安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場  『ハッピー・オールド・イヤー』

12月4日
よろしく劇場  『ハッピー・オールド・イヤー』

名古屋 センチュリーシネマ 12/11(金)  三 重 伊勢進富座 2021/1/16(土) 公開

タイ映画。
2017年ヒットのカンニングをテーマにした『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 のスタジオGDH55制作、
主人公を演じた9頭身女優チュティモン・ジョンジャルーンスックジンが主演。

断捨離を敢行するヒロインが、その途上で家族、友人、元カレとその今カノを巻き込んで展開する
誰にも身に覚えのあるエピソード満載の作品。

留学先のスウェーデンでミニマルなライフスタイルを学んで帰国したデザイナーのジーン。
かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、
ネットで自作の服を販売する兄と三人暮らしの彼女は、
ある日家をリフォームしてデザイン事務所にするべく、断捨離を開始。

とにかく棄てまくるが、
棄てられない、棄てるべきではないものがあると気づき、方針転換。
洋服、レコード、楽器、アルバム—— 友達から借りたままだったモノを返して廻ったり、
元カレのカメラを小包にして送り返すことで、人間関係にさざ波が立つ。

誰かと時間を共有したときのモノは棄てられるものではない。
モノに込められた人の思いというのもある。

友人、元カレとのやりとりのなかで、ジーンはこれまでいかに自分本位な生き方をしてきたかを思い知らされる。
織り込まれるエピソードは、誰にも思い当たるような普遍的なもので、タイに関する知識は全く不要。
どの国でもリメイクできて受け入れられる作品。
さりげなく哲学的、詩的なセリフがいい。
ほろ苦い結末も、またよし。

大そうじの季節にピッタリ。
断捨離してはいけないものもあるようだ。