山浦・深谷のヨヂカラ!

ブログ内検索

カマダのだし醤油 むしゃむしゃ修行


「むしゃむしゃ修行・おとり寄せ編!」

香川県といえばうどん県!
出汁と醤油が決めてのうどんつゆですが、そんなうどん県でうまれたおいしいだし醤油を。
実はうちのご飯はこれがないと作れない!というくらい頼り切っているのです。

カマダのだし醤油。
創業1789年寛政元年という歴史ある会社。
もともと塩田地帯だった坂出で220年にわたり醤油を作り続けている。
今日のだし醤油も、歴史があります。
鎌田商事の木村里美さんにお話をききました。
「実は50年前からこのだし醤油はあるんです。毎日出汁をとるのは大変なので、以前から鎌田で作っていたうどんつゆでおかずを作ったカマダの職員が便利だよ!と話していてそれをヒントに商品開発されたものです。私もこれがないと料理できないです!!」
とのことで・・まさに、主婦の味方!

讃岐の濃い口の醤油に、さばや鰹節を水からだして、さらにこんぶは粘りが出ない状態で仕上げた1番だしをブレンドして薫り高いだし醤油に仕上げた。
だしが効いているのでしっかりと味はするのに 普通の濃い口醤油に比べて塩分25%減塩!

使い方は一番シンプルなのはひややっこ。
かけるだけ!
私にこのだし醤油を教えてくれた人は、ある居酒屋さんで食べた冷奴が異常においしくて、
確認したら、このだし醤油がポイントだ、と。
それ以来、私ももう13年使ってます。
ほかにも、かける・煮る・薄めるなんにでも!
そうめんなどのつゆにも使えるし、野菜の煮物、胡麻和え、たまごかけご飯。
バランスが難しい、炊き込みごはんも、これ1本で決まります。
まさに、味が決まる!という感じ。

カマダのだし醤油は200ミリと500ミリリットルボトル。紙パック。
鎌田のHpで変えます。
2本で直販価格756円。ほかにも4・8・12本いり。
うどんつゆやポン酢などもラインナップ。
HPか、フリーダイヤル0120-46-0306へ。

四谷三丁目あけぼの整体院・星野高宏さん 明日へのリンク

4月21日(金)・28日(金)の「浅井大司・明日へのリンク!」ゲストは、
四谷三丁目あけぼの整体院・星野高宏さんです!!



次回は、5月2日(火)16:11頃~16:18頃放送です!
7000円分の 一升びんの焼肉セットのプレゼントもありますよ!
お聴き逃しなく!

ヨヂカラ討論お題(4月17日) ヨヂカラ討論

ヨヂカラ討論、4月17日(月)のお題は・・・

ドライバーのおしゃべりを極力減らす
「サイレンスタクシー」が京都でスタートしました!
もしあったら利用しますか?しませんか!?


京都市内を中心に運行する都タクシーが
運転手からの声かけを控える「サイレンス車両」の試験運行を開始!

サイレンス車両はヘッドレスト裏に
静かな車内環境を提供する試みである旨を表示。
運転手は希望者の中から 少ない会話でもきちんと対応ができる
コミュニケーション能力が高い20〜60代の10人が担当しています。

ある調査によると・・・
Q.タクシーの運転手との会話は好きですか?という問いに対して
好き……100人(26.2%)
嫌い……281人(73.8%)
タクシーの運転手との会話が「好き」という人は少数派でした。

あなたはどうですか??

*****

ヨヂカラ討論コーナーは4時44分頃から!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp「山浦・深谷のヨヂカラ!」係

ヨヂカラ大喜利お題(4月21日) ヨヂカラ大喜利

ヨヂカラ大喜利4月21日(金)のお題は・・・

タクシー業界騒然!
その名も「半額タクシー」!
運賃は通常の半額だが そのかわり・・・!?


