安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

安蒜豊三 きょうもよろしく
毎週月〜金曜日 5:00〜7:00
[ 番組 ] コーナー紹介 / パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

よろしく劇場「ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド」

12月3日 よろしく劇場
「 ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド」
12月3日公開 伏見ミリオン座、TOHOシネマズ赤池、109シネマズ明和

伝説のバンドザ・スミス解散のニュースが駆け巡った1987年、9月。
彷徨う5人の若者の一夜を描いた青春映画。

アメリカ・コロラド州、デンバー。
高校を卒業後、スーパーでレジの仕事をしているクレオは、
大好きなザ・スミス解散のニュースが流れても普段と変わらない街や日常にいらつき、
レコードショップの店員ディーンに「この町の連中に一大事だと分からせたい」と訴える。

やはりザ・スミスの熱狂的ファンでクレオに恋しているディーンは、
地元ヘヴィメタル専門ラジオ局に行って、ザ・スミスの曲をかけろとDJに銃を突きつけた。
つまり、ラジオジャック。
メタルとザ・スミスは水と油。ファンは、互いにバカにし合っているような関係。

一方、クレオとその仲間4人は、陸軍入隊前夜のビリーのためにオンボロビートルで、
友人のパーティーやゲイクラブなど、深夜の街をさまよう。
BGMは、ジャックされたラジオ局から流れるザ・スミスの曲。
その道程で、彼らが抱える十代後半にありがちな、未来への不安、焦りやイラつきが描かれる。

ジャックされたラジオ局では、警察が駆けつける騒ぎになるなか、
ディーンとDJミッキーがそれぞれの思い、身の上について語り始める。
互いに相いれない音楽ではあるが、 メタルDJミッキーは人生経験もあるまっとうなオジサン。
まだまだ青いディーンの思いを理解し、2人の距離が縮まっていく。

そんな、ドラマと並行してザ・スミスの名曲の数々とインタビュー映像で80年代が蘇る。
流れる曲がドラマのシーンとリンクし、歌詞和訳が字幕ででてくるので、理解しやすい。

私は、ヘヴィメタル派だったので、
日本では、おしゃれさんが聞いていたザ・スミスには背を向けていた。
しかし、この作品で当時の欧米の同世代が抱えたいたイラつきは一緒だったのかを知った。
時代が変わっても、形や表現は違っても、十代後半の焦燥感や青春の苦さは存在するのだろう。
成長した今となっては、恥ずかしくも愛しい記憶がよみがえった。


「東海ラジオプレミアムウィーク」 「早起きは3万のトク」

いつも「安蒜豊三 きょうもよろしく」をお聞きいただきありがとうございます。

「東海ラジオプレミアムウィーク」 期間中、
「安蒜豊三 きょうもよろしく」では、
「早起きは3万のトク」 ドカーンと実施します。

12月13日(月)から17日(金)の
生放送時間中にいただいたメッセージのなかから
1名様に3万円分の商品券をプレゼント。

キーワードとかクイズとか、面倒なことは申しません。
ただ、生で聞いてくださって、メッセージを頂ければいいのです。
一日の始まり、朝の様子や意気込み、予定など、なんでもつぶやいてください。
私と夜明けの時間を共有しましょう。


早起きしてりゃいいことあるかも。
当選者発表は翌週12月20日の番組で。

yoro@tokairadio.co.jp

よろしく劇場「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」

(c)2021 Zadig Productions (c) Zadig Productions – FTV

よろしく劇場  「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」
11月26日 伏見ミリオン座 ,岐阜/CINEX 12月15日,三重/進富座 1月8日  公開

2017 年、オークションで、レオナルド・ダ・ヴィンチの
最後の傑作とされる「サルバトール・ムンディ」=ラテン語「世界の救世主」
通称「男性版モナ・リザ」が、史上最高額となる 510 億円で落札された。
落札したのは誰で、目的は何なのか。
破格の値段がつくのはなぜなのか。
そもそも、この絵は本当にダ・ヴィンチ本人の作なのか。

もともとの13 万円から 510 憶円になったこの絵をめぐる
美術界の闇と巨額の取引の実態を暴くノンフィクション。

美術品をめぐるニュースの裏側を鋭く突いた作品。
アートの価値とは何なのか。
最後に得をするのは誰か。

美とは縁遠い、奇々怪々でえげつない現実・・・・・・

よろしく劇場  「カオス・ウォーキング」

『カオス・ウォーキング』
11月12日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開
配給:キノフィルムズ
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
出演:トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン

よろしく劇場  
「カオス・ウォーキング」  11月12日公開 愛知、岐阜シネコン

SF・アドベンチャー、そして青春モノのテイストも。
原作・脚本は、パトリック・ネスの SF 小説。  
〈混沌(カオス)の叫び〉 三部作の第一部『心のナイフ』。
つまり、続編があることが前提?

2257年、環境破壊の進んだ地球を旅立った人類は、 新天地の惑星〈ニュー・ワールド〉にたどり着いた。
だがこの星では、男は頭の中の考えや心の中の想いが 〈ノイズ〉となってあらわになり、女はなぜか死に絶え、
殺伐とした西部劇のような開拓地になっていた。

そこに地球からの第2陣で偵察に来た宇宙船が墜落。
たった一人の生存者である若い女性ヴァイオラをめぐる謀略。
ヴァイオラに心を惹かれ始めた青年トッドは、 彼女を助けるべく逃亡劇が繰り広げられる。

男が内心考えていることが、
テレパシーみたいに他人に音声や映像でバレてしまうというこれまでにない設定。
若いトッドは、ノイズのコントロールが未熟で、 考えていることが周囲にバレバレ。
そこに墜落した宇宙船のヴァイオラが現れる。
初めて見た女性にドギマギ、パニックのトッド。 下心が、彼女にもバレバレで呆れられる。
自分の下心や単純な発想が妻に見透かされている現実に重なり、苦笑い。

悪だくみをもってヴァイオラをとらえようとする一味に追われ逃げる二人。
カナダのような大自然のなかの逃亡劇は、西部劇のよう。
必死に彼女を守るトッドに、ヴァイオラも心を許し、ひかれあっていく青春ドラマの面も。

この星の先住生物の存在、
女性が絶滅した真相など、この作品ではその謎はあきらかにならない。
三部作の第一部ということで、もし続編が制作されたら明らかになるだろう。

よろしく劇場 『ほんとうのピノッキオ』

11月5日
よろしく劇場  『ほんとうのピノッキオ』
伏見ミリオン座 ユナイテッド・シネマ豊橋18 11/5公開
三重 伊勢進富座本館 1/15公開

誰もが知っている 「ピノッキオの冒険」を、映画化したイタリア産ファンタジー。
2021年・第93回アカデミー賞で衣装デザイン賞、 メイクアップ&スタイリング賞の2部門にノミネート。

驚くほどリアルに再現されたピノッキオの顔の木目は、特殊メイク。
ピノッキオを正しい道へ導こうとするコオロギ。
人間になる魔法をかけてくれる妖精や、 ピノッキオをたぶらかそうとするネコと狐も、 リアルで怪しげな造形。
そして、ヨーロッパ的なダークな世界観。

ディズニーアニメの健全さは微塵もない。
ジェペットの愛を裏切り、 好き勝手に生きる無知なピノッキオは、「クソガキ」そのもの。
ネコとキツネのクズっぷり。
人間社会のダーティーで愚かな面を表現。

「ほんとうの」とする所以なのだろう。
子供は、気持ち悪いと感じるかもしれない。
大人向けのアートな一本。