山浦・深谷のヨヂカラ!

ブログ内検索

岡崎の殿様のお屋敷 エコヂカラ


古いお屋敷好きの私。またまた素敵な建物に出会ってしまいました!

モザイクタイルの美しい玄関を通り案内されたのは使者の間の呼ばれる和室。外観はレンガを使った洋風建築なのに中に和室がある和洋折衷のつくりは、私たちが住んでいる現代の住宅にも似ているような気がします。

ここは岡崎市の東公園の一角にある「旧本多忠次邸」

昭和7年に東京の世田谷に36歳だった忠次が自ら設計して立てた邸宅です。フランス瓦の屋根にモルタル壁の洋風建築で国の登録有形文化財にも指定されています。
本多忠次邸館長の小野鋼二さんにうかがうと・・・
「個人の空間として残っているのが珍しいんです。
36歳の独身の忠次さんが自ら建築の勉強をして当時の最先端のお家を作ったので、大変大切に荒れていたそうで、GHQに接収されても、手を入れず残ったという点が価値のある所です。」とのこと。
銀行やホテルなどのこの時代の建物は残っていますが、個人の家で残されているのが珍しいそうです。

忠次は徳川四天王として名高い本多忠勝の子孫で、最後の岡崎城藩主16代忠直(ただなお)の孫にあたります。平成11年に103歳で亡くなるまで暮らしたこの邸宅は途中GHQに接収されたり歴史に翻弄されますが、忠次が改築をしてくれるなと直訴の手紙を書いて(この手紙も展示してあります。)守ったというほど、愛情のこめられた建物です。

本多家から世田谷にあったこの家の寄贈申し出があり、忠勝のふるさとである岡崎市が手を上げました。平成13年に受託し、市民ワークショップなどを重ねて保存地の選定を行い、平成21年から復原工事に着手、24年に開館しました。
復原に際して、元の部材を最大限生かしましたが足りないところは新しく作らないといけません。
意匠のポイントとなるモザイクタイルは常滑で、瓦は高浜と、幸い地元に産地があったのですが、漆喰職人がいない・・・天井の漆喰細工などは特に苦労したそうです。
この家が復原されたとき、学芸員の中野さんは「お殿様が岡崎に帰ってきた!」と感じたそうです。忠次が愛したこの邸宅が岡崎の皆さんにも長く愛してもらえたらいいなあ~と思った瞬間でした。

岡崎市旧本多忠次邸は入館無料ですが30日までお屋敷の中にガラス器と花をかざった「アール・デコの煌き ルネ・ラリック展」が開催中。この期間は一般300円小中学生150円が必要です。
月曜休館。開館時間は午前9時~午後5時。入館の際、声をかければ案内してもらえます。

手作り石鹸 エコヂカラ


今日は緑いっぱいの岐阜県郡上市高鷲町で女性たちが手作りしている石鹸と化粧水を取材してきました。
高鷲I・Cからすぐの山あいにある工房。
代表の上田英津子さんは東京から地元に2011年に帰りアトリエキクを立ち上げました。
震災もあり、自分という体を作っている、この地元の素材を生かした丁寧なものづくりをしたいと、コールドプロセスの石鹸つくりを始めました。
コールドプロセスは非加熱製法ともいわれ、ぐらぐらと鍋で煮立てるのではなく、低温で素材を混ぜあわせ40日間の長い時間をかけて熟成する製法です。
手間はかかりますが、素材の成分が生かせる製法と言うことで最近見直されています。

