスポーツ市場は48・3億円。
前年に比べ13倍の成長。2022年には約100億円規模に成長すると予測。

■正式種目にも
2018年8月にインドネシアで開かれた「第18回アジア競技大会」の
デモンストレーション競技にeスポーツが採用され、
ウイニングイレブン 2018部門で日本人選手が金メダルを獲得。
2019年の茨城国体での正式種目・文化プログラムとして行われる。
2022年の中国でのアジア大会からは正式種目になる予定。
パリ・オリンピック招致委員会は2024年パリオリンピックでeスポーツを
公式種目として採用する案も出ている。

前出の城北つばさ高校は、校長の「勉強以外の生徒の居場所つくりになれば」との思いで始まった。
部員からは、「部活のおかげで学校生活が楽しい。」という声も。
中には車椅子で生活する部員もいて、部活参加の幅が広がっている側面もある。

「高校の部活動にeスポーツ導入することについて どう思いますか? 」

ヨヂカラ討論コーナーは午後4時45分頃からです。

ハガキ〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!」係