レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

パラミタミュージアム

三重県菰野町にあるパラミタミュージアムにおじゃまして、現在開催中の「M.C.エッシャー展-再発見!版画家としての魅力」についてお話を伺いましたー!



だまし絵で知られるエッシャーですが、もともとは風景画なども描いていました。今回の展示では、そういった初期のものから教科書などで知られる「上昇と下降」など全部合わせて120点をお楽しみいただけます。



また、月や鯉や波など、「和」のテイストを感じる絵もありました。学芸員の湯浅さんがおっしゃるには、「エッシャーのお父さんが日本に仕事で来ていたことがあるので、もしかしたら浮世絵などを持ち帰ってその影響を受けているのかも?という想像はできますね…」とのことでした。そんな想像も膨らませられる、とてもロマンあふれる作品がいっぱいです。



エッシャーの自画像もあるんですが、鼻のあたまを見ていただくと毛が生えています。そんな細かいところまで是非楽しんでくださいね!



ご出演いただきました湯浅さん、ありがとうございました!

石川由香里



◆M.C.エッシャー展-再発見!版画家としての魅力



※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆パラミタミュージアム
  ◇三重県菰野町大羽根園松ケ枝町21-6
  ◇TEL 059-391-1088


住友ゴム工業/道の駅 立田ふれあいの里

今日は、愛西市にある、道の駅 立田ふれあいの里に行ってきました。



こちらでは、ダンロップの皆さんが、タイヤの無料点検を行っていました。



ダンロップが毎年実施している全国タイヤ安全点検は、昨年で累計点検台数が10万台を突破し、今年で12年目を迎えました。
「より安全にタイヤを使って頂くことで、交通事故を少しでも減らしたい」という思いで、2008年から毎年、全国47都道府県で実施しています。
昔に比べ、タイヤを点検する機会が減っていて、実際にパンクした事例も増えているそうです。
ダンロップは、「事故のない毎日をつくりたい」というブランドメッセージのもと、タイヤメーカーとして交通事故のない世界の実現を目指していて、タイヤ点検を行うとともに、定期的なタイヤ点検の重要性を呼びかけています。
タイヤを点検する際にチェックするポイントは、空気圧と溝の深さです。さらに、表面にパンクなどの原因となる傷やひび割れがないかどうかもポイントになります。



レポートカーも点検してもらいました!問題なしで安心ました(^^)
日頃から、ドライバーの皆さんにも定期的にチェックして頂くことがとても大切だそうです。
ダンロップは、交通事故のない世界を目指し、これからもタイヤメーカーとして責任を持って取り組んでいかれます(^^)



今日は、住友ゴム工業株式会社 ダンロップタイヤ 消費財部 部長の中尾さんにお話を伺いました!ありがとうございます。

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。