安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

映画「テルアビブ オン ファイア」


よろしく劇場  11月29日
「テルアビブ オン ファイア」
愛知 名演小劇場  11/30(土) 〜    三重 伊勢進富座本館  1/4(土) 〜  

第75回 ヴェネチア国際映画祭[InterFilm部門]作品賞&男優賞他、
各映画祭でも好評を得たパレスチナ問題を背景にしたコメディ。

エルサレムに住むパレスチナ人の青年のサラームは、
パレスチナの人気ドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場で言語指導として働いている。
ドラマプロデューサーである叔父のコネでありついた仕事。
このドラマ、パレスチナ女性スパイが、機密情報をつかむためイスラエル軍司令官を誘惑するが、
やがて本当に恋に落ちてしまうメロドラマで、パレスチナに向けてのものながら、イスラエル側にも大人気。

サラームは撮影所に通うため、毎日面倒な検問所を通らなくてはならない。
ある日、アラームは検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められ、
咄嗟にドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。
司令官アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するため、
毎日サラームを呼び止め、脚本に強引にアイデアを出し始める。
俺ならこういうストーリーにする。イスラエル司令官をもっといい人物に描け!

困りながらも、アッシのアイデアがドラマに採用され、脚本家に出世することになったサラーム。
しかし、ドラマが終盤に近づくと、結末の脚本をめぐって、
アッシ(イスラエル)と制作陣(パレスチナ)の間で板挟みになったサラームは窮地に立たされる。
彼が最後に振り絞ったエンディングは、「その手があったか!」と驚きうならせるオチ。
終わらない紛争、閉塞感を逆手にとったしたたかさがスゴイ。

対立するパレスチナとイスラエル、日本人にとっては、ドンパチやっているイメージだが、
ふたつの民族が分離しているわけではなく微妙な距離感で生活している。
シリアスな状況を皮肉やユーモアで描いているのが、いい。

なんとなく「ノーマンズ ランド」や「ラヂオの時間」を思い出した。
2館でしか上映されないのが惜しい。