レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

吉田ハム 吉田本店

今日は大垣市にある、吉田ハム吉田本店にお邪魔しました。



今年1月16日、17日に、第3回和牛甲子園が行われました。
和牛甲子園とは「将来の担い手候補である高校生の就農意欲を高めてもらう」「同じ志を持つ生徒間のネットワークを創出して意欲と技術の向上を図る」ことを目的として、JA全農が開催したものです。

全国の農業高校で肥育された和牛の肉質と日ごろの取り組み内容を競う全国大会です。

全国17県から30校、44頭の牛が出品されました。
岐阜県からは県立飛騨高山高校、県立加茂農林高校、県立大垣養老高校がエントリーしました。

飛騨高山高校は、枝肉評価部門で優秀賞、取り組み評価部門で優良賞を受賞しました。
また大垣養老高校は、取り組み評価部門で審査員特別賞を受賞しました。

その地元の高校生の思いがぎっしりと詰まった飛騨牛を「飛騨牛の販売指定店1号店」である吉田ハムが買い付け、今週2月7日(金)から吉田ハム直営店4店舗で販売開始します。



吉田本店では大垣養老高校の生徒が育てた飛騨牛を販売します。
実は吉田本店の従業員には、大垣養老高校の卒業生が2人も働いています。
丹羽店長も大垣養老高校の卒業生として、「このような形で母校の生徒が頑張っている姿を見ると、とても嬉しく思います。」とおっしゃっていました。
ぜひこの機会に高校生が育てた飛騨牛をご賞味ください。  




大垣養老高校の生徒が育てた飛騨牛は、その他にも大垣市鶴見町の平和堂アルプラザ鶴見店で販売されます。  
また、飛騨高山高校の生徒が育てた飛騨牛は、JR大垣駅北口「アクアウォーク大垣」吉田ハムアピタ大垣店とJR大垣駅南口から徒歩5分、OKBストリート郭町商店街にある吉田ハム郭町店で販売します。  

2月7日(金)から9日(日)までの期間限定販売で売り切れ次第終了となります。
詳しくは吉田ハムのホームページをご覧ください。



今日は吉田ハム吉田本店の丹羽店長にお話を伺いました。
ありがとうございました。

稲葉浩美




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆吉田ハム 吉田本店
◇岐阜県大垣市寿町1-1
◇電話0584-85-0029