安蒜豊三 きょうもよろしく

「医者の本音」 紹介


11月5~7日
『医者の本音』(中山祐次郎著/SBクリエイティブ)を紹介しました。

「風邪ですね……」 その一言に隠された真意とは?
「なぜ病院はこんなに待たされるの?」「なぜ医者の態度はいつも冷たいのか?

患者と医者の間にある目に見えない溝を埋めようとする現役外科医がつづる本。
病状や治療の説明をする医者は、患者側から見ると堅苦しかったり、冷たく感じられるが、
当の医者のほとんどには、そんなつもりはないとのこと。
そのウラにどんな事情があるのかを、わかりやすく書いてあります。
「暴露本」の類ではなく、患者側にも意識を変えて、
より良い医者とのコミュニケーションがとれる具体策が紹介されています。