安蒜豊三 きょうもよろしく

映画 「メアリーの総て」 



12月13日(木)  
映画 「メアリーの総て」  


200年もの間、読まれたてきた小説「フランケンシュタイン」。
19世紀イギリスで恐ろしい〈怪物〉の物語を描いたのは、当時18歳のメアリー・シェリー。
これまでヴェールに包まれてきた波乱に満ちた人生を描いた作品。

実は哀しい物語であった怪物の物語誕生の背景にある
メアリー自身の悲しみと喪失感を静かに描いている。

こんど、ちゃんと彼女の作品「フランケンシュタイン」を読んでみようと思う。