安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

よろしく劇場 2本立て 「英雄の証明」「やがて海へと届く」

4月1日  よろしく劇場  2本立て

「英雄の証明」  4月1日(金)公開  
イランのアスガー・ファルハディ監督のヒューマンサスペンス。
第74回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作

借金苦にあえぐ男がたまたま拾った金貨。
落とし主に返したささやかな善行は、 メディアに報じられ美談の英雄に祭り上げられていく。
ところがSNSを介して広まった噂をきっかけに状況は一変し、 詐欺師と呼ばれてしまう。

つじつまを合わせるためのささやかな嘘が、嘘を呼び、追い詰められていく。
イランでも日本と同じようにSNSによって丸裸にされ、大衆の好奇心や妬みの餌食になる。
消費されるネタとしてボロボロにされる主人公。
日本と司法制度や男女倫理観が大きく違っていても、そこは同じようだ。

始めから「嘘」なく生きないと。
SNSってやっぱり怖いなぁ・・・・・・・・


「やがて海へと届く」   4月1日各シネコン公開

彩瀬まるの小説を岸井ゆきの主演、浜辺美波の共演で映画化。
引っ込み思案な性格で自分をうまく出すことができない真奈(岸井ゆきの)は、
自由奔放でミステリアスなすみれ(浜辺美波)と入学した大学で出会う。
2人は親友になったが、すみれは一人旅に出たまま突然姿を消してしまう。
すみれがいなくなってから5年、真奈はすみれの不在をいまだ受け入れることができずにいる。

すみれから真奈への最後の携帯への留守電メッセージは2011年2月21日。
海を見に旅に出て、行方不明。 背景は震災。

真奈が知らないすみれは、どんな人間だったのか。
いなくなってしまった者への想いが切ない。
若い女性同士の友情、あこがれ、愛、嫉妬。
「女の友情」以上の関係。
互いに気付いていたかもしれないし、
気付いていないフリ、気づかないようにしていたのかもしれない。
育ちも性格も違う二人は、深い深いところでつながっていたのは間違いない。
心情を想像させる詩的な映像と微妙なセリフ、冒頭とエンディングのアートなアニメ。
「なぜ、どうして・・・・」
見終わってから時間が経過するほど、染みてくる作品。