山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

くるみるく むしゃむしゃ修業

むしゃむしゃ修行・おとり寄せ編」

長野県に日本一の胡桃の産地があるのをご存知ですか?
それは長野県東御市(とうみし)。
小諸と上田の間にあります。
オリンピックに向けた高地トレーニング用の陸上トラックもある
標高500~1000メートルに市街地が広がるところです。

この地でくるみ生産が始まったのは大正時代。
大正4年に大正天皇の即位記念として全戸にくるみの苗木が配られたことでくるみの町となり、
秋になると農家がくるみの実を収穫し集めていたのが現代まで続いて、
日本一の胡桃の生産地になっています。
(胡桃農家と言うものがあるわけではない。)

くるみは中性脂肪を下げ血圧を安定させる効果もあり、健康の面でも注目されています。

この胡桃を使ったお菓子を作っているのが
お菓子処花岡。
現在4代目となる花岡かつ子さんのおじいさんが始めたお店で
胡桃を使ったお菓子がいろいろあります。

祖父・父・ご主人、そしてかつ子さんがついだこの店。
お菓子屋さんは朝早くから夜遅くまで、手間隙のかかる仕事。
この地方では「ずくがいる」と言われるそうですが、
何より大変な仕事のためお菓子屋さんは継ぎたくない、
学校の先生になりたいと一時は思ったそうですが、地元で愛される味を絶やさないために、
一人娘のかつ子さん夫婦でお店に入りました。

ご主人は地域の活動もされていてそんな中からお菓子のアイディアが生まれたんだそうです。
花岡かつ子さんにお話伺うと・・・・
「この町で主人が地域活性化の活動をやっていてその中で街路事業として胡桃を植えたんです。
お店の前にあるその実をモチーフにお菓子が作れないかとかんがえ、
店頭で取れた胡桃で型を取って作ったのがくるみるく。
もなかの皮はその当時の胡桃のおおきさ。今はもう少し大きくなっていますが、
当時の木からとれたくるみが懐かしく思い出されるおかしです。」とのこと。

お店の前にあったくるみで作った最中の皮
今から5・6年前の大きさなのでちょうど一口サイズ・小ぶりな胡桃です。
くるみは反対から読むとミルク・・・と言うことでくるみるくと名づけ
キャラメルのほろ苦さで甘ったるくない胡桃のお菓子が完成しました。
最中といってもミルキーで洋風な仕上がりです。

ちなみに地域活動に熱心だったご主人は現在、東御市の市長としてがんばっていらっしゃるそうです。
高地トレーニング用のトラックにつづき、プール建設も目指しているそうです。
ゆのまる高原、
東京オリンピックの時には耳にする地名になっているかも知れませんね。

くるみるくは6個いり\710
お菓子処花岡のオンラインショップで買えます。
問い合わせは0268-62-0236

大曽根・みのや北村酒店の冬の名物! むしゃむしゃ修業

大曽根駅前の酒屋さん、みのや北村酒店

お酒や調味料、エコグッズ、タバコを小さな店内にたっぷり取り揃えるお店です。
店内でそのまま飲める
立ちのみ・角打ち(かくうち)のお店としても知られています。
朝から飲んでるおじ様がいるかと思えば・・・・
 オーガニック食材を求めて子供連れの若いお母さんが来店したり、
夜はなじみの客が集うという幅広いお客さんが集るお店。

みのやの冬の味覚と言えば・・・

・味噌煮込みうどん!

