安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「よろしく劇場」2本立て

「よろしく劇場」

「漁港の肉子ちゃん」6月11日 公開
原作は直木賞作家・西加奈子『漁港の肉子ちゃん』。
明石家さんま初企画・プロデュースアニメ。

漁港の船に住む母娘のふたり家族、肉子ちゃんとキクコ。
訳アリ母娘が、精一杯生きる姿を描いている。

母・肉子ちゃんは大竹しのぶ,娘・キクコはCocomiが声を演じている。
豪華な声優や音楽、制作陣。
なるべく先入観無く見みたら、なんと見事な真正面からの良質な作品。
ひたすら、いいものを作りましたというド直球。

小説は読んでいないので、比較はできないが、アニメにしたのは大正解。
とにかくバカいい人の肉子ちゃんを実在の女優が演じてリアリティがでるのか?
ほぼトトロなキャラにして、振り切った大竹しのぶの演技でないといけなかったのだろう。
キクコ役のCocomiも、ドンピシャリ。

スタジオジブリ作品へのオマージュにあふれ、
漁港、周辺の風景や生き物の描写の美しいこと、このうえ無し。

人間の善性を思い起こさせてくれた。
押しつけがまさのカケラもなく、優しく穏やかな心になれる。





「ベル・エポックでもう一度」
伏見ミリオン座  6/12(土)~    伊勢進富座本館  7/31(土)~8/12(木)  

2019年にフランスでヒットしたコメディ。
妻にも見放されてしまうほど、アナログ頑固オヤジのヴィクトルが、
映画製作の技術を応用して客の戻りたい過去を広大なセットに再現する、
体験型のエンターテイメントサービスを利用する。

ヴィクトルがリクエストした「運命の女性と出会った1974年のリヨン」に戻り、
用意された70年代ファッションに着替え、プロの女優が演じる〈運命の女性〉と出会う。

70年代のおしゃれなカフェや街並み、キュートなレトロファッション、
フレンチポップなど、フレンチカルチャーが満載。

大人向けで、下ネタちと多し。