安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 映画「はりぼて」

「よろしく劇場」
映画「はりぼて」名演小劇場   8/22   三重県 伊勢進富座 11/7  

2016年に富山市議会で議員14人の大量辞職につながった政務活動費不正問題を調査報道で明らかにした
地元チューリップテレビの4年間の取材活動を描いたドキュメンタリー映画 。
日本記者クラブ賞特別賞、ギャラクシー賞報道活動部門大賞、菊池寛賞


市政担当記者らが情報公開請求で得た9千枚以上の書類をチェック。
1枚ずつ不審な領収書を糸口に次々と政活費の不正を明らかにしてゆく。
市議たちは領収書を偽造し、ネコババしていた。

その手口がせこい。やってもいない市政報告会のチラシ印刷費を、業者からの白紙領収書ででっち上げ。
お茶や菓子の領収書の1000円を2000円に加筆。行ってもいない地方視察の領収書。 (カラ出張)。
記者が一つ一つ質問していくが、とぼけ、うろたえ、言い逃れできないとなると、目が泳ぐ。
芝居以外でリアルで見られるのは希少かも。
本当に「目は泳ぐ」のかと笑えた。

しかも、市議会事務局や教育委員会が情報公開請求の事実を
市議会関係者に漏洩していたことまで明らかになる。
彼らは、市職員で、議員の多くは彼らの先輩にあたるから、なあなあの関係。
これを詫びにチューリップTVに来社するが、しどろもどろ。

報道ドキュメントであるが、効果音やBGMがコメディ色を醸し出している。
議員らのうろたえぶり、会見やコメントに失笑、冷笑、苦笑、爆笑。
しかし、なんだか苦いものが残る。笑って済まされない話なんだが・・
また、人事異動、退社など、取材チームスタッフのその後にも触れているが、
その詳細がうやむやになっているモヤモヤ感がリアル。