安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「よろしく劇場」  「ブルー」

「よろしく劇場」
4月9日公開 「ブルー」

松山ケンイチ/木村文乃/柄本時生/東出昌大

誰よりもボクシングを愛する瓜田(松山)は、どれだけ努力しても負け続き。
あまりの負けっぷりに後輩から見下されている。

一方、瓜田が誘って入門した後輩の小川(東出昌大)は抜群の才能で日本チャンピオン目前、
瓜田の幼馴染の千佳(木村文乃)とも結婚を控えていた。

しかし、順風満帆な小川の体には「パンチドランカー」の症状。
千佳から、小川を止めてほしいと頼まれる瓜田だが、
すべてを犠牲にしてもチャンピオンになりたいという気持ちが痛いほど理解できるゆえ、それはできない。

主演の松山ケンイチの完璧な仕上がりは、まさに“ボクサー”
負け犬的な存在なのに飄々として悲壮感がない。
ボクシングを愛している、アイデンティティであることが、その観察眼やコーチングに現れている。
夢破れ、ラストシーンの瓜田。
ボクシングのフットワークを踏むシルエットがとんでもなく美しい。

木村文乃も東出昌大もいい。

入門生・楢崎(柄本時生)は、女性にいいかっこするのが動機のヘタレだったが、
瓜田の指導の下、基本に忠実に練習を積み本気になり、成長していく姿が、希望。

登場人物すべてに感情移入できる。
派手さや、かっこいいアクションを排したボクシングシーンがリアル。
報われない努力を肯定しつつも、美化、賞賛している描き方ではないし、安直さのひとかけらもない。
突き放しているようで、ひとかどの者になれない人間への共感に満ちている。

大どんでん返しやドラマチックな展開がないからこそ伝わるものがある。

明日を生きる気持ちにさせてくれる見事な作品。
こころ折れそうなときにいかがでしょうか。