安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 「ぼけますから、よろしくお願いします。 ~おかえりお母さん~」

3月18日 よろしく劇場

ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~
2022年3月25日(金)より全国順次公開
©2022「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~」製作委員会


2018年ドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』の続編。
前作は認知症の母親と耳の遠い父親の暮らしを、 ひとり娘である信友直子監督が自身の視点で見つめる作品。
単館公開としては異例のロングラン、想定を上回る大ヒットとなった。

東京で映像の世界で働くひとり娘の「私」(監督・信友直子)は、
広島県呉市に暮らす90代の両親を1作目完成後も撮り続けた。
2018年。父は家事全般を取り仕切れるまでになり日々奮闘しているが、
母の認知症はさらに進行し、ついに脳梗塞を発症、入院生活が始まる。
父は手押し車で毎日1時間かけて母に面会するため足を運び、
母を励まし続け、いつか母が帰ってくるときのためにと98歳にして筋トレを始める。
一時は歩けるまでに回復した母だったが新たな脳梗塞が見つかり、 病状は深刻に。
そんな中、2020年3月に新型コロナの感染が世界的に拡大。
病院の面会すら困難な状況が訪れる。


前作を見逃したのだが、問題ない。
背景、家族の歴史が冒頭に織り込まれていてすぐに事情をのみこめる。
前作公開でお父さんは街の人気者に。
小柄でだみ声のアニメキャラのようなお父さんは、厳しい状況になっても
自らを励ますようなポジティブな言葉と鼻歌で乗り切ろうとする。
お母さんが認知症になるまえは、家事は何もしなかったのが、
なんでもこなし生活を楽しんでいるようでもある。
そして全く揺るぐことがない妻(お母さん)への愛情。

その一方で、認知症が進行し自分が失われてしまい、
周囲に迷惑をかけているのではないかというお母さんの、苦しみも描いている。
また、お母さんの胃ろう処置が結果的に延命治療になり、
かえってお母さんを苦しめてしまったのではないかという2人の葛藤も。
きれいごとでは済まないながらも、温かい家族のつながりに泣かされた。
お父さんがお茶目で粋でカッコいい。
こんなおじいさんになれれば・・・・
こんな歳のとり方、人生の終わり方、終わらせ方をしてみたいものだ。

最近、自分の死に方を考えるようになってきた。
いつかもわからないその時まで、どう生きようかも。