【終了した番組】山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

信州りんごのおいしさをぎゅ~~~っと!! むしゃむしゃ修業

りんごのおいしいお菓子。
長野県安曇野で作られる「アップルアンドローゼス」のお菓子は
これまでのりんごのお菓子は茶色・・というイメージを一新します。

お店の名前の通り、アップルをローズのように美しく飾ったタルトが代表。

代表の呉羽さんご夫妻は
だんなさんが写真家・デザインの仕事
奥さんがホテルマネジメントやフラワー装飾の仕事をされていた。

だんなさんの仕事の関係で海外に行ったとき、
日本産のりんごを見かけるとすべて青森のもの。
長野県小布施出身のだんなさんは
「長野のりんごもおいしいのに!!!」と、
熱い想いが湧き上がり、帰国したあと2015年に安曇野にお店を構えた。

おいしいりんごを伝えために 生のりんごの輸出も考えましたが、
日持ちするように加工して沢山の人に食べていただきたい!
さらにデザインの仕事をされていたご夫婦のこだわりで、
「見た目にも美しい、目を惹くものを!」と考え、
りんごを皮ごと薄くスライスし、一枚ずつ、花びらのように巻き、
タルトの表面にまるでバラの花が咲くように仕上げた。

あまり火を入れると色が悪くなってしまうので調整してしゃきしゃきした食感も残るように。

すると、高い評価を得て、
去年三重県で行われた全国菓子博で最高位の名誉総裁賞を受賞!!!

皮ごと使える秘密は、地元りんご農家と契約を結び、
アップル&ローゼスのために農薬を使わず育ててもらっているから。
素材の良さは折り紙つき、そこに美しさとアートを表現した。

実は・・・茶色いお菓子もある。
「タタンポップキャラメル 」
りんごの甘酸っぱさとキャラメルの甘さが絶妙なハーモニーを奏でている。

アップル&ローゼスの呉羽依里さんにタタンポップキャラメルについてきいてみました。
「タルトタタンを作る要領でじっくりオーブンで、何度もひっくり返して焼きこんでいきます。
すると、りんごのおいしさが凝縮して、プリップリに・・・
大きなりんごが小さく小さく凝縮されて、ロリポップキャンディーのような大きさの
このタタンポップキャラメル2個で生のりんご1個分!
贅沢ですね、ほんとに」 との事。。。

4~5時間オーブンで焼いたりんごを丸くまとめて棒を差し、生キャラメルでカバー。
今は作る人が少なくなった紅玉の甘酸っぱさが口の中でじゅわ~とあふれます。
タタンポップキャラメルはwebショップで10個いり2916円。
お店は安曇野かアートヒルズミュージアム敷地内。
電話 0263-31-0655