西尾のはと屋さんという味噌蔵が作ったものです。

はと屋さんは現在9代目伝兵衛さんが当主という歴史ある味噌蔵。
そもそもは、このはと屋の味噌に惚れ込んだ
みのやの北村さんが10年前からお店で売っていたのですが、(量り売りもあり!)
その関係で「味噌煮込みうどんを開発したんだ!」と相談され、扱うようになりました。

大人気の味噌煮込みうどんについて
みのやのあきちゃんにお話聞きました。
「いや~・・・・最初は売れなくて(笑)
店頭で試食用に味噌煮込みをつくってははと屋の担当者と一緒に
皆さんに勧めてたんです。
ここ4・5年で人気が出て、冬の風物詩みたいになっています」
との事。

西尾のはとやの味噌は、100年以上の木桶で仕込み、3年熟成させたもの。
3年が味噌のアミノ酸がピークになるとの事で
うまみ成分がたっぷり含まれた国産の豆味噌です。
そこに国産小麦を使用した低温熟成麺をあわせ
名古屋土産にもぴったりの味噌煮込みが出来ました。
今では東京からも注文が入るくらい。
お歳暮ギフトにもよく使われるそうです。

「熱を持って説明する!!!」と話してくれた みのやのあきちゃん。

はとやの味噌蔵にも行き、直接自分の目で生産現場をみて、
作っている人の話を聞くことで、商品一つ一つのよさをお客さんに伝えることが出来るんだと話してくれました。
味噌は3年、しょうゆや酒・みりんなど、
みのやの商品は熟成発酵させたものが多いです。
生産者が仕込みの段階ではどんなものが完成するかわからない、
3年先を見据えて仕込むという味噌に、夢を感じるとの事。

みのやの味噌煮込みうどんは2食いり\650 4食いり\1230

お店は大曽根駅北、環状線沿い。
地下鉄大曽根駅6番出口からは徒歩10秒です。
平日8時半~22時まで日曜休み 
電話052-722-0308

ラジオで紹介した当日は人気のため欠品していましたが
今は無事そろっていますので。ぜひ!
私もまた買いに行きます~~


おいしい和食だし むしゃむしゃ修業

おせち料理やお雑煮に欠かせない出汁。
料理の基本と言える出汁は重要でもあり、好みもいろいろ。
私は魚くさいのが苦手なので あんまり煮出さないようにつかっています。

最近おいしい出汁に出会い、料理が格段に風味豊かになりました!
それは・・
日本自然発酵の「おいしい和食だし」
2016、2017年 2年連続モンドセレクション金賞受賞
そのまま飲めるくらいさわやかな酢「おいしい酢」でおなじみの会社です。
おいしいシリーズとして、この出汁パックや液体の白だし、おいしいしょうゆなどさまざまな商品が出ています。

2015年に発売した出汁パックの中では新顔ながら人気はうなぎのぼり!
理由は素材のよさ。
焼津の鰹節、九州の宗田鰹節の2種類をブレンド。
煮干も、あごといわしの2種。
何種もブレンドすることでひとつの味が突出することなく、まろやかにまとまる。
そこに北海道利尻昆布が加わり、あっさりしていながらコクのある、目立ちすぎないけど素材をちゃんと生かす名脇役が出来あがった。

1~2分煮立ててとるだけのお手軽パック。
家のごはんはこれで出来ていると言ってもいいほどなんです!
が・・・・この出汁を気に入っているのは家族だけじゃないんです。
実は猫も大好きで、三角コーナーに捨ててるパックを猫が狙ってるんですよ~と話したら・・・・
日本自然発酵の八木則夫さんに怒られちゃいました!
「深谷さん!だめですね~中身を捨ててはもったいない。
焼きうどんに混ぜたりチャーハンやご飯にそのままかけたりしてもおいしいんです!
それがこのまろやかなおいしさの秘密でもあるんですよね。」と!!!!
八木さんすみませんでした。

スタジオではこの日のピンチヒッターだったアンダーポイントのお二人に
そのまま飲んでもらい、
そのあと、
出し巻き卵試食。

お店屋さん並のおいしさ!とほめられました。

無添加の出汁なので 安心して家族のご飯を作れます。
1袋に30パックで1685円
5袋セットだと1袋あたり1432円
WEBショップ おいしい宅配センターまで。
フリーダイヤルは0120-33-8949


