安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 2本立て

よろしく劇場
『サンドラの小さな家』2021年4月2日(金)公開
【原 題herself】  

アイルランドを舞台にシングルマザーの貧困、家庭内暴力といった問題を背景にしつつも、
それでも強く生きる女性を描く作品。

シングルマザーのサンドラ(クレア・ダン)は、虐待をする夫のもとから2人の幼い娘と共に逃げ出したが、
公営住宅には長い順番待ち、ホテルでの仮住まいの生活から抜け出せない。
ある日、手頃な家を自分で建てようというアイデアを思いつく。
仕事仲間やその友人たちの協力を得て、一軒の小さな家が完成に近づく。
しかし、タチの悪いDV夫の妨害にあう。

決して、すべてが解決するハッピーエンドではない。
「まさか」という、DV夫の馬鹿さ加減が腹立たしい。
そして、そのDVの背景もさりげなく描かれている。
DVは連鎖するといわれるが、まさにそのケース。
サンドラが自由を得るための犠牲が痛々しく、
DVの被害者が、どうしてここまで追い詰められないといけないのかと腹が立つが、
そこから再び立ち上がる姿と、彼女を支える娘と友人たちの存在が希望を持たせてくれる。


きまじめ楽隊のぼんやり戦争
伏見ミリオン座 4/2(金)~    三重 進富座5/29(土)〜  

前原滉:橋本マナミ:矢部太郎:片桐はいり:嶋田久作:きたろう:竹中直人:.石橋蓮司

目的もわからず、どんな人々か知らない相手と毎日戦争をしている架空の町が舞台の
シュールかつユーモラスな異色作。

戦前の日本の片田舎のような、津平町。
対岸の太原町の人間は残酷で怖いと信じ切って戦っているが、
相手の素性も戦争のいきさつも目的も知らない。
余計なことは知らなくていい。
言われたことをやっていればいいという
全体主義的な社会を風刺している。

役者すべてが、直立でセリフ棒読みという異様なスタイルを
受け入れられるかどうかで作品の評価が違ってくる。
私は、笑いながらも怖さを感じた。
こんな社会にしたい人がいるのだろうなぁ。