安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

映画「バルーン 奇蹟の脱出飛行」 


© 2018 HERBX FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH AND SEVENPICTURES FILM GMBH


「よろしく劇場」「バルーン 奇蹟の脱出飛行」  
7月10日(金)よりセンチュリーシネマほか全国ロードショー

東西冷戦下の東ドイツを舞台に、手作りの熱気球で西ドイツへの亡命を目指す家族の脱出劇を、
実話をもとに描いたサスペンスドラマ。
1979年。ソ連の衛星国、社会主義政権の東ドイツで、
思想言論の自由がない日常を送る電気技師ペーターとその家族4人は、
手作りの熱気球で、資本主義の西ドイツを目指すが、国境まであと数百メートルの地点に不時着してしまう。
運よく国境警備隊に見つからずに済んだが、いくつか手掛かりとなる物を現場に残してしまった。
準備に2年を費やした計画の失敗に落胆するペーターだったが、家族の後押しもあり、
親友ギュンターの家族も巻き込んで新たな気球作りに着手する。ギュンターが兵役を控えているため、
決行までのタイムリミットはわずか6週間。不眠不休の作業を続ける彼らに、
国家の威信を懸けて捜査する秘密警察の捜査の手が迫る。



終始、ドキドキしっ放しの好作品。
周囲の人間がみんな秘密警察シュタージに思えてしまう演出。
もちろん、共感ゆえに、シュタージの事情聴取に対してペーター一家を守る証言をする人もいる。
また、単なる逃亡劇でなく、ペーター家、ギュンター家それぞれの親子関係のエピソードが厚みを持たせていた。

国の体制に懐疑的な主人公たちが、子供に「この国では本当のことを言ってはいけない」と諭すシーンは切ない。
歴史や当時の世界情勢に詳しくなくとも、エンタメとしても楽しめる作品。

壁崩壊の1年前1988年に徒歩で東ベルリン1日観光をしていたので、
あの当時の東側のボロい車(トラヴァント)や殺風景な感じ、監視兵がいる壁周辺の緊張感を思い出した。

よろしく劇場 映画『MOTHER 』


よろしく劇場
『MOTHER マザー』7月3日(金)公開
実際に起きた「17歳少年による祖父母殺害事件」に着想を得た物語。

男たちと行きずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子(長澤まさみ)。
働きもせず欲望のまま行動する一方で、息子の周平を歪んた愛情で育てる。
彼女が「まともに生きる」ことなどなく、生活は荒む一方だった。
秋子と周平は肉親から絶縁され、社会から孤立する。
17歳となった周平と秋子は、「実の祖父母を殺害する」という事件へ。

「誰も知らない」「万引家族」のような重さが残る作品。
共感できないどうしようもない母親を長澤まさみが演じている。

秋子のとっては息子周平(新人・奥平大兼)がすべて。
自分の所有物でどう育てようと自分の勝手という歪んだ愛情。
周平も、母から離れててまともになれるチャンスがありながらも、 母と行動を共にしてしまう。
なぜ周平は、秋子から離れず、事件を起こしたのか。  
そして秋子が抱く息子への執着は、愛情といえるのだろうか。

最後の最後で、周平が自分の内面を語る。
どんな母でも、自分にとっては大好きな母。母が世界のすべて。
それを好きではいけないのかという周平の問いには絶句するしかなかった。

よろしく劇場 「一度も撃ってません」


「よろしく劇場」
「一度も撃ってません」7月3日公開   GWから延期  ちゃんと公開されてよかった・・・・

名わき役の石橋蓮司が、19年ぶりに78歳で映画に主演した阪本順治監督作品 。
ハードボイルド・スタイルで夜の街をさまよう、完全に“時代遅れ”の男を描いたコメディ”

共演には、妻役の大楠道代、 怪しげな友人役に 岸部一徳と桃井かおり。
佐藤浩市、豊川悦司、 江口洋介、妻夫木聡、井上真央、柄本佑、寛 一 郎など 豪華。
「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一オリジナル脚本。  

