山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

290スイーツ むしゃむしゃ修業


尾頭橋の交差店にあるケーキ屋さん、290(ニーキューマル)スイーツ。
もうすぐ11年を迎えるお店で 子どもからお年寄りまで幅広いお客様が集うお店です。

実は 老舗和菓子店、最中でおなじみの不朽園の次男として生まれた
杉村なおひろさんの お店です。

隣では ご長男さんが不朽園をついでいるんですが、
なぜなおひろさんは洋菓子の道へと進んだのか・・?
それには理由がありました。

「僕はあんこが苦手で今はだいぶ克服したんですが・・・・それで洋菓子の道へ。
このスイーツのお店には不朽園の紙袋を持ってケーキを買いに来る方もいらっしゃいます。
子どもにはケーキ、自分には和菓子をってことで、両方買っていってくださるということですかね。」
とのこと。

あんこは苦手でしたが、毎日あんを炊いて和菓子を作り、ひっきりなしにお客様が訪れ
る・・・そんな光景を見て育ったなおひろさんは自然とものづくりの世界を志すようにな
り、東京の洋菓子専門学校に進学します。
東京でも修行をしたんですが、古くからの街道である尾頭橋の雰囲気が忘れられず、自分
が育った場所でケーキ屋さんを始めました。
ちょうど290スイーツの上がご自身の部屋だったそうです。

ちなみに290とは・・・
ふきゅうえん、を数字におきかえたもの。
もともとの不朽園ファンにも好評で、コメントにもあったように、最中を買って、その足
でケーキも買っていってくれる方が多い。

ショーケースに並ぶケーキは 不朽園の最中のように 素材の味をいかしたシンプルなケ
ーキ。価格も300円台と親しみやすい。
イチゴのショートケーキや、尾頭橋プリンなど素朴でおいしいものが並んでいます。
不朽園のアンを使ったスイーツも。
抹茶パフェ(ほうじ茶ムースいり)栗のあんこプリン
お父さんから「あんこをやれー!」と、プレッシャーをかけられて開発した(笑)
不朽園にも和と洋のコラボ商品があり、スポンジ生地ではさんだカステラ最中もあります

甘さがくどくならないように、硬くならないよう
焼き具合を調整している自慢のふんわりスポンジもご賞味ください。

電話 052-321-7555
定休日水曜+第三火曜