みなさんからの投稿をお待ちしています。
大喜利コーナーは4時34分頃から!早めの投稿をお願いします!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp「山浦・深谷のヨヂカラ!」係

ゴースト・イン・ザ・シェル シネマフラッシュ

現在、各シネコンにて公開中の「ゴースト・イン・ザ・シェル」

<あらすじ>
日本が誇る名作『攻殻機動隊』が『ゴースト・イン・ザ・シェル』としてハリウッドで実写化!これまでにも何度も映像化されてきた士郎正宗のSF漫画『攻殻機動隊』。押井守監督によるアニメ版は世界的に人気を博しました。全世界が注目する主演の草薙素子に当たる少佐役にはハリウッドを代表する女優スカーレット・ヨハンソン。人気キャラ強面のバトーにはデンマーク俳優のピルー・アスペツク、オスカー女優のジュリエット・ビノッシュら実力派が集結。日本からはビートたけし、桃井かおり、福島リラなどが参戦しています。物語は、脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された捜査官・少佐が、捜査組織“公安9課”の仲間とサイバーテロ事件を捜査するなかで、自身の過去が絡んだ巨大な陰謀を突き止めていきます。そこには驚くべき過去が隠されていました。


<注目ポイント>

その①「日本から世界へ」
1989年に士郎正宗の原作コミックが出版されて以来、「攻殻機動隊」はスピルバーグ、(タイタニック、アバター)のジェームス・キャメロン、(マトリックス)のウォシャースキー姉妹ら大物監督を筆頭に、世界中の熱狂的なファンを夢中にさせてきたこの人気シリーズはすでに記念碑的な日本のアニメ映画とテレビシリーズがあり、他にも小説、ビデオゲーム、モバイルゲームなどで広がっています。30年のあいだに作品が持つ世界感は、今もなお人気で二世代にわたって愛される作品となっています。1995年に押井守のGHOST IN THE SHELL攻殻機動隊」が公開され、その哲学的な物語とクールな映像にド肝を抜かれたのです。ジャパニメーションという言葉が生まれたのもこの作品がきっかけとなりました。そして2008年にスピルバーグが攻殻機動隊初となる実写化権を取得。さらに8年の日をかけて今回の実写がようやく完成し世界にむけて公開となったのです。
なによりもこのハリウッド実写版は、息をのむほど映像が美しい。ゴージャスな近未来の都市、アジアの雰囲気がありどこか懐かしさも感じます。高層ビルに林立するドデカイ立体CG広告やきらびやかなネオンサイン、なんだかあらゆる年代が一体化したような、混沌とした猥雑な感じは原作通り。そんなに遠くない未来は様々な人種、宗教が集まり、様々な國の影響を受けたごちゃ混ぜの文化。すでに大都市がそうなっているようにわたしたちの未来をみているようです。

その②「日本の象徴ビートたけし」
近未来の日本を舞台に発達したネットワーク社会で多発するコンピューター犯罪や、サイバーテロなどに対抗するため組織された超法規特殊部隊「公安9課」。指揮を執るのが荒巻大輔です。製作陣は日本の象徴的な存在であるハリウッド俳優・フランスでは監督として芸術勲章を受章しているビートたけしを起用。公安9課のメンバーに誠実な荒巻という男は、自らの職をかけて彼らを守るまさに理想のリーダー。スクリーンの中でビートたけしさんは、動きは少ないのですが、(ほとんど座っている)しかし、その存在感は圧巻。そして彼だけ英語の台詞ではなく日本語。すべてのキャストは英語ですが電脳通信で同時通訳が確立したということで、ビートたけし演じる荒巻の日本語が彼らには理解でき、荒巻はまた英語も理解し、答えるのは日本語。不思議に違和感がないのです。ただちょっと滑舌がわるいのか、声が小さいのか聞き取れないので字幕は入れて欲しかったかな。英語圏では字幕になるとおもうのですが、海外でみたほうが雰囲気はでるかもしれないですね。どんな言語でも理解できという電脳通信の同時通訳。近未来、こんなことが出来るようになるととても便利ですね!そして少しの出番でしたが桃井かおりが少佐の母として過去の記憶のシーンで登場します。少佐は記憶を書き換えられているのですが、担当医に本当の過去のデータを渡されます。それも本当かどうかは定かではないのですが。攻殻機動隊をしらないとわからないのでは?そんなことをよく聞かれます。もちろん、知っていた方がよいのですが、膨大な過去作品は、追っかけるには時間が足りない。ただ、原作や押井守のアニメ版は言葉も多く、哲学的で難解なイメージがありますが、さすがにハリウッド映画らしくかなりわかりやすく説明的になっているのと、アクションシーンも断然アニメより多いです。押井作品のように無言が何分も続くことはないのでSFアクションサスペンスとして、楽しめます。

【プレゼント】

「 GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊: 」 から オリジナル扇子 を 2名様 にプレゼント!

ハガキ 〒461−8503東海
ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
4月17日(月)必着でお送りください。
当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!