安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

映画「ベルカント」~とらわれのアリア~&「EXIT」 2本立て


よろしく劇場  
「ベルカント」~とらわれのアリア~   11/15(金)公開

1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得た小説の映画化。
武装したテロリストたちが乱入。パーティー中の副大統領邸内にいたVIP達が人質となった。
しかし、人質とテロリストの間に温かな絆も芽生えていく。

現実の事件のいきさつを知っているだけに、結末が切ない。
腐敗した圧政下の国では、ゲリラにも一部の理があるか。
「ストックホルム症候群」なのかもしれないが、
心が通じ合った状況からの穏やかな解決はできなかったのか。

さすがのケン・ワタナベと加瀬亮の通訳ぶりがリアリティあった。


「EXIT」
ミッドランドスクエアシネマ  11月22日公開  

有毒ガスが蔓延した都市、高層ビル群の上層階で生き延びた人々が脱出を図る姿を描き、
韓国で大ヒットを記録したサバイバルパニック。

大学卒業はしたが、韓国の就職難で就職できずに肩身の狭い思いをしている青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)。
大学時代に振られた山岳部の後輩ウィジュ(「少女時代」のユナ)かわいいんだこれが!
有毒ガスはどんどん上昇し、高層の宴会場に迫る。
救援ヘリが来たが、2人は定員オーバーで残る羽目に。
登山部で鳴らした2人は地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、飛び移り、危険な街からの脱出を図る。

極めて明快にハラハラドキドキ。
突飛な設定ではあるが、そんなことはどうでもよくなる力強さで最後まで飽きさせない。
身の回りにある物を駆使してサバイバルする二人に、感情移入できる。
絶望的な状況でもユーモラスな表現を貫く演出は、ジャッキーチェン作品のようで好感。
主人公の背景にある韓国での就職難、SNSやドローンなどのイマドキ感もいい。
見る人を選ばないサービス満点作品。 (tyz)

東海3県で1館でしか公開しないのがもったいない。