安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 「浜の朝日の嘘つきども」 

「浜の朝日の嘘つきども」  
9.10(金)~  伏見ミリオン座,ユナイテッド・シネマ豊橋18,
ユナイテッド・シネマ阿久比 ,ミッドランドシネマ名古屋空港  

映画に救われた主人公がつぶれそうな映画館存続に奔走する姿を描いた作品。
脚本・監督は『百万円と苦虫女』『ロマンスドール』等のタナダユキ。
出演:高畑充希、柳家喬太郎、大久保佳代子、甲本雅裕、竹原ピストル、光石研、吉行和子など

福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」。  
100 年近い歴史を持つ名画座として地元住民に愛されていたが、
シネコン、配信、ユーチューブ、東日本大震災、コロナで厳しい経営状況だ。
支配人の森田(柳家喬太郎)は、売却を決意するが、
自称「茂木莉子」(高畑充希)が現れ、朝日座を立て直すという。
それは、「亡くなった恩師・茉莉子(大久保佳代子)との約束」が理由だった。

朝日座は売られて取り壊されてしまうのか。
恩師との約束やそのいきさつはどんなものなのか。

福島中央TV開局50周年記念作品として作られたTVドラマが元になっている。

柳家喬太郎VS高畑充希のやり取りが、まさに落語のようで引き込まれる。
一方、茉莉子先生役の大久保佳代子。
すぐに男に惚れてフラれるキャラ、口が悪いが本質を突く教えとやさぐれ感が見事。
臨終シーンは名場面だ。

泣いて、爆笑し、失笑し、また泣かされる。
ボロボロにされてしまった・・・・

物語、登場人物の背景には様々な問題がある。
東日本大震災、過疎、街の高齢化、技能実習制度での外国人の待遇、家族のありかた。
それらがさりげなく織り込まれていて今の社会を描いてもいる。

ありがとうございます。
いいもの見せていただきました。