ぱんみみ むしゃむしゃ修業

食パン専門店が増えている名古屋。
2017年のパン、と言えば食パンだったかも・・・

今年10月に東新町の東急ホテルならびにオープンしたのが「ぱんみみ」
耳までおいしいパン、がコンセプトのお店。

1斤330円のレギュラー・ちょっとリッチなプレミアム450円
ラム酒に一週間つけた大粒レーズンをたっぷり練りこんだレーズン480円
そして、粒粒のチーズが見た目にもアピールしてくるチーズ550円です。

ぱんみみの目指すパンは「毎日飽きないパン」
だから、個性の強すぎない、自然なおいしさ。
小麦の味がしっかりするパンを目指して配合しています。
このぱんみみを手がけるのは名古屋で豆屋ビーンズなど飲食店を多数展開しているゲンゲコーポレーション。
みみまでおいしいというポイントについてパン事業リーダーの石阪稔浩(いしざかとしひろ)さんに伺いました。
「耳はもちろん、生地全体がおいしいことが耳のおいしさにつながるので全体の調和が大切です。
全部が大事なんです!」との事。

焼きたてだと、ふわっふわでスライスできないくらい。
特に、レーズンとチーズは中身がつぶれてしまうので 基本はスライスを断っています。
出来立てを買ってきて、ちぎって食べるのが一番のお勧めです!

チーズの原料は・・・・
北海道産の2種類のチーズ
粒・・・チェダーチーズ  空洞・・・パルメザン(溶け込んでいる)
生地は北海道と、信州産の小麦をブレンドし、もっちりした食感。

トーストする場合は そのままで。
バターなどをつけずに、チーズの風味を楽しんでいただくのがお勧めです。

ぱんみみ
中区栄 ピボット東新町ビル1階
052-241-8033
10時~20時 日曜定休
広小路とおり沿い、東急ホテルの並びです。


やまとたちばな むしゃむしゃ修業

江戸時代から続く和菓子屋さん、
東海道53次の宿場町・三重県の関宿にある「深川屋」
関の戸という漉し餡を牛皮で包み和三盆糖をまとわせた由緒正しいお菓子。
なんと・・・・新しい味が誕生しました。
その名は
関の戸・やまとたちばな

このやまとたちばなという柑橘は、三重県の鳥羽市と答志島にしか自生していない日本古来の柑橘。
答志島の古木は県の天然記念物に指定され鳥羽市の市の木にもなっているもの。

お雛様の右近の桜・左近橘としても登場します。橘には「不老長寿」を願う役割もあるとされていて、
文化勲章の文様はやまとたちばなの花を模したもの、と、日本古来のものなんです。

日本書紀や古事記、万葉集にも「ときじくの、かぐのこのみ」という文章で、永遠に香る果実、と書かれています。
その魅力はなんといっても香り。

深川屋の服部亜樹さんが、やまとたちばなと出会ったのは・・・
実はつい最近だったんです!!!
今年のお伊勢さん菓子博に深川屋も出展していましたら 香りが会場に漂っていて~
それがちょうど隣のブース、鳥羽商工会議所が出していたやまとたちばなの香りでした。
えもいわれぬ香りで・・・・ずっと心に残っていたと言う服部さん。

答志島桃取地区の山の中、ほとんど登山のように登って収穫するやまとたちばな。
これまでは鳥羽商工会議所が果汁をポン酢に、皮を乾燥させたパウダーお菓子に加工して細々と販売していました。
この三重県ゆかりの柑橘を形にしたい!と和三盆との配合を嫌と言うほど繰り返しました。

香りは量に比例しますが、たくさん入れると柑橘の苦味が強くなる。
ほどよい塩梅、和食と同じで食べた後にほんわかと、香りと風味が余韻として残るようなバランスに仕上がりました。

ヤマトタケルのみことと、その妻であるオトタチバナ姫の2人の名前が一緒になった
やまとたちばな。
伊勢神宮のある三重県に自生するこの柑橘が 神話の国、三重で
歴史ある和菓子と一緒になったというストーリーも素敵です!

関の戸やまとたちばなは和三盆とやまとたちばな3個づつのセットで\864
やまとたちばなが貴重なので現在は関宿の本店のみで販売。
和三盆と伊勢茶味は三越でも販売しています。