安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 「一度も撃ってません」


「よろしく劇場」
「一度も撃ってません」7月3日公開   GWから延期  ちゃんと公開されてよかった・・・・

名わき役の石橋蓮司が、19年ぶりに78歳で映画に主演した阪本順治監督作品 。
ハードボイルド・スタイルで夜の街をさまよう、完全に“時代遅れ”の男を描いたコメディ”

共演には、妻役の大楠道代、 怪しげな友人役に 岸部一徳と桃井かおり。
佐藤浩市、豊川悦司、 江口洋介、妻夫木聡、井上真央、柄本佑、寛 一 郎など 豪華。
「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一オリジナル脚本。  

石橋蓮司演じる市川進、御年74歳。
タバコ、トレンチコートにブラックハットというハードボイルドスタイルで怪しげな裏町のバーに出没。
彼は巷で噂の伝説の殺し屋。しかし本当の姿はさっぱり売れない小説家。
殺し屋どころか、一度も人を撃ったことがなく、“理想のハードボイルド小説”を極めるために、
本物のヒットマンに暗殺の状況を取材しているのだった。
そんな市川に、ついにツケが回ってきた。
市川を本物の殺し屋と思った敵組織のチャイニーズマフィアには命を狙われることに!
ただのネタ集めのつもりが、人生最大のピンチに陥る。

令和の時代には、「ハードボイルド」はお笑いでしかないのかもしれない。
だからこそ笑える(爆笑ではない、にゃっとしてしまう)
若いころの挫折や屈折を抱えたままのあがく姿が切なくも笑える。喜劇には哀愁が必要なんだと思える。
一級品の役者が参集した、見せ所満載の100分。
映画の面白さを堪能できる。
公開されてよかった。