都会で暮らしているとき、実家から送られてくる野菜は新鮮さの保ち具合がスーパーで買う野菜とはぜんぜん違う・・・と感じてはいましたが、実際地元の素材を使ってみて生きる力の強さを目の当たりにしたそうです。
そんななか、上田さんは地元の凄い素材に出会います。
それは創業元文5年(1740年)の郡上市白鳥町の布屋・原酒造場(ぬのやはらしゅぞうじょう)の花酵母日本酒。
花から採取された酵母で仕込む日本酒はコハク酸、乳酸、リンゴ酸を多く含みます。この成分はお酒の香り高さとともに、お肌の透明感を作る味方でもあるのです。
この日本酒を石鹸や化粧水に使いたい!と英津子さんは酒蔵を訪ねました。
本当に江戸からの歴史ある酒蔵で、断られる覚悟で伺ったらどうぞどうぞ!と、快く受け入れてくださって、そんなふうに受け入れられると、裏切らない商品を作らなきゃ!間違ったことはできないな~と実感したとのこと。
顔が見える地元ならではの安心と、信頼。
この関係性から生まれる製品もおのずと誠実なものになるのは想像に難くないですよね~
花酵母日本酒の石鹸は桜、菊、こぶしの3種類(700円~)
花酵母日本酒を30%配合した保湿液もあります。こちらも香り高く、しっとりして大満足の使い心地です。

10月15・16テレビ塔の下で行われる「ソーシャルタワーマーケット」にも出展しますので是非覗いてみてください。
電話 0575-72-6632

この模様は今週3日土曜日発行のリサに掲載されます。
名古屋市内にお住まいで中日をとっている方は見逃さないよう探してみてくださいね!
(名古屋市内配布の中日新聞朝刊に折込み、名古屋市の施設においてあります)
欲しい方には番組から5名にお送りします。


豊川の緑いっぱいの本屋さん エコヂカラ

創業明治7年の老舗書店が始めた新しいスタイルの本屋さん
「nido by Honey Bee Project」
6代目の高須大輔さんが「ミツバチが巣に出たり入ったりするように、お店にたくさんの人が集って欲しい」との思いから名づけました。

本・雑貨・カフェが一体となった店内には 雑貨コーナーにもさりげなく本が置かれていて
自然と本が目に入るつくりになっています。

また、カフェでは地元の有機野菜や果物を使ったメニューがたのしめ、
カウンター棚にミントなどのハーブが並んでいます。
このハーブは摘んでカフェメニューに使ったりしますが、無農薬、植物用LEDで育っているんです。
天井にも張り巡らされたパイプから観葉植物がぶら下がっていて緑がいっぱい!
この植物たちを手がけるのは豊橋の「プラネット」と言う会社です。
病院やレストランなどでは無視の発生を嫌うため土のない清潔な植木が重宝されるそうで
ここ、nidoの植物たちもLEDの光の下、元気に育っていました。

LEDだけでなく、外からの自然光もたっぷり入る明るい店内。
本棚に背板がないので お店の隅々まで光が入り、心地よい空間となっているんです。

長年名古屋で仕事していて、このnidoのオープンにあわせ地元へ帰ってきたスタッフの
都筑加依子さんは「何も楽しいものが無いと思っていた地元が実は素敵なものが満載だとnidoで気づかせてもらいました。nidoは地元のよさを発信したいという思いで出来たお店ですが、お客様と同じ立場で私自身が一番魅力を再認識しています!」と話してくれました。

山も海も近く、なんとなく人々もゆったりして優しいような・・・
名古屋からも近い場所にこんなに素敵なところがあるなんて、と、私も発見でした。
本とともにゆったりとした時間がすごせますよ。

