安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場「クーリエ:最高機密の運び屋」

よろしく劇場 「クーリエ: 最高機密の運び屋」  9月23日公開

クーリエとは、本来は外交官業務の一環で、外交文書を本国と各国の大使館等の間で運搬する業務。  

1962年10月、アメリカとソ連の核戦争になったかもしれない
キューバ危機の舞台裏の実話を基にしたスパイサスペンス。
平凡な英国人セールスマンのグレヴィル・ウィンが、スパイの経験など一切ないにも関わらず、
ソ連GRUの高官ペンコフスキーが国に背いてまで入手した機密情報を,モスクワからロンドンへと運び続ける。
彼らがもたらした情報により、危機は回避された。
しかし、KGBが機密漏洩を見逃すわけがない。
二人は過酷な運命に巻き込まれていく。

前半は、コメディタッチでやり手セールスマンのウィンが、
口八丁手八丁で ソ連人脈をつくっていく様子を描いている。
次第に、尾行や盗聴を警戒する緊張感満載のサスペンスに。
二人とも家族を愛する良き夫・父であり、世界を守りたいという想いで行動する。
友情と信頼で結ばれ、非常なスパイの掟がありながらも、 互いの身を案じ守ろうとするさまは、涙腺を刺激する。
「我々のような平凡な人間から世界は変わるのかも」というセリフが効いている。

スパイものではあるが、アクションでもなく、美女も秘密兵器もでてこない。
あくまで人間ドラマである。
二人は実在の人物。

核戦争は起きず、まだ人類は続いている。 (2021年9月17日現在)

よろしく劇場 「空白」

9月10日 よろしく劇場    「空白  」  9月23日公開  


舞台は、蒲郡。
漁師、添田充(古田新太)は、気が荒く言葉も行動も威圧的。
中学生の娘・花音と二人暮らしだが、粗暴な言動で娘は何の意思表示もできない。
ある日、娘は地元のスーパーでマニキュアを万引きし、
店長・青柳直人(松坂桃李)に追われ、軽乗用車とトラックに轢かれ死亡してしまった。

父は事故に関わった人々を追求、すさまじい形相で暴走する。
一方、店長は父親の圧力やワイドショー報道、嫌がらせや中傷で追い詰められる。
最初に花音をはねた若い女性ドライバーは、罪の意識にさいなまれる。
関わったすべての人々が苦しみ、事態が悪化するばかりのなか、とんでもない事件が起きてしまう。

娘のいちばん近くにいたのに、娘について何も知らなかった。
知ろうともしなかった。
もう遅すぎるのだが、父親でありたかったのだろう。
「空白」を埋めようと娘が残した絵やマンガに触れていくうちに、
充の狂気に包まれた表情が少しづつ変化していく。

誰の身にも起こりえる出来事がリアルに描かれる重苦しい展開で、
救いがないのかと思いきや、わずかではあるが、充と直人2人に明日が見えかける。
蒲郡の風景と太陽の光が包み込んでいく。

すごい映画を見てしまった。
圧倒された。

よろしく劇場 「先生,私の隣に座っていただけませんか?」  

先生,私の隣に座っていただけませんか?
9月10日 公開


佐和子(黒木華)と俊夫(柄本佑)の漫画家夫婦。
浮気している夫とそれに気づいていながら知らないふりをする妻。
妻が描く「不倫」を題材にした漫画は、どこまでが現実で、どこからが創作なのか?
夫婦のスリリングな心理戦を描くコメディであり、やましい経験がある男にぞっとするサスペンス。

うろたえながら隠す夫と知っていながらとぼけながらカマをかける妻。
夫婦の会話は、スリリングな心理戦。
黒木華のとぼけた狂気と秘めた怒り、柄本佑の翻弄される慌てぶりが見事。

漫画が現実なのか、佐和子の創作なのか。
見ているこちらにもわからなくなり、引き込まれていく。
なんとなく心温まるエンディングをにおわせながらも、最後の最後まで目が離せない。
その結末のつけ方には恐れ入りました。

ビビる俊夫の行動のあまりに滑稽さに含み笑いと爆笑したあとに、背筋に冷たいものが走る。
妻の心理的な復讐が呼ぶ恐怖は、浮気経験のある夫にはすさまじいものだろう。
(あくまで想像で話しています・・・・・)
めちゃくちゃ面白いです。
夫婦一緒にいかがでしょうか。自己責任でね。