安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「そして、バトンは渡された」


6月7日  よろしく図書館
瀬尾まいこ 著「そして、バトンは渡された」

「2019年本屋大賞」
幼少期に実母を失くし、 3人の父と2人の母にバトンリレーのように育てられた高校生・優子の物語。

あくまでファンタジー。
途中、つじつまが合うのかどうか気になるような突っ込み所満載。
それでも最後まで一気に読ませてしまう。

登場するのは「自分より大切な存在を得た喜び」で、「親になる覚悟」をした人々。

自分に娘が生まれたのは30歳。
腰が据わっていなかったが、
覚悟のようなモノを決めた心境を思い出させる登場人物の言葉にしてやられた。

不覚にも嗚咽。

映画「泣くな赤鬼」


6月14日
よろしく劇場

「泣くな赤鬼」6月14日公開

原作は重松 清の短編集「せんせい。」の中の「泣くな赤鬼」。

陽に焼けた赤い顔と、熱血指導から“赤鬼”と呼ばれていた高校野球の監督・教師と、
                           病気で余命短いかつての教え子との物語。
厳しさでしか教え子に向き合えなかった教師と、 中途半端に野球を投げ出した元球児。

2人それぞれの後悔と無念が泣かせる。

あの時、やり遂げていたら。
あきらめていなかったら。
中途半端だった青春を悔やむ。

堤 真一、柳楽優弥、川栄李奈など豪華キャスト。