石橋蓮司演じる市川進、御年74歳。
タバコ、トレンチコートにブラックハットというハードボイルドスタイルで怪しげな裏町のバーに出没。
彼は巷で噂の伝説の殺し屋。しかし本当の姿はさっぱり売れない小説家。
殺し屋どころか、一度も人を撃ったことがなく、“理想のハードボイルド小説”を極めるために、
本物のヒットマンに暗殺の状況を取材しているのだった。
そんな市川に、ついにツケが回ってきた。
市川を本物の殺し屋と思った敵組織のチャイニーズマフィアには命を狙われることに!
ただのネタ集めのつもりが、人生最大のピンチに陥る。

令和の時代には、「ハードボイルド」はお笑いでしかないのかもしれない。
だからこそ笑える(爆笑ではない、にゃっとしてしまう)
若いころの挫折や屈折を抱えたままのあがく姿が切なくも笑える。喜劇には哀愁が必要なんだと思える。
一級品の役者が参集した、見せ所満載の100分。
映画の面白さを堪能できる。
公開されてよかった。

よろしく劇場「在りし日の歌」 


久しぶり の「よろしく劇場 」は、6月20日公開 中国映画「在りし日の歌」。

中国、“一人っ子政策”が進む1980年代、改革開放後めざましい経済成長をとげた1990年代から2010年代。
変貌し続ける激動の中国を背景に手をたずさえて生きていく夫婦30年の物語。

国有企業の工場で働くヤオジュンとリーユン夫婦は、ひとり息子のシンと中国の地方都市で幸せに暮らしていた。同じ工場の同僚であるインミンとハイイエン夫婦には、偶然にも同じ年の同じ日に生まれた息子ハオがいた。
両親たちは、お互いそれぞれの子の義理の父母としての契りを交わし、息子たちは兄弟のように育った。

ある時、リーユンは第二子を妊娠するが “一人っ子政策”に反するため堕胎させられてしまう。
さらに、リーユンは手術時の事故で二度と妊娠できない身体になった。

ある日、 大切なひとり息子シンを事故で失い、乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、
住み慣れた故郷を捨て、親しい友と別れ、見知らぬ町へと移り住む。やがて時は流れ―

夫ヤオジュン役のワン・ジンチュンと妻リーユン役のヨン・メイが
ベルリン国際映画祭最優秀男優賞&女優賞ダブル受賞。

3時間があっという間で、鑑賞後、しみじみと「よかったね」とつぶやく。
それは、「素晴らしい作品だね」という意味と
「ヤオジュンとリーユン夫婦が迎えたラストシーン」がうれしかったという意味。
それだけこの2人に感情移入していたということ。

自分たちではなんともならない辛さに見舞われながらも、私たちの人生は続く。
しんどい思い出さえ、愛おしく思えてしまう。甘いや辛いという単純なものではない人生の味わい深さ。

映像はうらぶれた埃っぽいものばかりのはずなのに、なぜだか懐かしく美しく感じられる。
昭和40年生まれの私の記憶のどこかに、似たような情景があるのだろう。
そして、でてくる料理が質素だが、おいしそう。
ふかふかの大きいマントウのうまそうなことこの上なし。

普遍的で心を打つ作品。
年月を重ねた夫婦で見てほしい。


#おうちでラジオ 毎日ラジオでdaijyobuキャンペーン


『#おうちでラジオ  ラジオで毎日daijyobuスペシャル 』 の期間中 6月8日(月)~12日(金)の5日間
この番組「きょうもよろしく」では、
毎日1名様に  『高い糖度とほどよい酸味を兼ね備えた 蒲郡温室みかん Sサイズ 2㎏入り』 をプレゼントします。
しっかり免疫力をつけてくださいね。

毎日、番組のどこかで発表するキーワードを書いて応募してください。
メール yoro@tokairadio.co.jp    fax 052-961-0077  当日中に送信してください。
また、はがきは当日消印有効です。