安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

安蒜豊三 きょうもよろしく
毎週月〜金曜日 5:00〜7:00
[ 番組 ] コーナー紹介 / パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

よろしく劇場  「朝が来る」

よろしく劇場  「朝が来る」  10月23日公開  
過去にテレビでドラマ化。

『殯の森』で、カンヌ国際映画祭「グランプリ」受賞した河瀨直美監督の最新作。
原作は直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月。

実の子を持てなかった栗原夫妻(永作博美・井浦新)と、
自分が産んだ子を育てることができなかった14歳の少女・ひかり(蒔田彩珠)を繋ぐ「特別養子縁組」を背景に、
現代の日本社会が抱える問題と家族の在り方を問う作品。

徐々にいきさつが明らかになっていくミステリー的な展開。
栗原夫妻の、子供を授かることができない苦しさ。
実の子を手放さざるを得ない少女・ひかりの苦悩とその後の喪失感、家族のなかでの孤立。
それぞれが迫ってくる。

頻繁に挟み込まれる森や海、花や鳥、無機質な都会、穏やかな瀬戸内海などの映像が、
それそれの登場人物の心象風景を表しているようだ。

絶望的な結末の予感だったが、最後は淡い救いの光がともされる。
それは、産みの母と育ての母が、それぞれの苦しみを抱えているからこその理解なのであろう。
そして、両者に共通する子供への献身的で絶対的な愛情。
たぶん、男は父は、本当の意味での理解はできないかもしれない。

瀬戸内海の小島の夕陽を眺めながら、
ヒカリが大きなおなかにいる赤ちゃんに、語りかけるシーンが切なく美しい。

また、ドキュメンタリー的でもあり、望まれない子を身ごもった女性たちを巡る社会の理不尽さや格差、
「特別養子縁組」制度への理解がまだまだ不十分な現実をしることができる。



よろしく劇場『プリズン・エスケープ』脱出への10の鍵


10/16(金)  よろしく劇場『プリズン・エスケープ』脱出への10の鍵

ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフ主演最新作。
魔法は使えない。伸ぶ放題の髪と髭ヅら。武器は、知恵と木でできたカギ。
“木鍵”を使った脱獄計画に挑んだ実話を映画化。

南アフリカ人のティムは、白人でありながら、アパルトヘイトに反対する
ネルソン・マンデラ率いる組織「アフリカ民族会議(ANC)」の活動を行い、
1978年にプレトリア刑務所に投獄されたが、 政権に対し抵抗のメッセージを送るために脱走を決意する。
木製の鍵を作って脱獄することを思いついたティムらは、看守らの厳しい監視の中、
綿密な観察、さまざまな道具を駆使して脱獄の準備を行う。

これまでの脱獄ものとはちょっと色合いが違い、極端なバイオレンスや豪快、颯爽とした感じは薄く、
看守が腰にぶら下げている 金属製の鍵の形を観察して,細かい木工作業にいそしむ地道な長い日々が続く。
必要なカギは10個、それぞれ作っては夜中に看守の目を盗んで試していく。
一番外のカギを開けるために、毎晩ひとつずつ開けて脱出範囲を伸ばしては、 それぞれの独房に戻る日々。
所詮、木製だから、途中で折れて鍵穴に残ってしまうトラブルや、
掃除用のモップの柄を改造した道具で、手が届かない鍵穴にカギを入れたりと、
手に入るものを活用していく知恵が楽しい。

白人にもアパルトヘイトと戦った人々がいたことは初めて知った。
とはいえ、ほとんど政治色はないので、ほぼエンタメとして見られる。
刑務所もそれほど厳重でもないのが気になるが、ハラハラの見ごたえは充分。
窮地を救うのは、冷静さと知恵であることを教えてくれる。

よろしく劇場 「スパイの妻」

よろしく劇場  
「スパイの妻」 10月16日公開  
ベネチア国際映画祭、銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞作。

黒沢清監督、蒼井優、高橋一生主演。

一九四〇年。戦争の足音が日本に近づいてきた頃、
聡子(蒼井優)は貿易会社社長の優作(高橋一生)と、何不自由ない満ち足りた生活を神戸で送っていた。  
仕事柄の外国人との交友や、舶来ものにかこまれた派手な生活がはばかられる時節柄だが、
優作は意に介することもなく、ナショナリズムに傾く世の中を冷静に見ていた。

ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航したが、偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまった。
正義感から、現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていく。  
当初、妻・聡子は、秘密を世界に告発しようとする夫に反対していたが、
事実を知り、夫と行動を共にすることを決意する・・・・


「非国民」と呼ばれようが、「スパイ」と呼ばれようが、
己の信ずる道を成就させるために愛する人も裏切る覚悟と策略。
だれが敵で、誰が味方か、信じあっているのか、裏切っているのか。
最後の最後まで目が離せない展開。
「お見事です!」

「よろしく劇場」 【星の子】

10月2日  「よろしく劇場」
「星の子」  10月9日(金)各シネコン公開  

16歳になった芦田愛菜の5年ぶり実写映画主演。
「むらさきのスカートの女」で芥川賞を受賞した今村夏子の小説の映画化。
監督は、「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣。

新興宗教にのめりこむ両親(永瀬正敏)(原田知世)と次女・ちひろ(芦田愛菜)の物語。
団体の商品「金星のめぐみ」という水によって、ちひろの重い湿疹はすっかり治ってしまう。
感動した両親は、団体にお金をつぎ込み、貧乏になっていく。
心配した母親の弟である雄三おじさん(大友康平)は、
「騙されているから目を覚ましてくれ」と訴えるが、二人の洗脳は解けない。
最後まで宗教に馴染めなかった長女・まぁちゃん(蒔田彩珠)は家を出ていった。

時は流れ、中学3年になったちひろは、若いイケメン数学教師の南(岡田将生)に恋をする。
ところが、儀式中の両親の姿を先生に見られたことで、ちひろの心が傷つき揺れる事態になる。


両親を信じる一方、疑いをぬぐい切れないちひろの心の揺れ動き、大人になりゆく様子が見事に表現されている。
大方の人から見れば、のめり込む両親は洗脳されていて、信仰をやめさせようとする雄三おじさんや、
「怪しい」といった先生のほうが常識的といえるし、この架空の宗教団体は明らかにカルトで怪しげだ。
しかし、信じている両親にとっては心のよりどころで、
その両親が大好きで、信じたいちひろにとって、インチキ宗教かどうかは問題ではないのかもしれない。
「信じる」というのは、どういうことなのか。考える余白をあえて残してくれるいい作品でした。
出ている役者さんがみんな見事でした。



 
   

新メンバー加入!!!


秋の改編の9月28日(月)から、「安蒜豊三きょうもよろしく」の5:00からのオープニングで、
新メンバー「東 桜 ひがし さくら」がニュース読みで登場します。

「彼女」は、バーチャルアナウンサー、いわゆるAIアナウンサー。
ニュース原稿を自動でよみあげてくれる音声合成サービスなのです。
凄い時代になったものです。
とはいえ、アクセントや微妙な間については、私が調整することも。
これまでのワンオペにプラスα。
「さくら」をかわいがってあげてください。

さてさて、「彼女」がメインパーソナリティーになる日はいつでしょうか。


PCで、「さくら」ちゃんにアナウンスを教えている図。