レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

飛騨牛銘柄推進協議会

今日は、岐阜県羽島郡笠松町にある、牛の繁殖農家の横田さんの牛舎にお邪魔しました!



こちらでは、和牛子牛とその母牛合わせて65頭を育てています。
母牛を飼育し子牛を産んでもらい、セリに出荷するまでの子牛と、将来の母牛にする子牛を育てる繁殖農家です。
和牛子牛がセリを通して、岐阜県内の肥育農家に育てられ、一定の条件を満たすと、「飛騨牛」になります。




横田さんの牛舎では、環境への負荷に配慮した「循環型農業」を行っています。牛ふんを堆肥化し、その肥料で育てた牧草を牛のエサとして与えています。
牛の健康にもかなり気をつかっているそうで、今の時期は暑さ対策として、扇風機を使ったり、屋根上散水をしたりと、牛舎内が快適になるよう、温度調整を行っています。
横田さんは、母牛を奥さん、子牛を子どもと思いながら接しているそうです。自分が子牛の親代わりとなって健康に気を配り、すくすくと育った牛を肥育農家の方にバトンタッチするという想いを大切にされています。牛が出荷される際は、美味しく食べて頂けるよう、牛の背中を押すつもりで自信を持って送り出しているそうです。

インターネットで「飛騨牛」と検索すると、飛騨牛銘柄推進協議会のホームページが出てきます。その「指定店ガイド」のページを見て頂くと、飛騨牛の販売店ら料理店、海外の取扱店舗を検索することができます。
ぜひ、農家さんの愛情がたっぷり注がれ育てられた美味しい飛騨牛を味わってみてください。



今日は、岐阜県肉用牛協会 青年部会長の横田さんにお話を伺いました!
ありがとうございました(^^)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



ボリショイサーカス

夏休みの思い出に!!国立ボリショイサーカスは、8月22日(木)から、26日(月)までの5日間ドルフィンズアリーナで開催されます。



今日は看板の取り付け、物販の準備なども行われていました。ステージ裏からは、動物の鳴き声なども聞こえてきましたよ〜^_^

ボリショイサーカスは、ロシアの伝統サーカスです。
ロシアでは、サーカスの出演者をアーティストと称して高度なアクロバットを演じる事と、動物たちと共に舞台上で披露する事を大切にしています。

今年の見どころについてお話を伺いました!
何と言っても男女2人による空中アクロバットは、まさかの命綱なし!!
ハラハラドキドキ!大人も子供も楽しめます!

そして、可愛らしい動物たちも登場する演目も多いのでお子さんも喜びますよっ!

馬が登場するジギトという演目は、馬の上でのアクロバットだけではなく、コサックダンスや剣術などもあり迫力があるそうです!



また昨年までのアーティストさんと入れ替えもあり、何回か見に行った事ある!と言う方にも違ったポイントでお楽しみいただけるかもしれません!

チケットは、S席4900円、A席3900円です。



今日はボリショイサースインターナショナル株式会社の水本さんにお話を伺いました。ありがとうございました!

〈チケットのお申し込み、お問い合わせ〉
ボリショイサーカス事務局
052-962-6151

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。