レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

愛知県自動車整備振興会

今日は、小牧市にある、愛知県自動車整備振興会 小牧センターにお邪魔しました。



こちらでは、自動車整備士の研修・講習会などが行われています。
愛知県は、車の保有台数、国から認証を受けた事業場数が全国トップの県だそうです。
技術的にも全国トップレベルの整備工場が集まっています。
その整備工場から選抜された6チームによって整備の頂点を競う、愛知県自動車整備技能競技大会が、7/21(日)に開催されます。
競技は、1チーム2名の選手が、故障が設定された車の点検整備を正確・安全にできるか、また、点検整備した結果を、お客様にいかに分かりやすく的確に説明できるかを競います。



優勝チームには、11月に東京ビッグサイトで開催される全日本大会に出場する権利が与えられます。
故障の診断には、スキャンツールという診断器を使用します。
この診断器をいかに使いこなすかが見どころだそうです。



今は自動車の自動運転システムなど事故をゼロにするためのシステムが研究・開発されています。このような次世代の安全システムを診断整備するために必要な、高度な技術を持つ整備士の人材・育成などにも取り組んでいます。
この大会は、自動車整備士の優れた整備技術を幅広く一般の方に知って頂く目的もあるそうです。だれでも見学して頂けますので、ぜひ足をお運びください(^^)
競技大会について詳しくは、愛知県自動車整備振興会のホームページをご覧下さい。



今日は、愛知県自動車整備振興会 教育部の西島さんにお話を伺いました!ありがとうございました。

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆愛知県自動車整備振興会 小牧センター
  ◇小牧市新小木三丁目32番1


東海ろうきん 本店

今日は東海ろうきん本店ビルにお邪魔しました。



東海ろうきんは、働く人が中心となって作った労働者のための金融機関です。
2010年から「はたらく人にありがとう」メッセージ募集を実施しています。

おとうさん、おかあさん、学校の先生、職場の上司、部下、同僚の方などみなさんの周りにいる働いている人へ普段はなかなか言えない「ありがとう」の気持ちをつづって応募して頂く事業です。

優秀作品は表彰されます^_^
今回は第10回目という事で、東海ラジオ放送賞、中日新聞賞、第10回記念大賞の三つの賞を新設!
各賞1名ずつで、副賞として賞金5万円を進呈します。
学校などの団体単位でご応募頂いた場合には、応募者全員に特別賞もご用意しております。

また第10回記念大賞に選ばれた作品をもとにしたショートムービーを制作します。
なんと、そのショートムービーのプロデューサーは、映画「世界の中心で愛をさけぶ」のプロデュースで知られる名古屋市出身の本間英行さんです!

メッセージは、400字以内で作風は自由。
小学生以上の方ならどなたでもご応募頂けます。
原稿用紙は東海ろうきんのホームページからダウンロード頂くか、400字詰めA4サイズの原稿用紙に400字以内でメッセージをご応募下さい。

締め切りは2019年9月30日まで、応募先など詳細は東海ろうきんのホームページをご覧頂くか、東海ろうきん総合企画部052-243-8833までお問い合わせ下さい。(受付時間は土日、祝日を除く9時〜17時)



今日は東海ろうきん総合企画部の安田涼華さんと山本宙さんにお話を伺いました。

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆東海ろうきん 本店
  ◇名古屋市中区新栄1-7-12
  ◇TEL 052-243-8833