安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 「おらおらでひどりいぐも」

よろしく劇場  
「おらおらでひどりいぐも」11月6日公開  

「おらおらでひとりいぐも」とは,「私は私らしく、一人で生きていく」という意。

75歳、ひとり暮らしの桃子さん。
結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先、
突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。
ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、3人の男の姿で現れた。

戦後の日本女性を凝縮したかのような日々を生きてきた桃子さんの独白と追憶で進む小説が
アニメーションやCG表現を交え視覚化されている。
大きな事件が全く起こらない生活のなか、古代生物や過去の自分たちが現れる突飛な展開、
心に穴が開いたような彼女が、かつて抱えていた自立したいという気持ちを思い出していく。

原作は、63歳の新人作家として注目を浴びた若竹千佐子の芥川賞受賞小説。
監督・脚本は、『南極料理人』『横道世之介』沖田修一監督。
主人公75歳の桃子に田中裕子、若い時代は蒼井優、
夫・周造役に東出昌大、桃子さんの“心の声=寂しさ1・2・3”に濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎。