安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「よろしく劇場」  「望み」

9月25日「よろしく劇場」
「望み」   10月9日(金)各シネコン 公開

雫井脩介原作小説の映画化。監督は堤幸彦。

一級建築士の石川一登(堤真一)とフリー校正者の妻・貴代美(石田ゆり子)は、
一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士(岡田健史)と
中三の娘・雅(清原果耶)と共に幸せに暮らしていた。

規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。
冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。
翌日、同級生が殺害されたというニュースが流れる。
警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。
さらには、もう一人殺されているという噂が広がる。

まさか、うちに息子が殺人なんて。無実であってほしいと願う父。
しかし、それは2人目の被害者であることを意味する。
一方、殺人犯でもいいから生きていてほしいと祈る母。
兄のことは大好きだが、自分の未来が壊されることを恐れる妹。
それぞれの対立する望みは、ちょっとした言葉の行き違いを発火点に家族を引き裂いていく。

過激なマスコミ取材、いやがらせ、仕事の人間関係もズタズタ。
押しつぶされそうな状況の中、事件の真相が明らかになっていく。
大切に育てた息子がとった行動が明らかになる。
それは、父母が教えてきたことを守った結果で、信じていた通りの誇れる息子だった。
だが、同時にあまりにツライ、切ない真実。

それでも残された3人がそのあとも生きていけるための光が残った。
息子の思いは家族を救ったといえるのだろう。

子を持つ親にはひとごととは思えない一作。