安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場「クーリエ:最高機密の運び屋」

よろしく劇場 「クーリエ: 最高機密の運び屋」  9月23日公開

クーリエとは、本来は外交官業務の一環で、外交文書を本国と各国の大使館等の間で運搬する業務。  

1962年10月、アメリカとソ連の核戦争になったかもしれない
キューバ危機の舞台裏の実話を基にしたスパイサスペンス。
平凡な英国人セールスマンのグレヴィル・ウィンが、スパイの経験など一切ないにも関わらず、
ソ連GRUの高官ペンコフスキーが国に背いてまで入手した機密情報を,モスクワからロンドンへと運び続ける。
彼らがもたらした情報により、危機は回避された。
しかし、KGBが機密漏洩を見逃すわけがない。
二人は過酷な運命に巻き込まれていく。

前半は、コメディタッチでやり手セールスマンのウィンが、
口八丁手八丁で ソ連人脈をつくっていく様子を描いている。
次第に、尾行や盗聴を警戒する緊張感満載のサスペンスに。
二人とも家族を愛する良き夫・父であり、世界を守りたいという想いで行動する。
友情と信頼で結ばれ、非常なスパイの掟がありながらも、 互いの身を案じ守ろうとするさまは、涙腺を刺激する。
「我々のような平凡な人間から世界は変わるのかも」というセリフが効いている。

スパイものではあるが、アクションでもなく、美女も秘密兵器もでてこない。
あくまで人間ドラマである。
二人は実在の人物。

核戦争は起きず、まだ人類は続いている。 (2021年9月17日現在)