安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

コロナ対策 アクリルの鏡


コロナ対策で導入された生放送スタジオのアクリル板。
相方からの飛沫感染防止ですが、私には相方はいない。(寂しくなんかないよーーー)

時刻は午前5時10分。
アクリルに映るのは幽霊か、はたまた、脂身過多なれど抜け殻になりかけの54歳か・・・

「咳をしても一人」(尾崎放哉)

「コロナ疲れ」に陥っている人もいるでしょう。
リスナーさんから、そんな感じのお便りをいただいています。
「心配、怖い、憂鬱」 当然ですよね。
そのようなお便りばかりを番組で紹介していては、みんなが落ち込んでしまうので、
そればかりにならないようにしてします。

この騒ぎのなかで心配なのは、分断されたり、いがみ合ったり、ふさぎ込んだりすることです。
得体のしれないものが広がり、不安や恐怖にかられると悪い方向に考え、
ついつい何かを誰かを攻撃したくなるのかもしれません。
でも、それが「心がウイルス感染」してしまうことではないでしょうか。

せっかくの早起きです。
心身ともにヘルシーでいたいもの。
気分よく一日のスタートをきりましょう!

映画「カセットテープ・ダイアリーズ」


4月3日 よろしく劇場 
映画「カセットテープ・ダイアリーズ」 4月17日(金) ⇒公開延期 7月3日へ

1987年イギリスの閉鎖的な田舎町。
音楽と詩を書くことが好きな主人公の少年・ジャベドは、
パキスタンの移民であることから人種差別を受けたり、
保守的な父親に価値観を押し付けられたりと、鬱屈とした生活を送っている。
ある日ジャベドは、そんな思春期のモヤモヤを吹き飛ばしてくれる、
ブルース・スプリングスティーンの音楽と出会い、勇気と希望がわき成長していく青春モノ。

当時のサッチャー政権下の状況もよくわかるし、
80年代のファッションや音楽が当時の空気を再現できている。

この時代に青春を過ごした人にはたまらない胸キュン(死語・・・)感。
ウォークマンで音楽を聴きながら、自転車で疾走した10代の夜がよみがえった。(今なら道交法違反)

コロナ騒動のなか、ポジティブになれる一本。