nisoはJR飯田線牛久保駅から徒歩20分
豊川市千歳通りのアイレクステラス内
9時~20時 年中無休
電話 0533-56-7727
リサ7月号はこちら


名古屋発!風を感じる~ エコヂカラ

雨の日はうちの中ですごす時間が多くなりますが、家の中でも風を感じるものを紹介します。
日本発、名古屋発の紙と糸だけで作られたマニュモビールズの作品です。
モビールとは北欧で古くからある装飾品。「動く彫刻」とも表現され、天井から吊るしたり、やじろべいの様に卓上に置いたりと、ゆらりと揺れ動くモノのことです。
外が寒い北欧は屋内で楽しむ文化が発達していて、モビールやインテリアが大変お洒落。
何年か前からの北欧ブームで皆さんのお宅にも北欧物が1点くらいはあるのではないでしょうか?
空間を演出するモビールに可能性を感じ、日本らしいモビールができないかとアイディアを練り始めたのが、マニュモビールズを手がける今井淳二郎さん。
北欧のモビールは金属や木の棒から糸でモチーフを吊るしているのがほとんどですが、この棒も紙にすることで素材の一体感を出し、全体で物語の世界を作れないかと考えました。
空間を飾る、楽しむって、私自身考えてきませんでした。
最初はデザインがなんともかわいらしくて思わず買ってしまったモビールでしたが 実際部屋に吊るしてみると、風が吹けばふわふわと揺れ、モビールの登場人物たちが楽しそうに動き出すのです。
さらにこれまではあまり好きじゃなかった強い日差し・・・モビールに当たってかわいらしい影を作ってくれる日もあるんです。
自然の変化を 部屋にいながらにして感じられる。モビールのおかげです!

マニュモビールズのモビールは紙と糸だけでできています。
今井さんがデザインしたデータを色画用紙に落とし込み、カット。3枚の紙を寸分のずれなくぴったりと張り合わせて出来上がります。
紙と糸というシンプルな構造だけに、少しのずれ、接着剤のはみ出しが製品のレベルを落とし、工作のようになってしまいます。
重要な張り合わせの工程は 障害者施設に依頼しています。
誰でも出来そうな貼り合わせ作業ですが、先述のように高度な技術と集中力が必要。
現在4施設と契約し、それぞれ1~2人しか出来る人がいません。しかし、仕上がりはほぼ100%完璧!この仕事に合致する才能に出会えたことが マニュモビールズの製品レベルを上げているのです。
障害のあるひとの才能を生かし、やりがいと相応の対価を生み出す。
これこそ、フェアトレードだ!と、個人的に興奮してしまいました。
マニュモビールズは栄・星が丘の三越子ども服売り場で販売中。
1セット\3200くらい。
子どもも参加できるワークショップも開催されているので、見つけたら是非参加してくださいね。

この様子は写真入で環境フリーペーパー「リサ」に掲載。
リサは毎月第一土曜日発行。
名古屋市内の中日新聞に織り込まれます。
または名古屋市内の公的施設にもありますので是非ご覧ください。
HPはこちら


やわらか煮たこ エコヂカラ


3月14日月曜日まで開催中の松坂屋、東北6県物産展。
カウンターでイートインできるお寿司のすし哲さん。
親方自ら宮城からこの期間名古屋に来て絶品お寿司を握っています。

鮮やかな有田焼きのお皿に盛りつけっられたおすし。
本店と同じ高さに作られたカウンターで頂くお寿司はシャリがほんのり人肌で
口の中ではらはらとほどけていくような感覚。
考えるだけでたまらないお寿司の数々です。

日本一のマグロも捨てがたいのですが・・・
中でもオススメはやわらか煮だこ。
本当に噛まなくてもたべられるくらい柔らかい。
生のタコと比べ5分の1くらいに凝縮されたたこ。でも!柔らかいんです。

その秘密は・・・・
親方の白幡泰三さんにやずねると・・・・
そこは秘密なんだけどさあ・・・と言いながらも教えてくださいました。
ポイントは大根のジアスターゼ
切った大根の断面で生タコの足をごんごんたたく。
するとタコの繊維が分解され、柔らかくなっていくのだそうです。
朝の板場はそれはもう、凄い音だそうですよ。

震災のときは2メートルの津波にのまれたすし哲。
真っ暗闇の塩釜をみて、これは誰かが電気をつけなくちゃなんない・・・!と、
必死の思いで4月29日には再開。
今は何にも無かったような綺麗な海が広がっているそうです。

東北6県物産展は3月14日月曜日まで。
イートインは勿論、
お持ち帰りのやわらか煮たこは100グラム1650円です。

すし哲(塩釜本店)022−362−3261