安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

映画『ロマンスドール』


よろしく劇場
映画『ロマンスドール』2020年1月24日(金)公開
原作・脚本・監督:タナダユキ  

美大卒業後に、フリーターをしていた哲雄(高橋一生)。
ひょんなことから、下町のラブドール工場で働き始め職人となった。
リアルなドールを作るため本物の女性の胸の型を取ることを計画。
医療用人工乳房制作のためといつわり、美術モデルを呼ぶ。
工場に来たのが園子(蒼井優)。一目惚れして結婚した。
平穏に過ぎていく日常だったが、距離が離れてしまい、離婚の危機。
園子は抱えていた秘密を打ち明ける。ガンだったのだ。

2人は、互いの愛を命を、存在を確かめ、刻みつけるような営みを重ねる。
病気が進行し痩せていく園子の背中が美しくも切ないベッドシーン。

園子は亡くなり、哲雄は園子のラブドールを製作するため仕事に没頭。
生き写しのような完璧なラブドールだが、園子を失ったことに改めて直面し、慟哭する。

経験によって共感度合いが違うだろうし、「ラブドール」に拒否感を覚えるかもしれないが、
悲しく美しく、それでいて温もりのある作品。俺は泣いたね。
命や愛が永遠でもなく、いつか終わりがくるものであることを突きつけてくる。
全ては無常。
だが、手触りや体温が記憶に残る。
それがあれば、残された者は何とか生きていけるのだろうか。