安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

映画「Fukushima50」


よろしく劇場
「Fukushima50」3月6日(金)各シネコン公開

2011年3月11日東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、
現場に留まり奮闘し続けた人々の姿を描いた作品。

佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、安田成美ら豪華俳優陣。

日本が終わるかもしれないと誰もが思った原発事故。
私は本当の現場のことは知らないので、「リアル」という表現をしてはいけないのだろうが、
刻々と悪化していく状況に息をのみ目が離せない。
極限状態で必死に守ろうとした人々を描いたエンターテインメントとしては引き込まれた。

事態の深刻さと現場の状況を理解せず、
安全な場所からTV会議で勝手な指示を出す本社幹部と
喚き散らす総理大臣に振り回されながら、
死を覚悟して故郷を守ろうとした地元出身の現場作業員の姿。

「最後に何とかしないといけないのが、現場にいる俺たちだ」
最前線で指揮をとる当直長・伊崎(佐藤浩市)の言葉に涙。
「そこを何とかするのが仕事だろ」と無理難題、矛盾に直面する現場の人々は共感するだろう。
 
ただ、これを美しい感動の「ヒーロー物語」ととらえてはいけないと思う。
この事態を招いた原発政策と電力会社の姿勢について、
この作品ではあまり描かれていないし、被災した人々がどう感じるかが気になる。

まだ終わっていない事故を風化させず、考えるきっかけになることが、この作品の願いなのかもしれない。